物欲の小径

己が衝動に任せて買ったあんなものこんなもののプチレビュー

以前から憧れていたものをついに購入!

以前から欲しい欲しいと思ってた扇風機を買いました。

パッケージ
USB電動うちわ
マジもんの扇風機ではなくて、ネタというかシャレの効いた笑いモンとして欲しかっただけです。

確か、三年前くらいに発売された頃から目を付けていたのですが、
ものがものだけにネタとして5千円もかける気にもならず、Amazonの欲しいものリストに入れっぱなしだったのですが、
この度、定価5980円のところ4000円ものプライスダウンで販売というニュースがAKIBA PC Hotline!で掲載されているのを知り、
これはあまりのバカバカしさのために売れなくて生産中止の前触れか!?と勘ぐって急いでポチった次第。

サンコーレアモノショップで1980円プラス送料399円でした。

中身

中身です。
うちわは自前で用意するものとばかり思ってたのですが、
ちゃんと付属していたのがありがたいです。

組み立てその1

半完成品なので自分で組み立てる必要があります。

まず、うちわの根元に付いた金具を本体に取り付けます。

組み立てその2

モーターとうちわをつなぐロッドをうちわ側に取り付け、

組み立てその3

モーター軸に取り付けたら完成。

リモコン

電源はUSBケーブルです。
ケーブルの真ん中にスイッチのリモコンが有り、
強弱の調整と1・2・3時間の三つだけですがタイマーが設定出来るようになっております。

始動

早速始動!

機械が勝手にうちわを扇ぎ出す様子に感動するのもつかの間、
自重の軽さと本体接地面がつるっつるの鉄っちんというのもあって、
うちわの動きに合わせて本体までもが回転を始めるという有様。

セロテープのカッター台を乗っけて中速域まで落とすことでようやく安定しますが、
本格的に使うにはレンガやコンクリのブロックもしくは分厚い鉄板みたいなものをくくりつけて、
固定させる必要があります。

粘着パッド

一応、このような粘着シートが付属しているのですが、
こんなのカーペットの床に使えるのか?というのと、
移動とかで何度も付けたり剥がしたり出来るのか?と思ったりして、
あまり実用的なものでは無いなぁというのが正直な感想。

やっぱネタ以上のもんでしかなかったぁ~。
でもこのバカバカしさが好き!

ある程度こんなものだろうと思っていたので、個人的には大変気に入っております。
今のところ人に見せて笑ってもらうためだけに部屋に設置しております。

来年の夏は・・・・箱にしまわれているでしょうね。



シャレですよ、シャレ。




テーマ:家電 - ジャンル:その他

  1. 2017/08/05(土) 07:17:45|
  2. その他 周辺機器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

UHS-IIのSDカード対応の内蔵式カードリーダーを見つけたので買ってみた。

OM-D E-M1MarkⅡを購入し、UHS-Ⅱ規格のSDカード対応となったので64Gのものを購入。
となれば次に欲しくなるのがUHS-Ⅱ対応の内蔵式カードリーダー。

そんなの無くても下位互換性があるのだから、今まで使ってたカードリーダー使えばいいじゃん!
速度なんて気にしなくていいじゃん!
などと自分でも頭では分かっているつもりなのですが、やはり欲しいものは欲しい!
せっかくのUHS-ⅡSDカードの速度を体感出来るカードリーダーが欲しい!

そんなわけで以前から探しているのですが、外付けはそこかしこでみかけるものの、
内蔵式となるとこれが全く見当たりません。
ただでさえ自作PCのトレンドは内蔵式ドライブをレガシーなものとしていて、
大きなタワー型ケースでオープンドライブベイを廃したやつが主流になりつつある今、
内蔵式の3.5インチのカードリーダーなんて作ったところでどれだけの需要があるか怪しいところ。

もう諦めて古いタイプのカードリーダーを使い続けるしかないかと半分諦めてはいたんです。
ところが、何気に検索かけたらそれらしいものを発見!

スターテック

スターテック社という聞いたことの無いメーカーですが、
どうもここでUHS-Ⅱ対応のカードリーダーが出ているようです。
(今時のメーカーサイトにしてはやけにごちゃついたサイトで、目的のページにたどり着き辛い!
 そのせいもあってか胡散臭さプンプンで、本当に大丈夫か?と思わなくは無いですが、
 今のところここしかUHS-Ⅱ対応のカードリーダーが無いので選択の余地無しです。)

Amazonでも売られているみたいですので早速ポチりました。
お値段4410円です。

箱

翌日届きました。

中身

中身は本体と説明書とネジのみ。
メーカーサイトやパッケージには2年保証と書かれてありますが、
保証書みたいなものは一切無く、壊れたりした場合は一体どうすればいいのやら?

比較

では早速、交換がてら今まで付いてたオウルテックのOWL-CR6U3と比較。
上がオウルテックで下が今回買ったスターテックのやつ。
スターテックの方はSDカードのスロットが2つになっております。
その代わりxDカードスロットが廃されておりますが、
自分は全く必要としないので問題ありません。

何気にコンパクトフラッシュ6.0にも対応している模様。
(D300以降コンパクトフラッシュは利用してないので、6.0と言われてもピンとも来ませんが)

ベゼルがオウルテックノものとは異なりフラットな形状なのがいいです。
ただ、オウルテックのような交換用ベゼルは付いていないので、カラーは黒しか選べません。

ケーブル

ケーブルは1本線だったオウルテックの方が取り回しに便利だったのが、
スターテックは2本線をまとめた形状のもので、少々堅くて邪魔な感じ。
まぁこちらの方が信号の安定性とかには優れていそうですので良いのかも知れません。
少々ケーブルが堅くてもスターテック製のやつは本体直付けのケーブルなので、
SkydigitalのSKY-TFe30みたいに本体側もコネクタで接続するタイプが故に
すぐに外れてしまうって事はないのが救い。

けど、両方とも台湾製ってことはどちらも製造元は同じとこが作っていて、
今回のUHS-Ⅱ対応のカードリーダーもベゼルのデザインを変えながら、
他所のメーカーでも出てくるんじゃないでしょうか?

UHS-Ⅱスロット

早速、PCに取り付けてUHS-ⅡのSDカードを差し込んでみました。
UHS-Ⅱ対応のカードは端子が2列あるせいでしょうか、非常に深く差し込む必要があるみたいです。

オウルテック

まずはオウルテック製のカードリーダーであらかじめ取ったベンチがこれ。

スターテック

そして期待のUHS-Ⅱ対応のカードリーダーで計った結果が・・・
え?
ほとんど変わってない?
なんで?

これじゃわざわざ買った意味がないがな!

SDスロット

とりあえず右のSDカードスロットに差し替えてみるも、結果は当然のごとくほとんど変わらず・・・

やり直し

こんな結果なら買わない方が良かったなどと後悔の念が頭の中がぐるぐると回り始め、
保証書は無いけどメーカーに問い合わせてみようかと考えながら、
それでももう一度計り直してみようかと左のスロットに差し替えたところ、
カチリと最初に差した時とは異なる手応えがしてカードが押し戻されてきました。
不思議に思ってもう一度差し込むと、またカチリと音がして奥まで差し込まれました。

UHS-Ⅱのスロットって、プッシュ式の挿入口になってるんですね?
それが出荷状態でなぜか挿入した状態でロックされていたため、
最初に挿入した時、上手く奥まで入っていないがためUHS-Ⅱ対応のカードとして認識されなかった模様。

改めて計ったベンチが上の写真です。
公称値とはいかないまでも、今までのSDカードに比べれば速い速い!
ベンチマークも結果が出るのに時間がかなり短縮されました。

いやぁ、一時はどうなるかと思いましたが、無事に内蔵型のUHS-Ⅱ対応カードリーダーの換装が出来ました。



今はこれ一択。

テーマ:PC周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2017/04/18(火) 20:56:32|
  2. 内蔵ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プリンタが昇天したのでブラザーのDCP-J567Nを買ったの巻

OM-D E-M1MarkⅡのシャッターボタンの件で、メーカーへ調査のため引き取り回収の準備中のこと。
カメラ本体に受付番号と住所氏名電話番号を書いたメモを付けて欲しいというので、
これらをPCのメモ帳に入力したやつを印刷しようとしたところ、
印刷できません4F
と表示され、印刷が出来なくなりました。

ブラザーのサイトのユーザーズガイドとやらを見ながら、
指示の通りに電源プラグを抜いて電源をオフにし、数秒後にもう一度差し込んでみてもだめ。
次に紙詰まりを確認してくれというので確認するも紙詰まりはなし。
エンコーダーはきれいなもんでしたが、一応掃除してみたもののこれもだめ。

4F

初期化しようとするも今度は
初期化できません 4F
と表示されて初期化も出来ません。

残るはメーカー修理のみですが、なんたることかDCP-J715Nは古すぎて修理非対応になっております。
まぁ直後に出たJ725Nにしても修理代金11000円+送料1500円の合計12500円掛かるので、
誰が好きこのんで買った時の値段以上の金額を支払ってまで修理したいと思うのでしょうか?

DCP-J567N箱

そこで買ったのがプリビオ DCP-J567N。
ひかりTVショッピングにて7880円をポイントが405ポイントあったので、7475円にて購入!
修理に出すより遙かに安いです。

なんでまたブラザー機なのかというと最廉価機でも基本性能が高い点につきます。

CMYKの4色ですので、キヤノンやエプソンみたいに写真の印刷とかは向いてないですし、
一番安い機種ですのでDVDとかのラベル印刷も出来ません。
しかしながら複合機としての基本的な機能は有してますし、
無線での接続やスマホからのプリントなどにも対応してますので、
普通に文書を印刷出来ればそれでいいやという人にはもってこいだと思います。

自分は写真を印刷するならお店プリントの方がコストや耐久性が上のような気がするのでもっぱら店で印刷します。
ウェブページや文書の印刷と年末の年賀状さえ印刷出来ればいいので、これで十分です。

補充インク

で、早速つないでインクを前回買ったタダプリントの大容量インクタンクを購入・・・
といきたいところなのですが、まだDCP-J715Nの時に購入したインクの予備が丸々未使用で残っております。
タダプリントで売られているインクはLC11もLC211もブラザー互換インクの中身は同じインクを使ってる模様。
だったら空のインクタンクを売ってもらえたらと思うのに、さすがに空タンクのみ販売はされてないみたいです。

別のメーカー製ですがAmazonにてLC211用の空タンクを見つけておりますので、
プリンタ付属のスターターインクを使ったらこれを買って、補充インクを詰めて使いたいと思います。

設置

プリンタ本体に関しては特に紹介するほどのものではございませんので端折っていきます。

箱から出したら電源コードつないで設置するだけ。
PCとの接続は無線なので他の配線は必要なくて楽なのが良いです。

インクセット

付属のインクをセット。
交換は前面からアクセス出来るので非常に楽です。
インクは4色セットを2回交換すれば本体が買えてしまうと思えば馬鹿らしいので、
純正を使うのはこれっきりです。
次は互換性のインクを使う予定。

無線設定

あとはプリンタの画面に従ってセットアップをするだけです。
操作はタッチパネル液晶ですので、電源ボタン以外のボタンがなく非常にシンプルになっております。
最廉価な価格帯のプリンタでカラー液晶でしかもタッチパネルを有しているのはブラザーだけ。
これもブラザー機を選ぶポイントになっております。(HPもあるようですが知らないふり)

簡単接続

簡単接続で無線LANルーターに認識させるだけです。

接続完了

無線LAN設定が完了しました。
今でこそキヤノンもエプソンも廉価機種にも無線接続対応させてきましたが、
5年くらい前の機種でも対応させてたのはブラザー機だけだったような気がします。

ドライバ

PCにドライバソフトをインストールすれば、ネットワーク上に認識されたプリンタが出てきますので、
それを選択してセットアップすれば使えるようになります。

使い勝手はというと、さすがに最廉価機種だけあって印刷速度も速くなく、
静音性も高いわけでもなく、お値段それなりものですので、
印刷品質やDVDレーベルなど様々な印刷にこだわる人にはおすすめしません。

今後はメーカー純正でも大容量の補充式インクタンクをそなえた機種もでてきておりまして、
エプソンのEW-M770Tなんかが廃インクユニットの交換まで出来るみたいで、
余裕があればこういうやつが買えたらなぁと思います。

で、結局、オリンパスさんへは手書きのメモで送りましたとも。



コスパ最高!



この空タンクを買おうかと思うのです。



いつか欲しい・・・けどDCP-J567Nの9台分って。




テーマ:プリンター - ジャンル:コンピュータ

  1. 2017/04/07(金) 23:41:57|
  2. 入出力機器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

OSが25%オフってどんな神クーポンだよ!と言う話

いつものごとくメールチェック中のこと。

大半が迷惑メールだのショッピングメールだので、ウンザリ気味で件名と差出人だけを流し見ていると、
一件25%OFFクーポンの期限が迫ってますというメールが目に付く。
どこからと思えばATOKのジャストシステムのショッピングサイト。

メールを読んでみると、
パソコン周辺機器・サプライ・雑貨など2,000を超える注目アイテムが
【25%OFF】となる大変お得なクーポンです。

とのこと。

ジャストマイショップはPCパーツとか周辺機器でたまに目玉商品とか掘り出し物があったりするので、
25%引きを使ってなんぞえぇもんはないもんかとショップサイトに飛んでみることに。

はじめはエラースキップ機能の付いたHDDクローンコピー機を見たりして、
これなんか買ってもいいかな?などと思いつつ、他の商品をだ~っと見ていると・・・

なんと、DSP版Windows10Pro 64bitが目に留まり、
OSも今後CPUやマザーを入れ替える際に欲しいよなぁと思ってただけに、
(今の古いOSからの無料アップグレードしたやつも載せ替えられるとかいう話ですが、
 面倒くさいので新しいのが欲しいのです。)
まさかOSにまで割引が適応するはずが無いと思いつつ、カートに入れてみたら・・・

ジャストマイショップ

なんと割り引かれてやんの!

DSP版で16199円なんて、Amazonのあやしいマーケットプレイス品とかヤフオクで出ている真偽の怪しいものならいざ知らず、
天下のジャストシステムが売ってるOSで偽物なんてありえんだろ!
と、ヒャッハ~と叫ばんばかりに飛びついた次第。

届いた

届いたのがこれ。
KING OF 3.0 BOSS SD-PEU3V-2ACLというUSB3.0のインターフェースカードの付属品という扱いです。
このDSP版Windows10を使うにはこのインターフェースカードを載っけてないと駄目ですよ~ってことです。
USB3.0でCタイプコネクタ搭載のカードですのでバッチコイです。
インターフェースカード単品だと価格.comで 2160円という価格でした。

DPS版OS

USBのフラッシュメモリで提供されるパッケージ版と違って、DSP版はDVD-ROMで提供される形のものです。

ラベル

OSはまたマイクロソフトからダウンロードしてUSB起動出来るようにして、
このラベルのシリアルだけ利用してもいいかなぁと思っております。

ディスク

昔、恥ずかしながら安いと飛びついたOSが見事に違法海賊版だったことがありまして、
付属のディスク内径のホログラム部分がシールだったということがあって、
念のためにとパッケージを開けてみたところ、これはちゃんとしたディスクのようです。

とはいえ、少しずつパーツを買いそろえている最中で、新しいPCを構築するのはまだまだ先になりそうなのです。
信じていますが、もし偽物を掴まされた!と言うことになったら、またネタにしたいと思いますよ。

その時までDDR4のメモリ64Gとともにしまっておきます。



なんと、12756円!!(2/5現在)
購入した時はマーケットプレイス品でもこんな値段でなかったくせに、
後になって出てくるんだもんなぁ!・・・と思ったらHomeじゃん!



こっちがProでした。
失礼!



これを付けるとなるとまたスリーブケーブルを作らないと・・・


テーマ:Windows10 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2017/02/05(日) 20:14:25|
  2. 自作PC・パーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラックボールM570との別れ

遺影

スイッチを交換したトラックボールのM570のその後の話。

交換した左クリックボタンがふにゃふにゃで手応えも無く、
ちょっとした接触でもクリックと認識されてしまうようになってしまったM570。

それでも騙し騙し使っておりましたが、とうとう昨日逝ってしまいました。
チルトホイール非搭載にもかかわらず、カーソルを置いたウィンドウが右に流れてしまうようになり、
さすがに操作に支障が出るようになったため、予備で買っておいたM570tを使用する事に。

もうこれでオムロン製スイッチのM570は予備を含めた在庫全て駄目になりました。

( ー人ー)|||~~~ ナムナム



せめて3000円台になって欲しい。


テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/11/02(水) 18:27:02|
  2. 入出力機器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

250分の1

Author:250分の1
知ったかぶって書いてます。

物欲のつぶやき

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

こんなの参加してみました。
ポチっていただけると嬉しいです。

ブログランキング
順位は低いです。