物欲の小径

己が衝動に任せて買ったあんなものこんなもののプチレビュー

今年初の更新です。

もうとっくに新年もあけてしまいましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?

振り返れば、昨年は買ったモノで大きなものといえば年明け早々はiPodの大容量化と、
夏にビデオカードのGTX1060くらいで、あとはHDDだったりUSB3.0のインターフェースカードだったりで、
大したものは買っておりませんでした。
ゲームにしてもあれだけVRをほのめかしておきながら、
結局買ったモノはと言えば、ミニファミコンのみという・・・

そんなしょぼい買い物しかしてないので、
ユーチューバーみたいな2016年買ったモノの中でよかったものベストなんていう企画は、
おこがましくて出来たものじゃありません。

上記の商品に関しましては、
500ギガiPodは何の問題もなくカーステの音源として稼働中。
一度PCからの音楽転送で上手く転送出来ない事があって、
そのせいかiPodの中の音楽ファイルがおかしくなって、カーステで認識しなくなる不具合が発生。
再度PCにて復元して事なきを得ましたが、以後は問題出ておりません。
ただあまりにも収録楽曲が多すぎて、聴きたい曲があってもなかなか選曲出来ないのが悩みの種。

GRX1060に関しては、実は搭載してドライバをインストールして以降、
少々起動が不安定になっておりまして、毎日の初回起動時は必ずと言っていいほどノートン先生が立ち上がらないので、
再起動を余儀なくされております。
たまにUEFI起動時にフリーズしたり、Windows起動中フリーズしたりしてリセットすることもあるので、
一度OSをクリーンインストールするべきだと思っているのですが、
なかなか面倒くさくて、また新しいPCに組み替えるからそれまでいいじゃん?
などと考えて放置状態です。
せっかく安い時に買ったDDR4の16ギガ4枚も出番はまだまだ遠い感じです。
デスクトップ版Kabylakeも発表されましたが、なんかいまいち琴線に触れません。

今年の抱負といいましょうか、、まぁそんなに計画的な買い物が出来たら物欲魔など名乗らないのですが、
まずはなんと言ってもOM-D E-M1MarkⅡはよほどの心変わりが無ければ買いたいと思います。
資金のやりくりの目処が付いたのですが、旧E-M1の行き先をまだ決めかねているのが動けない理由となっております。
1月半ばには次のロットの出荷が始まるらしいので、それまでには購入にこぎ着けたいです。

レンズは今のところ一番欲しいのは相変わらずフィッシュアイ8mm F1.8だったりします。
今、カメラ雑誌とかカメラ系のサイトなどではE-M1MarkⅡに先行して発売された、
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROとか、
M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PROがもてはやされております。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROはいわゆるF4通しの小三元レンズなのですが、
35mm換算で24-200mm相当で標準域と望遠域の2本分をこれ1本でまかなえると言う反則的なレンズ。
しかも今まで2.8通しのズームで評価されてきた時と同じく、恐ろしくシャープだとか、
全域単焦点並みの写りだとか、これ1本あれば他のレンズを使わなくなってしまう廃人レンズだとか言われてますが、
個人的にはすでに2.8通しの大三元を揃えてますし、今更F4が必要だとは思えません。

だいたいズーミングで全長が変わるのが気に入りません。
雑誌にしてもメーカーからデモ機を借りる以上、初めのうちはヨイショ記事がほとんどです。
これでもかってくらい賛美の言葉が並べられておりますが、
同じようにあれだけもてはやされてたM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROでさえ、
1年経ったら、あのシャープさがいかにもデジタルでございって感じで嫌いとか言われたりするのですから、
書かれてあることを鵜呑みにして飛びつくのは止めといた方がいいと思います。
(どこかから盛大におまゆう?って声が聞こえてきますが、知らないふり。)

あとM.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PROの方ですが、
こちらはF4ズームよりも全く物欲センサーにピクリとも反応しません。
値段も値段ですし、そのわりにはF1.2というのもなんだかなぁと思っております。
所有しても嬉しくないというかワクワク感がないのです。
逆にこれが出たことによって、コシナのフォクトレンダーが欲しいと思うようになりました。
なんたってF0.95ですよ!?
電気信号の端子も無い完全なマニュアルレンズですが、
外観は金属鏡筒でも中身はほぼプラスチックなオリンパスProレンズに対し、
総金属で重厚な造り。
人の眼よりも明るいF値0.95!
自分的には持つ喜びは断然こっちの方が上です。

昔、キヤノンとかでもF1.0を切るレンズが存在しておりましたが、
マイクロフォーサーズ用のこれは7~8万でまだ手に届く価格。
いつかは手に入れたいと思います。
どのみち、魚眼レンズを手に入れた後になると思いますが・・・

 

で、オリンパスと同じ25mmかと言われたら、欲しいのは17.5mmの方だったりします。


  1. 2017/01/05(木) 21:12:01|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Adobeの野郎・・・

今日、アスキーのサイトでこんな記事を見た。

自分も最近、やたらめったらランサムウェア付きのメールとか来るので、
まさかなぁと思いつつ、記事にあった';--have i been pwned? というサイトで調べたところ・・・

adobe

見事に流出しておりましたよ!

しかも流出元アドビかよ!

どうやら2013年の10月に1152445165ものアカウントがAdobeから流出したとのことですが、
そんなのち~っとも知らされてねぇ!
詫びの1つも来やしねぇ!!

などと憤慨しながらメールを確認してみると、

アドビからのメール

3年前に来てたがな!
ただし、英語ですが!
今まで来ていたアドビのメールはすべて日本語で来てたのが、
このメールだけ件名も差出人も英語だったため、逆に怪しんでスルーしていた模様。

まぁ大事なとこはアカウントもパスワードもバラバラだったので、
他のサイトでアカウントの悪用とかはなかったのが幸いでした。

アドビに関してはおいおい変えていくということで。

しっかし、過去3番目という大規模の流出事故やらかしたわりには、
あっさりとしたメール1本で済ませるあたりさすがアドビですね。
(もちろん嫌味ですが)


テーマ:セキュリティ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/06/19(日) 18:14:13|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

旧年中、当ブログをご来訪いただいた皆様方には厚く御礼申し上げます。
本年も変わらぬご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

などと言ってはみたものの、自分のブログみたいな物欲レビュー系・プチ改造系のサイトは、
それぞれに調べたい事柄を検索した結果、たまたま当ブログがヒットしたので訪れた人が多く、
そのブログを一から十まで読んでやろうという奇特な方はそれほど多くはないと思います。
(私も他の物欲、ガジェット系ブログに関してはそうですから。)

まぁせめて楽しんで見ていただけるよう、文章力を身につけなければというのが今後の課題ではあります。


んで、今年の抱負。
昨年のPCに関しましては、新たに組み替えることもなく、特に大きな買い物はしませんでした。
Skylake世代のCPUは今所有しているCore i7 4790K(Devil's Canyon)と比較しても、
外部ビデオカードを使ってる限りそれほど変化はなさそうですし、
何よりコアが載ってる基盤自体のっぺりしてて、
殻割り職人(もう3つも割ってきてるので、そう自称させていただいてもいいですかね?)の自分からすれば
割り甲斐がない!
と思うのです。

そのわりには、CPUソケットも変わって互換性はないですし、
メモリもDDR3からDDR4に変わってしまってコストが掛かるので・・・

いやいや、抱負の話でした。

PCに関しては今年も大きな変更はしないつもりです。
ただ今年期待しているのがVR
2016年はOculus RiftやHTC Vive、PlayStation VRが発売されるというので、
PlayStation VRは置いといて、PCにつないでVRを楽しむため、
まずはハイエンドなビデオカードを手に入れたいと思います。
買うと言ってもGeForceの次の世代が出そろってからにしたいと思いますので、
もう少し先になりそうです。

他にはPCケースも替えたいなぁと思ってますが、
今のケースはミドルタワーはおろかフルタワーにしても光学ドライブ用の5インチベイのスペースが、
あっても2つか3つ、酷いものだとゼロのものだったり、一体何のためのタワー型なのかと思うモノばかり。
ふんだんな5インチベイスロット、ワンプッシュオープンのサイドパネルという2つの希望を満たすケースだけでも、
現存するものがもはやCosmosⅡくらいしか見当たらず、買い換えることが出来ずにいます。

PC上ケースと言えば、塗装の件はどうなったんだよ!と言われそうですが、
あれ、きちんとサンドペーパーで磨いてプラサフ塗って下地処理したにもかかわらず、
マスキングテープ剥がしたとこがベロベロに剥がれてしまって、すっかりやる気がそがれました。
ただいま部屋の外にほったらかし中。

次にカメラですが、気になるのはもうじき発売されるオリンパスの300mm F4です。
マイクロフォーサーズだと600mmとなる超望遠レンズ。
噂によるとオリンパスでは初となるレンズ内補正も付いているとのこと。
出たら欲しいとは思うのですが、値段が20万超えそうなのでたぶん見送りになる可能性が大。
せっかく更新したプレミアム会員も今年からはプレミアム会員向けのクーポンがなくなってしまって、
よけいに手を出し辛くなりました。

と言うわけで買うならフィッシュアイ8mm F1.8が先になると思います。
フィッシュアイレンズさえ手には入ったら、ニコンのD300で構築していたシステムの撮影領域は全てカバーできます。
その前にちゃんとしたストロボも買っておきたいですし、
E-M1の次世代機も出たらもちろん・・・・


物欲の種は尽きまじということで、まだまだこれからも続いていきますが、
なにとぞよろしくお願いいたします。


テーマ:年末&お正月 - ジャンル:日記

  1. 2016/01/02(土) 17:23:10|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安いので買ってしまったモバイルバッテリー Anker PowerCore 20100

普段モバイルバッテリーを必要とするほどモバイル機器を激しく使っているわけでも無く、
今の今までモバイルバッテリーってまともなやつを買ったことがありませんでした。

週刊アスキーのウェブサイトにて、12/13の一日限定でAnkerの充電器セールが始まるという告知を目にし、
これを機に購入してもいいのではないかと飛びつきました。

パッケージ

買ったのがPowerCore 20100という見て分かるとおり、容量が20100mAhとかなり大容量なバッテリー。
本当はもっと大容量な26000mAhのやつが欲しかったのですが、セール対象品でなかったためこの製品にしました。
定価7999円で通常価格3999円というよく分からない価格設定のものがセール特価で2999円。

箱を開けた

たかだかバッテリーだというのに妙にこじゃれたパッケージ。

中身

中はバッテリー本体と充電用のUSBケーブルと本体を入れるポーチ。

本体

20100mAhの大容量だとノートも充電できるというので、
自分が持ってるノートと言えばMacBookProなので、Macには無骨な黒より爽やかな白でしょう!
ということで白をチョイス。

テカテカの白だったら傷が目立つかなぁと思っていたら、ざらざらしていい感じにチープな外装。
これなら指紋は付かないし、ホコリも払いやすいです。

ポート

充電ポートはUSB接続の2ポート。
マイクロUSBコネクタはバッテリーを充電するためのポートです。

何でも
「Anker独自技術PowerIQ(接続機器を検知し電流を最適化)と
VoltageBoost(ケーブル抵抗を検知し出力電圧を自動調整)により、超高速充電を実現しました。」
ということらしいです。
MacBookはPowerIQ非対応なので4~5時間掛かるそう。

インジケーター

「高い安全製を誇るパナソニック製バッテリーセルを採用。20100mAhの超大容量により、iPhone 6に7回以上、
Galaxy S6に約5回、iPad miniに約2回の充電が可能です。」
とのこと。
コピペばかりですみません。
検証できるほど使いこなすと時間が掛かりそうですなので、メーカー情報を載せときます。

袋

付属のポーチは目の粗いメッシュの布製で、本体を入れたらこのとおりスッケスケのシースルー。

しかも本体にめっさ糸くずが付きます。
100均で適当な布ポーチを探した方がいいと思います。

バッテリーを満充電している間に、このバッテリーの売りであるノートに充電させてみようと、
MacBookProを動画再生し続けてバッテリーを空にさせておきます。

さて、充電させてみるかとつなごうとしたら、
なんと!
MagSafe2充電のMacBookProにはつなぐことが出来ませんでした!!

というオチが付いてちゃんちゃん♪という話。

充電

まぁ、せっかくなので充電はしてみますけどね。
大容量なのでiPadとポケットWi-Fiの同時充電なんて余裕でしたが、なんか自分が想定した使い方と違う。

ちなみにUSB3.0のCコネクタで充電やら周辺機器を接続するMacBookならいけるそうです。
MagSafe2のUSB変換コネクタとか、USBで充電できるケーブルとかは皆無でした。
(e-USBとかいう独自技術を使ったものならケーブルがあったのですが、
 それを使うには専用のバッテリーが必要なわけで、それこそ何のためのPowerCore 20100かという・・・)

こういうモバイルバッテリーって頻繁に使う人のための商品であって、
自分のように滅多に使わないけど、いざという時にとなるとどうなんでしょう?
満充電させておいてその状態がどのくらいの期間持つのか、
自然放電でどのくらいの間にどれだけ減ってしまうのかといった情報はどこからも得られませんでした。

とりあえず箱にしまって必要な時まで置いといて、
いざというときにどのくらい使えるのかは自分で試すしかなさそうです。

 

製品自体には何も問題はなく、ただ使う人間に問題があったというだけの話でした。





テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2015/12/16(水) 20:41:41|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴム引き塗装が嫌いな訳

私のブログを見て下さっている方(って本当にいるのかどうかは疑問ですが)は、
私が表面塗装でゴムのような触感のウレタン塗装が施されているモノについて、
いつも口やかましく騒いでいることは周知のことと思います。

実際それほど実害が無いくせに大げさに騒いでいるだけなのでは?とお思いの方も多いかも知れません。
しかし、またしてもこのウレタン塗装の加水分解によるベタ付き被害が発生したので、
ただの神経質な発言では無いことを理解していただきたく、記事にした次第でございます。

加水分解Gショック

事例その1

少し前のことですが、とある国家試験を受験すべく必要な道具を用意していたときのこと。
試験会場は携帯やスマホでの時間確認が許されておらず、腕時計を用意しなければならなかったため、
しばらく使っていなかったG-SHOCKを用意しようとしたのですが、
久々に引っ張り出してきたG-SHOCKの表面は写真の通り、
塗装の部分が加水分解を起こしてベッタベタになってしまって手に持つとニチャニチャして、
持ち歩くことがかなわぬ状態になっておりました。
ホコリがベッタリと張り付いて取れなくなってしまっております。

出かける直前でしたので、時計はお袋に借りて出ましたが、
もうこの手の時計は金属ケースのものにしようと思いました。

加水分解無線LAN

事例その2
3年前に買ったバッファローの AirStation WZR-D1100H/Eのアウトレット品。
確か半年もたたないうちに調子が悪くなったため、NECのAtermWG1800HPと交換し、
取り外して部屋の隅っこに積んだままにしていたのですが、
いつの間にやらサイドパネルのウレタン塗装が加水分解を起こしてしまっておりました。

侵された

更に都合の悪い事に、その無線LANの上にShutttleのベアボーンDS61を積み上げた状態で放置していたものですから、
ベタついたウレタン塗装がベアボーンケースまで侵してしまい、
ケース表面が変色していくら磨いても元どおりの状態に戻らなくなってしまっております。

DS61は使わなくなっておりますので、レンズ購入資金のためにオークションに出そうと思ってたのですが、
見た目が悪くなったので諦めて知り合いに安く譲るしかなさそうです。

ウレタン塗装が全て加水分解を起こしているわけではないのですが、
どういうわけかちょっと使わなくなったものに限って、嫌味のようにベタつくのはどういう事よ⁉︎
と憤っております。

以上の事例もあって、やはり自分はゴム引きのような触感のウレタン塗装が大嫌いです。

テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2015/10/11(日) 19:04:38|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

250分の1

Author:250分の1
知ったかぶって書いてます。

物欲のつぶやき

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

こんなの参加してみました。
ポチっていただけると嬉しいです。

ブログランキング
順位は低いです。