物欲の小径

己が衝動に任せて買ったあんなものこんなもののプチレビュー

E-M1MarkⅡとレンズのファームウェアをアップグレードするの巻

カメラの情報系サイトとかを見て、カメラ本体やレンズのファームウェアが更新されたという情報を得るのですが、
面倒くさくてほとんどやっておりませんでした。

だってオリンパスはPCとケーブルをつないで専用のアップデートソフトを起動しなきゃいけないのですから。
やっぱりファームウェアのアップデートはSDカード経由がいいですよね。

そんなわけで、オリンパスの新機能の深度合成とかするのに、
レンズとかも対応したファームウェアにアップデートしなけりゃならないってことらしいのですが、
今のところ使わない機能だからとほったらかしにしておりました。

それが今月、職場でちょっとした試験を受けなければならなくて、
もう試験日も今週末に迫ってきてるのですが、全く勉強して無くて、
しなきゃなんないと思えば思うほど、他のことをしてしまうというのは昔からの性分というやつでして、
そうだ、カメラのアップデートをしなければ!
と無性に義務感が芽生えてカメラを引っ張りだした次第。

そしたら肝心なUSB-Cのケーブルが見当たらないんです。
必要な時、必要なものが出てこないというお約束がまた発生して、
普通なら諦めて試験勉強しろよ!と思うのですが、勉強どころでは無いわいなとばかりに、
家電量販店に出向いてケーブルを探すという大馬鹿野郎な私。

結局、1本1200円とかするのでAmazonで買った方が遙かに安いじゃん!
ってことでAmazonにて発注。

ANKER

おすすめのケーブルって事でAmazonでおなじみのANKER製ケーブルを購入。
799円でした。

日本の経済のためならAmazonで無くて少々高くても日本の小売店で買えよ!と思ったりもするのですが、
種類も豊富で値段も安いときたらどうしてもAmazonで頼んでしまいます。

ケーブル

家電量販店より4、500円安いくせに、ケプラー繊維が使われてて高耐久だとかいうのが憎い。
何気に結束用のバンドまで付いているという、こりゃヤマダとかジョーシンは勝てんわな。

パナレンズも出来たよ

こうして無事にカメラ本体とレンズ数本のアップデートが完了。

こうなったらついでにパナの方もアップデートさせとくかと思ったのですが、
パナの方は全くアップデートをしたことがなく、やり方が分かりません。
今から調べてアップデートするのも面倒なので、とりあえずレンズだけE-M1MarkⅡにつないで、
できるわけね~じゃん!と自嘲しつつもオリンパスのアップデーターを起動させたら、
なんと出来てしまってやんの!!

確か、自分がパナ機を買ったいいわけとして、パナ製のレンズのアップデート用のため必要とか言ってたような・・・
パナ機要らなかったし!



この記事を書いてるのも試験勉強の逃避行為なんだな。


テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/04(火) 20:48:22|
  2. 一眼レフ・ミラーレス機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

E-M1MarkⅡのシャッターボタン

シャッターボタンに吹いた粉

今の時期、自分手荒れがものすごく酷いんです。
以前、PCのパスワード管理にマイクロソフトの指紋認証機器を付けてましたが、
余りに酷い手荒れのため、指紋認証出来なくなるほど荒れるんです。

そんなカッサカサな指に大敵となるのがE-M1MarkⅡのシャッターボタン。

製品外観のレビューでも書かせていただきましたが、E-M1MarkⅡになってシャッターボタンに刻まれた溝が細かくなって、
それがまるで目の細かい紙やすりのようにザラザラしているため、
自分の荒れた指を載せる度に皮膚が削れて粉状になってシャッターボタンにこびりつき、
カメラを使ったあとは写真でご覧の通りのボタンが粉を吹いたかのような状態になってしまいます。

シャッターボタンだけならまだしも、シャッター周りのダイヤルの隙間にも指の皮の粉が入り込むので、
使用後のメンテナンスが半端なく面倒で、いくら防塵を謳ったE-M1MarkⅡといえども、
このまま使い続けるのがちょっと心配になっております。

あらためて友人に嫁いでいったE-M1を触ってみると、やはりMarkⅡよりはシャッターボタン表面が滑らかで、
指の皮がこすれて粉が吹く事はありませんでした。

これが仕様と諦めるしかないとは思うも、
ダメもととは分かっていてもオリンパスさんのサポートに現状を説明するとともに、
有償でも構いませんので、シャッターボタンの規格が同じなら、
旧E-M1のものと交換していただけることは出来ませんか?
と、メールを送ってみました。

高名な写真家でもなく、冒険家でもなく、宇宙飛行士として過酷な環境で写真を撮るわけでもない、
一般のユーザーのカスタマイズなんか引き受けてもらえるわけがないのは承知の上ですが、
ダメもとで送ってみたところ・・・

MarkⅡのシャッターボタンはE-M1と同じ部材を使ってるとのこと。
調べてみたいので一度、預かり調査させていただきたい。
との回答をいただいたので、了解したら宅配業者にピックアップの手配をしてメーカーに送られて行きました。

そして待つこと10日。
メーカーから連絡が来ました。

シャッターボタン、E-M1と同じって書いたけど違ってました!
今所有のMarkⅡのシャッターボタンも弊社の基準範囲のものだから、
このままお返ししますね(・ω≦) テヘペロ

(実際のやりとりはこんなにくだけてませんが・・・)

あぁそおぉかい!

ちょっと期待してしまった自分が恥ずかしい。
事態はただ振り出しに戻っただけということで、このヤスリ仕様なシャッターボタンをどうしようか?
外付けの機材のゴム脚なんかに使ってるシリコンゴムのシールを貼るか、
貼り付けるタイプのレリーズボタンを買うのも一つの方法だけど、
あまりシャッターボタンをかさ増しすると、手指との密着性が損なわれてブレの原因になりかねないのがなぁ・・・

適当な貼り革とかくり抜いて貼り付けとくしかないかなぁなどと、今思案中です。




とりあえずオリンパス系の記事にはこのバナー貼ってみたりして。


テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/26(日) 13:06:55|
  2. 一眼レフ・ミラーレス機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

E-M1MarkⅡ外観レビュー2回目

お待たせしました。
外観レビュー2回目です。

外観と言えば、ボディ材質が気になっていたところでして、
E-M1の時はメーカーサイトでも誇らしげにマグネシウム合金製であることが謳われているのに対し、
MarkⅡではメーカーサイトの何処にもボディ材質の記述が無いため、
もしかしたらパナのGX7からGX7MarkⅡみたいにマグネシウム合金でなくなってしまったのでは?と気になっていたのですが、
E-M1MarkⅡに関してはちゃんとマグネシウム合金製のようでひと安心です。

E-M1カードスロット

まずはE-M1のSDカードスロット。
スロットは1つでカードは裏を向けて挿入するタイプです。

MarkⅡカードスロット

それがMarkⅡとなってオリンパス初のダブルスロットになり、カードも表向きで入れられるようになりました。
右というかボディ上側からスロット1、2と番号が振られてあり、スロット1がUHS-Ⅱ対応です。

スロット1の方が2より堅めの挿入感です。
欲を言えば両スロットともにUHS-Ⅱ対応だったらいいなぁと思うのですが、
他社の機器でもいまいち安定性に若干の不安が出ているようですので、
両スロット対応になるのは次世代機からでしょうか?

E-M1コネクタポートカバー

E-M1のコネクタポートは全てボディ左側にあります。
カバーを外す際は指を引っかける場所が無いので、いったん液晶を引き出す必要がありました。

E-M1コネクタポート

コネクタはマイク用のコネクタとモニタ表示用のHDMIコネクタ、
あとはPCにつないだりリモートケーブルをつなぐためのマルチコネクタの3つ。

マルチコネクタは独自仕様なので、付属のケーブルでないとPCにつなげられないため、
カメラ本体やレンズのファームアップの度にケーブルを探し回る羽目に陥っておりました。

出来ればファームアップはPCとケーブルをつないだりアップデーターソフトをインストール、起動の必要とせず、
ニコンのようなアップデーターをSDカードにコピーしてカメラ単体でアップデート出来る使用にして欲しいです。

MarkⅡコネクタポートカバー

対してMarkⅡのコネクタポート。
カバーはゴムっぽい材質ですが、表面の質感はボディの表面処理に近い感じで、
一見すると違う材質には思えないところがいいです。

ボディ幅も太くなったおかげとカバー自身に指掛かりのいい切れ込みがあるので、
アクセスは良いものになっております。

MarkⅡコネクタポート

コネクタはマイクと音声出力のコネクタとHDMIコネクタ、
そしてPCにつなぐコネクタが汎用のUSB3.0のタイプCコネクタになり、
ケーブルの入手性も良くなっております。

MarkⅡリモートケーブルポート

リモートケーブルはグリップ側に移動しております。
今までの四角いマルチコネクタからピンジャック型に変わりましたので、
今までのリモートケーブルが使えなくなってしまいました。

ピンジャックならパナソニック機と同じだから使えるのではないかと、
パナソニック用のリモートケーブルにつないでみたのですが使用不可でした。

リモートケーブルは純正品でも現在手に入れにくく、他社製品も出ておりません。
出来るだけ早いこと出して欲しいものです。

MarkⅡファインダー部

ファインダー 
反応良すぎて5㎝くらい離れたところからでも手をファインダー前にかざそうものなら、
すぐに反応して背面液晶が消えるので、液晶を見ながら設定変更してるうちに、
うっかり指とかがファインダー前に来たおかげでパッと消えてしまって焦ったりします。

バリアングル液晶を少しでも浮かせばファインダーは反応せず覗いても見えなくなります。
逆に言えばバリアングル展開中はEVFは使用出来ません。

バリアングル液晶

バリアングル液晶。
今回、オリンパスさん曰く動画撮影者の意見を尊重しての採用とのこと。
スチル専門の自分からしたらチルトの方が良かったです。
プロカメラマンの方もMarkⅡはこのバリアングルさえ無かったらという意見の方が目に付くような気がします。

液晶パネルを閉じた状態からだと反時計回りに、展開した状態からだと時計回りに回転させないと収納出来ません。
まだ回転方向に慣れてないので、展開収納の度にパネルが動かなくなったと焦ってしまいます。
360度回転出来るバリアングルというのは何処のメーカーもなさそうですが、いつか実現して欲しいです。

バリアングルといえばMarkⅡはさぞかし自撮り撮影のためにユーチューバーたちがこぞって買い求めるに違いないと、
想像していたのですが、いまだ有名どころのユーチューバーが購入レビューしている様子は見られません。

動画撮影ならやはり人気のあるパナのGH5が3月に発売されるとあっては、
わざわざオリンパス機を買い求めるメリットは無いのかも知れません。

レンズ装着

レンズ装着!
Proレンズのようなぶっといレンズこそ似合うと思いますが、
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8とかM.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macroだとアンバランスな印象です。

ストラップ装着

ストラップはE-M5から使い回してきたCSS-P113を付けます。
もう3台に渡って同じストラップです。

CSS-P118という同じ素材で出来たもっと細身なやつがあるのですが、
ストラップの帯にメーカー名だけでなく、OM-Dと機種名が書かれておりまして、
自分はストラップに機種名とか明記して取り付け機種を限定させるようなストラップは嫌いなので使いたくありません。

握る

撮影時にはこのように手首に巻いて使います。
付属品のストラップだと生地が堅かったりして手首に巻き付けると痛いので、
今のところCSS-P113がベストな選択だと思っております。

まぶしい

とりあえず、外観のレビューはこのくらいにしたいと思いますが、
最後にバッテリーに関してですが、確かに容量アップで撮影枚数とかは増えているとは思うのですが、
そんなに触ってなくても時間経過による自然放電の減りは結構速いように感じられます。
ニコンの一眼レフD300の頃はひとたび充電しておくと、ひと月くらい放置しても全然余裕で撮影出来た印象があったのですが、
MarkⅡだと一週間の放置で2割くらい減っております。
撮影前にはこまめに充電した方がいいような気がします。

そんなわけで週末に外に持って出るため充電している最中なのですが、
今気がついたのが、充電器のランプの眩しいこと眩しいこと!
満充電に近づくにつれてオレンジの点灯回数が増えてチカチカチカチカ激しく点滅するのですが、
これがどんだけ視野の隅にあっても眼に障ること請け合い!

さらに満充電時になろうものならトドメとばかりに緑色のランプがペカ~と輝きますので、
充電器をぶん投げてやろうかと思ったりもします。

もう少し光量を抑えていただきたいです。

実際に撮影した感じのレビューはまたいずれ。

 

どちらも意地の張り合いをするかのような高価格。




テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/03(金) 20:15:53|
  2. 一眼レフ・ミラーレス機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

OM-D E-M1MarkⅡ 本体レビューの前に

外箱

E-M1MarkⅡが届いて2週間以上経ってしまいましたが、
ぼちぼちレビューを初めて行きたいと思います。

届いたパッケージが案外小さいと思ったのですが、
E-M1MarkⅡはレンズキットはまだ販売されていない本体単体売りなので当然と言えば当然。

開封

PROレンズがパッケージが筒状の箱に収まっているので、
きっとE-M1MarkⅡもそうだろうと思ったら、案外普通でまず中箱が蓋代わりになってました。

中蓋の箱

中箱は説明書の類いが入ってます。
説明書はWebでPDFファイルを利用するのでこのまま納めておきます。

中身

中箱を取ったら本体と付属品が。
旧E-M1みたいなややこしい仕切りが無く出し入れしやすいです。

付属品

付属品はストラップと充電器・充電池・充電器用電源ケーブルの充電器一式、
PC接続用のUSB-Cケーブルとケーブルを留めるケーブルクリップ、
ストロボとストロボケースが付いております。

ストラップ

まず付属のストラップは堅くて取り回しが悪そうなので使いません。

USBケーブル

PCへの接続はUSB3.0ケーブルでつなぎます。
たしか旧E-M1はUSB接続でもカメラ側は独自のマルチポートからの接続でケーブルも専用品だったように思います。
MarkⅡは本体側がCコネクタになり、汎用のUSBケーブルが使えるのはありがたいです。

ケーブルクリップ

ケーブルクリップのCC-1。
USBケーブルでPCとつなぐ際やリモートレリーズを使って撮影する際、
これにケーブルを留めて、ストラップに引っかけておくと、不意に引っ張りによる抜け落ち防止になります。

ストロボ

付属のストロボFL-LM3もせっかくケースも付いてきて、持ち運びに便利なようになってますが、
自分はこないだFL-600Rを買ったことですし、このまま仕舞っておこうと思います。

ストロボ背面

本体から給電するタイプなのは旧E-M1付属のFL-LM2と同じ。
ただ、FL-LM2はアクセサリシューの下のアクセサリポートにもつなぐ形式だったものが、
E-M1MarkⅡはアクセサリポートが廃止されたためにFL-LM3はアクセサリシューのみの接続。

FL-LM2はL字になった発光部分を跳ね上げることでスイッチオンとなってましたが、
FL-LM3はスイッチが別に用意され、発光部は上下に90度、左右に180度回転するようになりました。
おかげでバウンズ厨な人々はバウンズ撮影が出来ると大喜びすること請け合いなのですが、
しょせんガイドナンバーが9.1という補助的な役割でしかないストロボ。
小が大を兼ねることは決してありません。

充電池

一番大事な付属品が充電池のBLH-1。
E-M1用のBLN-1に比べ1220mAhから1720mAhへと容量がアップされて大きくなりました。
でかくなっても消費電力が激しくなったのか、減りが激しいとの評価ですが、
月刊カメラマン2月号でニコンD500を含めた他社ミラーレス機の中ではダントツの撮影枚数と使用残量を示しており、
案外バッテリー持ちは良さそうです。

充電器

充電器もBCH-1という新しいものになりました。
充電開始から満充電までの発光パターンも旧来のものとは異なるので要注意。
充電池の容量は増えたものの、逆に充電時間は2時間から3時間に短縮されました。

メガネプラグ

コンセントへの接続は長ったらしいケーブルが付いてくるのですが、
これ、邪魔なので充電器に直接収納可能なプラグを用意してもらえないものでしょうか?

おかげさまでこのような直結コネクタが欠かせません。

バッテリー装着

充電が終わりましたので、カメラ本体に装着。
すでにSDカードも導入済みですので、これでいよいよ本体を触ることが出来ます。

〈続く〉


 

予約待ち状態になってるようです。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/22(日) 20:23:48|
  2. 一眼レフ・ミラーレス機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

OM-D E-M1MarkⅡに液晶保護ガラスを貼り付けたい!

レンズに保護フィルターを!
液晶には保護フィルムを!

なんでも保護し隊、隊長を自認する私としましては、
やはりこの度購入したOM-D E-M1MarkⅡの液晶も何らかの保護措置を執らねば触れません!

最近ではもっぱら保護フィルム<保護ガラス
という図式が頭の中で出来上がっておりますので、
出来れば保護ガラスを貼りたいと思っております。

ただ、MarkⅡ専用を謳う保護ガラスがまだそんなに出ておりません。
おそらくネックとなっているのがバリアングル液晶。
使わない時はくるりと回転させて裏を向けとけばそれだけで液晶パネルが保護出来るバリアングル。
薄い保護フィルムならまだしも、それなりに厚みがある保護ガラスを貼ってしまうと、
ガラスの厚みで液晶を裏返した時、上手く閉じられず浮いてしまったりするようで、
ほとんどのバリアングル液晶に貼るタイプの保護ガラスに対し、
浮いて上手く閉じられないという評価が見られます。

調べて今のところ専用品として出ているのが2つ。
カメラアクセサリーを扱う、銀一と言うところから出ているGRAMASと、
Amazonの無名メーカーの980円のもの。
専用品とはいうものの、前者は0.33㎜、後者が0.22㎜という厚みのため、
ひっくり返した時に上手く閉じられない可能性が有り、
どうも常時液晶パネルを表に向けていることを前提に作られているような気がします。

で、個人的に気になっているのがケンコーのZeta Super Slim。
これは現行の保護ガラスの中では最薄の0.15㎜。
これならバリアングルも問題ないと思うのですが、
旧E-M1用はあるものの、MarkⅡ用は用意されておりません。
値段もAmazonで3191円と最も高く、もしサイズが合わなければ目も当てられません。

ここで液晶パネルのサイズですが、
旧E-M1は幅76.2㎜×高さ52.6㎜
E-M1MarkⅡは幅75.5㎜×高さ51.5㎜と若干短いようです。

ただ、エツミの保護フィルムは新旧共に幅75.3㎜×51.3㎜と同じで、
ハクバの保護フィルムはE-M1は幅75.3㎜×高さ51.6㎜、
MarkⅡは幅75.0㎜×50.5㎜。
もしかしたら旧E-M1用のZeta Super SlimでもMarkⅡに貼れるかもしれません。

Zeta Super Slimパッケージ

もう面倒くさくなってきたので、なるようになれ!と買ってしまいました。

Zeta Super Slimケース

Zetaシリーズのレンズフィルタ同様にプラケースに収められております。
一度貼ったら用無しなのに、無駄に豪華です。

Zeta Super Slim厚み

厚さ01.5㎜というのは伊達ではありません。
今までの保護ガラスの中でもダントツの薄さです。

位置合わせ

裏表に剥離シールがかけてあるので、まずは実際にMarkⅡのパネルにかぶせてみて、
位置合わせのイメージを掴むことにします。

保護ガラスのサイズは幅74.5㎜×高さ51.4㎜と高さが本体パネルにギリギリな感じです。
幅は1㎜ほど余裕があるのですが、慎重に貼らないと縁に引っかかると浮いてくる可能性大です。

貼り付け

風呂場にてえいやっと一気に貼り付けて来ました。
貼り付けの際、パネルの左側がちょうどバリアングルのヒンジ部の出っ張りがあったので、
うっかりそこを起点として引っかけながら貼り付けてしまい、
おかげで右側が大きく隙間が空いてしまう結果になってしまったのが致命傷。

気泡

ご覧の通り、ヒンジ側のキツキツになってしまった上下の角に常時浮きが生じてしまっております。
やり直したいのですが、Zeta Super Slimの値段と薄さを考えると、
万一の失敗したらショックが激しいと思いますので、
まぁこの状態でも角からホコリが入ったりと言うことはなさげなので良しということにします。

この先、Zeta Super SlimからMarkⅡ専用品が出たら、貼り直しを検討したいと思います。

問題なし

液晶をひっくり返して閉じてみましたが、さすが0.15㎜の薄さを誇るZeta Super Slim。
ガラスの厚みで閉じられなかったり、ロックがかからないということはなく、
開け閉めも貼らなかった時と違いも無く普通に出来ております。

液晶の見え方も、レンズフィルターに使われているARコートのおかげか、悪くはないと思います。
防汚コートも施されているので、指の滑りも引っかかること無くスムーズで、
指紋や脂も付きにくく、付いたとしてもクロスで軽く拭くときれいに取れます。

鉛筆硬度9Hと言う硬度は最近保護フィルムにも同じ硬度を謳うものがありますが、
やはりガラスという安心感は何ものにも代えがたいものがあります。

とりあえず保護は終了しました。
次回はメディアについてです。



しかし高い!



テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/15(日) 18:49:31|
  2. 一眼レフ・ミラーレス機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

250分の1

Author:250分の1
知ったかぶって書いてます。

物欲のつぶやき

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

こんなの参加してみました。
ポチっていただけると嬉しいです。

ブログランキング
順位は低いです。