物欲の小径

己が衝動に任せて買ったあんなものこんなもののプチレビュー

M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PROのレンズ内ゴミ清掃が完了した件

前々回、OM-D E-M1MarkⅡが高すぎるという話の最後に、
M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PROの後玉に小さなホコリが混入して、
気になるからピックアップ修理に出した件のその後の話です。

ピックアップをお願いすると、指定日に日通のドライバーさんが来て、
レンズを渡すと箱に詰めて持って行ってくれました。

見積もり

翌日、オリンパスさんからメールが届き、
修理工賃12000円のプレミアム会員割引で8400円。
それにピックアップ料金1500円プラス消費税で合計10692円という見積もりが来ました。

M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PROではありませんが、
オリンパスさんのサイトで概算修理料金表があって、
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6などのレンズ内ゴミ清掃の値段が出ていて、
だいたいその値段の範囲内の見積もりです。

撮影には支障がない程度・・・
このままご利用されることをおすすめ・・・

とか書かれてありましたが、
こちとら気になってしょうがないんぢゃぁ!
という気持ちが強いので、即修理依頼をかけました。

ここでキャンセルしたところで、ピックアップの料金はかかってしまうわけで・・・

戻ってきた

で、支払とかどうすんだろ?
と思ってたら、そのままメーカーから修理完了して、発送しましたとメールが来て、
??ハテナ?と思ってたら代金引換での配達だったのですね?

なんかレンズ用では無く、ノートパソコン用の梱包箱に入って送られてきました。

きれいになった

こうしてちゃんと後玉内のホコリが清掃されて戻ってきました。
おおよそ1万円。
補償期間が過ぎて2週間しか経ってないので、
もしかしたらという淡い期待はあったのですが、オリンパスさんはなかなかシビアでした。
ニコンさんみたいに直接ショールーム窓口に持って行ったら違ってたのかも知れませんが、
わざわざ大阪まで行くのも面倒くさいのでこれで良しということで。


テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/10(木) 21:12:31|
  2. レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO持って出かけてきた

久しぶりに長い休みが取れたので、
OM-D E-M1とPROレンズ持って、神奈川方面に遊びに行きました。
とは言え、当ブログは旅行記では無いので、カメラ・レンズに対する話だけサクッと。

大仏

初日は鎌倉方面へ。

前日関西方面で降っていた雨雲とともに来たため、
空模様はあいにくのお天気でしたが、カメラ的には防滴仕様のE-M1とPROレンズですので、
多少の雨も気にせず首にかけたまま居られます。

鎌倉では大仏だけでなく、他にもお寺さんを回ったのですが、
手水の際、うっかり首にかけたカメラの上からドバドバと水をかけてしまい、
2度ほどカメラも一緒に清めてしまうことがありましたが、
ハンカチで軽くぬぐった程度で問題なく撮影することが出来ました。

大仏内部
1/13秒 F2.8 ISO1600 焦点距離7mm +0.3補正

大仏内部。
狭っ苦しい場所でしたが、7-14mmの広角側で撮ればえらく広々と写ります。
広角独特の歪みはともかく、人物が流れているように見えるのはシャッタースピードの遅さのせいかと。

7mm
1/400秒 F27.1 ISO200 焦点距離8mm +0.3補正

旅の話は大きくはしょって翌日、雨雲は去って晴れてくれました!
広角レンズを行かせる場所と言えばやはりスカイツリー!
7-14mmの広角側8mmだと、足下から撮っても余裕で上から下まで写せます。

14mm
1/500秒 F7.1 ISO200 焦点距離14mm

テレ側14mmでも余裕。

34mm
1/400秒 F7.1 ISO200 焦点距離34mm +0.3補正

むしろ12-40mmで十分だったのでは・・・

展望台
1/500秒 F2.8 ISO200 焦点距離7mm

展望台からの風景。
7-14mmレンズだと、写る範囲が広すぎて思い切りガラスに寄せないと窓枠まで写り込んでしまいます。
撮ってる最中、レンズフードの先端を窓にガツッとぶつけてばかりで、
ただでさえ剥き出しのデメキンレンズである7-14mmは扱うのに非常に心臓に悪く、
気軽に使えるレンズではないことを痛感しました。

内容的にこれだけです。
結局は7-14mmの出番があまりなく、ほとんどが12-40mmで撮った凡庸な写真ばかりなので割愛します。
粋がって持ち出した40-150mmの方は全く使われることなく、バックにしまわれたままロッカーに預けられておりました。

7-14mm、次の出番はルミナリエでしょうか?



けどルミナリエには魚眼も欲しいなぁと思ったりして。


テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/11/21(土) 22:23:03|
  2. レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オリンパスが憎い!! 恨みのキャッシュバックキャンペーン再び!!!

明日から、
OM-D & M.ZUIKO DIGITALレンズ キャッシュバックキャンペーン
が始まるよん!

がぁぁぁぁぁぁぁあぁああぁあぁぁぁ~~~
またかよ!

OM-D E-M1買ったときも買って一週間たたないうちに10000円のキャッシュバックが始まったし、

今回も一週間ではないけども、買って早々キャッシュバックで10000円って、
どぉいうことよ!?

なんかここまで連続すると、偶然ではなく悪意すら感じる。
きっと、いや、絶対オリンパスはこの俺が嫌いなんだ!
だから俺が買うのを見計らって、
さて、こいつが買ったことだし、キャンペーン始めよっか♪
っていう流れになってるに違いないんだ!

あぁ憎い、オリンパスが憎い!!
まだクレジットの引き落としが来ていないだけに余計に憎い!!

なんか今なら、こんなにチャラい駄目男、別れてやりたいと思うのに、
やっぱり体は別れられないのっ!っていう女の気持ちが少し分かるような気がする。



テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2015/11/06(金) 19:08:04|
  2. レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お帰り~!出戻りレンズ パナソニック LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6 ASPH

GX1

基本シャッター速度と露出とISO感度の組み合わせ+露出補正(WBもたまに触りますが)だけで撮影する自分にとって、
JPEG撮って出しの画像はオリンパスよりパナソニックの方が好みだったりします。

ただ45-175mmズーム以外オリンパスレンズで揃えてしまっており、
所有しているパナのGX1では手ぶれ補正が効くわけも無く、なかなか出番が現れないのが現状であります。

この度、スナップ撮影のカメラとしてGX1を用意する必要が出てきて、
さすがに45-175mmレンズでスナップとかはないよなぁと思うわけで・・・

LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6 ASPH

買っちまいました。
LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6 ASPH
元々はこのレンズの付いたキットとしてGX1を買ったのですが、パナのレンズに興味が無く、
友人にレンズを引き取ってもらった経緯があります。

その友人から借りたらすむ話なのですが、何気にオークションや中古品を物色していたら、
案外安値で出回っていたので購入しました。

マップカメラで1万円でした。

傷

本当は黒が欲しかったのですが、一番安いのがこのシルバーのやつでして、
持ってるボディがシルバーなのでシルバーの方がマッチするんじゃないかと判断。

まぁ安さの理由がレンズの下部に傷があったせいでしょうか?
ぶつけた傷ではなく、擦れて塗装がはげただけの感じです。
購入元がマップカメラですので動作確認などのチェックはされているでしょうし、
2週間の初期不良返品の保証もありますので、オークションで同程度のものを購入するよりは信用できると思います。

フィルター

保護フィルターも同時購入しようと思ったのですが、
昔、シルバーからブラックに買い換えた(これも下取り交換はマップカメラでした)M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8の
シルバーに付けていたフィルターが残っていたのを思い出し、これを取り付けることにしました。

レンズの内側は黒いので、本当はブラック枠のフィルターの方が合うような気がしますが、
全体的に見るとそんなに悪くない感じです。

装着

そして出戻ってきたレンズを装着。

上から

こうしてみるとシルバーのボディなのでシルバーのレンズがマッチしています。
でもキットレンズは黒だったよな?あのときはあれで良く見えたような気が・・・

なんにせよこれで街角スナップ用カメラができあがりました。



新品で買うと結構するんですね?


テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2015/10/26(月) 19:08:06|
  2. レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO外観だけのレビュー

箱

届いたレンズ、遅ればせながら開封しました。

開封の儀!
などともったいぶるつもりはありませんが、
今回のM.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PROも今までのPROレンズ同様、
内箱に筒状の箱がかぶせられた二重箱となっておりますが、なぜか上も下もがっちり爪が食い込んでいて、
すっぽりと外箱を抜くことが出来なくなっているという不思議仕様です。
なぜそこまで二重にこだわるのかよく分かりません。

中身

中身はレンズとレンズポーチ、保証書類のみ。
レンズポーチって必要ないだろ?などと考えておりまして、
そのまま箱にしまって仕舞っておくのが常だったのですが、
こないだ仕切りの少ないオリンパスの純正カメラバックCBG-10に機材を入れようとして、
レンズ同士がどうしてもかち合うため、レンズポーチを買おうと思ったのですが、
PROレンズにはポーチが付属していたのに気がつき、なるほどこういうときのために必要だったんだと思った次第。

レンズ本体

レンズ本体です。
あこがれの超広角ズームです。
欲しくて欲しくて部屋の中で独り、悶々として転げ回って焦がれ続けたレンズです。(少し嘘が入りました)

手に入れてしまうとちょっぴりどころかかなり醒めてしまった感がありますが、それでもうれしいです。

レンズ前玉

見ての通り前玉が出っ張っており、さすがの保護好き人間な自分でもフィルターを付けて前玉を保護することが出来ません。
昔、爆風スランプの歌で♪触りたくても触れやしない♪という歌詞の歌があったのを思い出しました。

レンズキャップ

かぶせ式のレンズキャップが付いているのですが、
これも最近のオリンパスのレンズキャップ同様、ロゴはおろかキャップ前面も細かい溝々で表面加工されていて、
ほんの少しかすっただけで傷が付いてしまうこと請け合いの代物です。

フード内側

このレンズフードの内っ側を、

キャップ内側拡大

キャップの爪で引っかけて留める構造なのですが、
爪の引っかかりもそれほどしっかりしたものではなく、(しっかりした引っかかりにするとフードに傷が付くからでしょうか?)
バネの圧力で留めている感じですので、外れやすいという評価が多いのだと思います。

キャップ内側

ハードキャップは付属品として付けていただくのとはまた別に、
ニコンのような布製のソフトキャップもオプションで用意してくれたらなぁと思います。

ピントリング

では、レンズ本体についてですが、
ピントリングは適度な重さがあってなめらかです。
下にずらすとフォーカスクラッチでMF操作ができるのは今までのPROレンズ同様ですが、
軽い力でこれが上下に動いてしまうので、うっかりしてMFになってしまうことも多いと思います。

ズームリング

ズームも適度な重さでなめらかに・・・と言いたいところですが、
テレ側からワイドに回す際、8mmあたりから7mmまでがとたんに重くなりますので、
回していて少し違和感を感じてしまいます。

違和感といえばズームの回転方法はオリンパスとパナソニックのレンズは逆方向なんですよね。
ニコンとキヤノンが違うというならまだしも、同じマイクロフォーサーズというプラットフォームでありながら、
互いのメーカーのレンズをわざと使い難くしている意図があるように思えるのは自分だけでしょうか?

本体底面

底面には防滴仕様であることと最短撮影距離が0.2mであることが書かれております。
最短撮影距離は全焦点域で変わらないのがうれしいです。

中国製

そしてマウント部分の目立たぬ所に生産国の表記が。

テレ側

テレ側だとレンズ前玉がフードの奥に収まっているのですが、

ワイド側

ワイド側7mm一杯にもなると前玉が目一杯繰り出され、
もはやレンズ胴鏡から大きく飛び出てフード左右の羽根より出っ張っております。

撮影時の取り扱いには十分注意するのは言うまでも無いのですが、
レンズキャップをかぶせる前には念のためテレ側に回しておいてからかぶせるようにしたいと思います。

並べてみた

12-40mmと並べてみたところ。
レンズの胴鏡自体は12-40mmの方が太いのですが、
前玉の大きさが故でしょうか、7-14mmの方がずっしり重く感じられます。
実際、12-40mmが382gに対し、7-14mmは534gと150gほど重くなってます。

OM-Dに取り付けた

OM-D E-M1に取り付けたところ。
かなり迫力のあるたたずまいとなりました。

持った感じもかなりフロントヘビーな印象です。
うっかり落とせばレンズ前玉から落ちてゆくような気がしてなりません。

上から見たところ

上から見るとそれほどでもないように思われますが、
やはりマイクロフォーサーズとしては大きいような気がします。
それでもニコンやキヤノンの一眼レフのそれと比べたらかなりコンパクトらしいのですが・・・

大三元

これでめでたくマイクロフォーサーズ機の大三元レンズが揃いました!
超広角から望遠域までF2.8通しで撮影することが出来ます!!

あとは、8mm魚眼と近々出であろう、300mmF4、
そして出るという噂のある大口径の単焦点・・・レンズ沼の底はありません。

写真に関してはまだちゃんと撮影に出ておりませんので、
また出かけて面白いものが撮れましたら追々載せていきたいと思います。



もうこれで、自分はニコン党だと言っても誰も信じてくれないだろうww


テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2015/10/25(日) 18:20:37|
  2. レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

250分の1

Author:250分の1
知ったかぶって書いてます。

物欲のつぶやき

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

こんなの参加してみました。
ポチっていただけると嬉しいです。

ブログランキング
順位は低いです。