物欲の小径

己が衝動に任せて買ったあんなものこんなもののプチレビュー

サンマックスのメモリを購入!

パッケージ

どわぁ~っはっはっは!
またやっちまいましたyo!

4セット

サンマックス製メモリを購入!
今度は16G4枚のクアッドセットです。

サンマックスは2Gの4枚から4G4枚、8G4枚と倍々ゲームを経て、
今回とうとう16G4枚の合計64Gまで来てしまいました!
ぶっちゃけ16G構成のあたりからメモリ不足に悩まされたこともなく、
64Gも必要ないだろ?と自分でも思うのですが、
あるものは欲しいじゃないですか!

ラベル

ただし、DDR4ですが!
現状、Core i7の4790KのHaswellで組んでいるので当然メモリはDDR3なのです。

使えもしないメモリをなぜ買ったのかというと、
最近、SSDとメモリの価格がどんどん暴落しております。
16Gの4枚セットも値段が下がり続けておりまして、将来組み替えのために買い集めておこうかと考えておりました。

このサンマックスの16G4枚セットも、ついこの間まで38000円でした。
それでもずいぶん安くなったなぁと感じ、ポチろうかなと思うもず~っと品切れ中。
それが週末になって入荷されたのか注文可能の状態となってまして、
しかも32974円とさらに爆下げされた価格にドタマテンパってしまい、

ボチっとな
と逝ってしまいマスた!

そして注文直後にまた品切れの表示になったので、
ちょっとばかり勝ったような気になっております。

マイクロン製チップ

今回購入したサンマックスのSMD4-U64G48M-24R-Qは、
DDR4-2400 CL17 ネイティブDDR4-2400 Micron DRAMを搭載しております。

最近のメモリはXMP機能というのを利用して、
たとえばDDR4-2133のチップを搭載しながらも、メモリーのSPD拡張領域にオーバークロックの設定が書き込まれてて、
BIOSから読み込んでオーバークロックすることで転送速度を上げているから、
DDR4-2400の製品として売られているものが多いらしいのですが、

このサンマックスのSMD4-U64G48Mに搭載されているマイクロン製のチップは、
XMP機能を利用しなくても2,400MHz駆動に標準で対応しているとのことです。

マイクロン社は推奨してませんが、ネイティブ2400MHzのチップはオーバークロックで3000MHzまでいけるらしいのですが、
自分はオーバークロックを出来る状態にあるのは好きですが、実際にオーバークロックはしません。

サンマックスメモリが今までトラブルや相性に見舞われたことがないとは言え、
いつ組むかも分からぬシステムのためにあらかじめ買っておくなどという暴挙。
リスクがものすごく高いので一般にはおすすめしません。

次に組むならLGA2011-3のコア6に挑戦したいなぁと思うのですが、
第7世代CoreのKabylakeが出るのを待ってから・・・などと息の長い話。
その間に今回買ったメモリセットが3万切ってしまうかも・・・


テーマ:自作パソコン - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/06/12(日) 20:20:32|
  2. メモリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SanMaxメモリ買い替え とうとう8Gの4枚構成に!

8Gのメモリが4枚で32G構成のやつが13780円と安いわ~!
とポチった夢を見ました。

目が覚めて、メールをみると注文確認のメールが来ていました。
どうも寝ぼけて点けっぱなしのPCから注文をしてしまったみたいです。
(とは言え、起きていた時に商品のページまでは開けておりました。)

寝ぼけても自分の物欲を押さえられないとは、ここに極まれりと言えばいいのでしょうか、
我ながら呆れてしまいます。

とうとう32G

そういうわけで届いたメモリがこちら。

4枚組です

私のブログの中ではおなじみのサンマックス製、DDR3-1600 8G4枚組メモリです。

エルピーダ製チップ

チップはエルピーダ製です。
馬鹿のひとつ覚えのように、メモリと言えばサンマックスを選んでますが、
これが自分なりの精一杯背伸びした結果でして、
予算さえ許せばセンチュリーマイクロのメモリが欲しいのが本音です。
それでもサンマックスは自分的にはハズレのないメーカーで、
いままで一度もエラーや相性に悩まされたことはなく、
Memtestを走らせても全くエラーが出た事がありませんので安心のブランドだと思います。
今回もきっと大丈夫だと思いますので、Memtestはやめときます。
(こうして油断してるとえらいことになるのかも・・・この後、別件でえらいことになりましたが。)

変わりません

早速組み込みましたが代わり映えしません。

ハイニクス

今まで入ってたメモリは同じサンマックスでもHynix製チップでした。
なんだかんだでその時々の一番安いチップのメモリを選ぶあたり、
えらそうに語るほどのポリシーが無いことがわかります(汗)。

7.8

16Gが倍の32Gになった所で劇的な変化はございません。
単にウィンドウズエクスペリエンスの値のメモリのとこが、
7.7から7.8になったというだけでしょうか・・・
32Gもあったら7.9はいくだろうと思ってただけにちょっとショックです。
もうPC3-12800は遅いのでしょうか?

今回メモリを替えてみて、BIOSの更新をするのを忘れておりましたので、
ついでにやっておこうかとWindows上からASUSのユーティリティのAI SuiteⅡを使ってアップグレードを試みたところ、
途中でフリーズしてしまい動かなくなってしまいました。
嫌な予感がしつつも再起動かけたところ、案の定BIOSの書き換えに失敗してしまいました。
幸いP8Z77-V PROはUSBメモリを用いてリカバリー出来る機能があって、なんとか上書き出来ましたが、
マザー付属のマニュアルでは説明が不十分で、ノートでやり方を調べたり、あらためてBIOSを落としてきたりでてんやわんや。
作業の間、変な汗でびっしょりとなりました。

次のプラットフォームのHaswellはDDR3がサポートされるというので、
長く使えるメモリだと思うのですが・・・・まぁその頃には買い替えるでしょうね。

Arkさん、Amazonに出店してたんですね。



本当はこのBLACK PCB EDITIONのメモリが欲しかった・・・

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/09/25(火) 18:47:01|
  2. メモリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SanMaxメモリ増設

メモリ、安いっすね。
4G2枚が4000円切ってますもんね。
さらに円高が進んで下げ止まることを知らない勢いですよね。

それこそ十数年前なんて、1「メガ」1万円、という時代があって、
自分がMac買った時16メガが6万とかに下がった頃合いに飛びついて、
「めっちゃ安なったわ~!!」などと大喜びしたものですよ。
思えばあの頃のパソコンの投資額って歴代のパソコンのなかでも最高額でした。
1GのHDDに7万もの金かけて、それでも安い安いと喜んだ上、
1Gなんてどんだけ容量でかいのか想像も付かないほどで、これだけあったら一生容量不足に困らないなどと・・・
あぁ、すみません、どうでもいい話でした。

ともかく、メモリが安いんです。
そしてSanMaxのメモリでさえ4G4枚のセットで17000円のものが11980円と大幅に値下がりしたので、
思わずポチってしまいました。

SanMaxメモリ


hinixチップのDDR3-1600です。
他のショップで売られている安いものは4Gが2枚セットで3700円とかなので、4枚だと7400円。
それに比べると高いのですが、今使ってるメモリがSanMaxのエルピーダ製チップの2G×4ですので、
できれば同じSanMax製品が欲しかった。
というか、それ以外の選択肢はないです。

UMAXとかCFDとかデュアルメモリのパッケージ品を使ったこともありますが、
相性とか出る時はしっかり出ます。
SanMaxは過去4度導入したことがありますが、まだ一度も不具合とか出たことがないので信頼してます。
ただ、値段が高いので、買える時と買えない時があって、
まぁ、今回は8Gでも全く不満はなかったものの、今後のことを考えたら、買える時に買っておけ!
と先行投資です。
(けどどうせ次の規格が出て買い換えるのでしょうが・・・)

hynixチップ


まごうことなくhynix。
最近はあまり調べてないので、どこのメーカーがいいのかよく分かりません。
今回はDDR3-1600で安い奴がhynixだったのでこれにしました。
今はMicronチップが人気があるようで、Micronだと値段が少々高くても売れるとか・・・

SanMaxはメモリーチップが選べるのがいいです。
やっぱり国産(でもないか)のエルピーダ製のチップがいいとか、
エルピーダはAMDとの相性が出る(昔ありました)から他社のものとか、
指定買いできるのが利点。
全品検査済みのものが出荷されるので安心感も高いです。
セット販売のものは一組ロットをまとめてテストされてます。
個人的にはメモリにヒートシンクなんか要らないと思います。
どこのチップかわからない製品にヒートシンクはめられた上、
外すと保証が受けられないというのも精神衛生上よくありません。

スルーホール


スルーホールがかなりあります。
5~6年ほど前はスルーホールの多い設計のモジュールは止めた方がいいとか言われてましたが、
今は大丈夫なのでしょうか?
まぁ国産モジュールですし、保証も5年としっかりしてますので大丈夫。

組み付け完了



取り付けも問題無く、当たり前のように起動。

CPU-Z

一応認識してるのだけ確認。
このメモリはMemtestとかは別にいいと思います。

ともかく、Windowsエクスペリエンスのメモリの値も7.9の最高値になりましたので、満足しております。
願わくばしばらくこのメモリを使い続けられますように。

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/07/30(土) 11:30:36|
  2. メモリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

250分の1

Author:250分の1
知ったかぶって書いてます。

物欲のつぶやき

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

こんなの参加してみました。
ポチっていただけると嬉しいです。

ブログランキング
順位は低いです。