物欲の小径

己が衝動に任せて買ったあんなものこんなもののプチレビュー

プリンタが昇天したのでブラザーのDCP-J567Nを買ったの巻

OM-D E-M1MarkⅡのシャッターボタンの件で、メーカーへ調査のため引き取り回収の準備中のこと。
カメラ本体に受付番号と住所氏名電話番号を書いたメモを付けて欲しいというので、
これらをPCのメモ帳に入力したやつを印刷しようとしたところ、
印刷できません4F
と表示され、印刷が出来なくなりました。

ブラザーのサイトのユーザーズガイドとやらを見ながら、
指示の通りに電源プラグを抜いて電源をオフにし、数秒後にもう一度差し込んでみてもだめ。
次に紙詰まりを確認してくれというので確認するも紙詰まりはなし。
エンコーダーはきれいなもんでしたが、一応掃除してみたもののこれもだめ。

4F

初期化しようとするも今度は
初期化できません 4F
と表示されて初期化も出来ません。

残るはメーカー修理のみですが、なんたることかDCP-J715Nは古すぎて修理非対応になっております。
まぁ直後に出たJ725Nにしても修理代金11000円+送料1500円の合計12500円掛かるので、
誰が好きこのんで買った時の値段以上の金額を支払ってまで修理したいと思うのでしょうか?

DCP-J567N箱

そこで買ったのがプリビオ DCP-J567N。
ひかりTVショッピングにて7880円をポイントが405ポイントあったので、7475円にて購入!
修理に出すより遙かに安いです。

なんでまたブラザー機なのかというと最廉価機でも基本性能が高い点につきます。

CMYKの4色ですので、キヤノンやエプソンみたいに写真の印刷とかは向いてないですし、
一番安い機種ですのでDVDとかのラベル印刷も出来ません。
しかしながら複合機としての基本的な機能は有してますし、
無線での接続やスマホからのプリントなどにも対応してますので、
普通に文書を印刷出来ればそれでいいやという人にはもってこいだと思います。

自分は写真を印刷するならお店プリントの方がコストや耐久性が上のような気がするのでもっぱら店で印刷します。
ウェブページや文書の印刷と年末の年賀状さえ印刷出来ればいいので、これで十分です。

補充インク

で、早速つないでインクを前回買ったタダプリントの大容量インクタンクを購入・・・
といきたいところなのですが、まだDCP-J715Nの時に購入したインクの予備が丸々未使用で残っております。
タダプリントで売られているインクはLC11もLC211もブラザー互換インクの中身は同じインクを使ってる模様。
だったら空のインクタンクを売ってもらえたらと思うのに、さすがに空タンクのみ販売はされてないみたいです。

別のメーカー製ですがAmazonにてLC211用の空タンクを見つけておりますので、
プリンタ付属のスターターインクを使ったらこれを買って、補充インクを詰めて使いたいと思います。

設置

プリンタ本体に関しては特に紹介するほどのものではございませんので端折っていきます。

箱から出したら電源コードつないで設置するだけ。
PCとの接続は無線なので他の配線は必要なくて楽なのが良いです。

インクセット

付属のインクをセット。
交換は前面からアクセス出来るので非常に楽です。
インクは4色セットを2回交換すれば本体が買えてしまうと思えば馬鹿らしいので、
純正を使うのはこれっきりです。
次は互換性のインクを使う予定。

無線設定

あとはプリンタの画面に従ってセットアップをするだけです。
操作はタッチパネル液晶ですので、電源ボタン以外のボタンがなく非常にシンプルになっております。
最廉価な価格帯のプリンタでカラー液晶でしかもタッチパネルを有しているのはブラザーだけ。
これもブラザー機を選ぶポイントになっております。(HPもあるようですが知らないふり)

簡単接続

簡単接続で無線LANルーターに認識させるだけです。

接続完了

無線LAN設定が完了しました。
今でこそキヤノンもエプソンも廉価機種にも無線接続対応させてきましたが、
5年くらい前の機種でも対応させてたのはブラザー機だけだったような気がします。

ドライバ

PCにドライバソフトをインストールすれば、ネットワーク上に認識されたプリンタが出てきますので、
それを選択してセットアップすれば使えるようになります。

使い勝手はというと、さすがに最廉価機種だけあって印刷速度も速くなく、
静音性も高いわけでもなく、お値段それなりものですので、
印刷品質やDVDレーベルなど様々な印刷にこだわる人にはおすすめしません。

今後はメーカー純正でも大容量の補充式インクタンクをそなえた機種もでてきておりまして、
エプソンのEW-M770Tなんかが廃インクユニットの交換まで出来るみたいで、
余裕があればこういうやつが買えたらなぁと思います。

で、結局、オリンパスさんへは手書きのメモで送りましたとも。



コスパ最高!



この空タンクを買おうかと思うのです。



いつか欲しい・・・けどDCP-J567Nの9台分って。




テーマ:プリンター - ジャンル:コンピュータ

  1. 2017/04/07(金) 23:41:57|
  2. 入出力機器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックボールM570との別れ

遺影

スイッチを交換したトラックボールのM570のその後の話。

交換した左クリックボタンがふにゃふにゃで手応えも無く、
ちょっとした接触でもクリックと認識されてしまうようになってしまったM570。

それでも騙し騙し使っておりましたが、とうとう昨日逝ってしまいました。
チルトホイール非搭載にもかかわらず、カーソルを置いたウィンドウが右に流れてしまうようになり、
さすがに操作に支障が出るようになったため、予備で買っておいたM570tを使用する事に。

もうこれでオムロン製スイッチのM570は予備を含めた在庫全て駄目になりました。

( ー人ー)|||~~~ ナムナム



せめて3000円台になって欲しい。


テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/11/02(水) 18:27:02|
  2. 入出力機器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックボールのスイッチを交換してみるの巻

ロジクールのトラックボール、M570の調子がおかしい。

ドラッグドロップに失敗してファイルの中身を開いたり、
長い文章を選択して翻訳かけてみようとしたら勝手に途切れたり全文選択したり、
いわゆるチャタリングってやつが頻発して起きるようになりました。

代替えのトラックボールもエレコムのやつがあったりするけども、
アレも大概クソなので替えたところでそんなに変わりが無いです。

予備機購入

幸いにして、秋のセールだとかでロジクール製品が1000円引きでしたので、
3599円で購入することが出来るので購入しましたが、
所詮M570t、自分の使ってた「t」無しのM570に比べて劣化版のように感じてなりません。

今使ってるt無しは2012年にAmazonにて購入したので保証はとっくに切れております。
(しかし、当時3000円もしなかったというのに、何でしょう、この価格暴騰っぷりは?)
以前、Amazonにてこんなものを見つけていたので購入することにしました。

スイッチ

オムロン D2F-01F マイクロスイッチ。
これがロジクールの左右ボタンのスイッチに使われているやつと同じタイプのものだそうです。

5個セットでAmazonのマーケットプレイス品で885円。
別途送料が200円の合計1085円でした。

どうせ保証期限が切れて交換も出来ないので、ダメもとでスイッチを交換したいと思います。

ねじ穴

まず裏っ返してネジを外します。
嫌らしいことに星形のT6番のトルクスネジが使われています。
今日びトルクスドライバーなんて紳士なら誰でも持ってるマストアイテムです。
外すのなんか造作もありません。

さらに嫌らしいのがゴム足の下にネジが隠されているので、
めくって外します。

さらにさらに嫌らしいのが電池入れの下のシールの下にもねじ穴が隠されています。
どうせ保証なんか切れてますので気にしません。
カッターで穴を開けてネジを外します。

分解

あらわれた基板。
隠しネジとトルクスネジのおかげで、今まで分解したことが無かったのですが、
今回中を開いてみるとホコリまみれな状態。

もう少しメンテナンスしやすい構造にして欲しいものです。

基板

そして基板だけ取り外します。

左クリックボタン

この左クリックボタンのスイッチを交換したいと思います。

半田付けイメージ

半田ごてとか半田吸い取り器も紳士のたしなみなので常備されてます。
たこ焼き器が各家庭に一台あるのと同じですね。
(はい、そこ、ツッコまないように!)

などと書いたものの、実際取り外すのは苦労しまくりました。
半田吸い取り器だけでは取り外すことは出来ず、
半田吸い取り線も使ったのですが取り外すことが出来ませんでしたので、
結局ニッパーで基板とスイッチの隙間からスイッチの足を切ってスイッチを取り外し、
残った足を半田吸い取り器で吸い出してなんとか取り外すことが出来ました。

(ニッパーを基板とスイッチの隙間にねじ込んだ際、基板表面の塗膜が大きく削れてしまい、
 もぉ駄目だ!と思ったのですが、大丈夫だったようです。)

交換

スイッチさえ取り外せたら、後は交換して半田付けをすれば完成。
なんだか過程をいろいろ端折っておりますが、なれない半田作業で必死になって焦ってしまい、
写真どころではありません!

そんな苦労してスイッチを交換したトラックボールの具合はどうかというと、
確かにチャタリングは無くなったのですが、
異様にスイッチが軽くて触れるだけで反応するようになり、
これはこれでチャタリングよりも面倒な状況です。

よくよく調べると、オムロンのD2F-01Fって最後にFが付く型式のものはスイッチが柔らかいそうで、
Fの付かないD2F-01の方がスイッチが堅くてこちらの方が向いている感じです。

とは言え、今更交換し直すのも手間なので、
フェザータッチな左クリックボタンに慣れるしかないなぁと諦めることにします。

駄目ならM570tに切り替えようかと思っております。



みなさんこちらでも十分満足しているみたいですが・・・



F無しの方が良かったのかも?
もし私の記事を見て買われる方は、まずAmazonのレビューをよく読んで判断して下さい。

テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/10/09(日) 21:12:55|
  2. 入出力機器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

PCスピーカーをJBLのPEBBLESに決めたわけ

現在、私の使っているPCスピーカーは東和電子OlasonicのTW-S7。
USBケーブル1本つなぐだけのACアダプタ要らずのお手軽設計なスピーカーのくせに、
10W+10Wのパワーがあって、パッシブラジエーターもそなえているので、
そんじょそこらの安PCスピーカーより遙かに豊かな音が出るので、大変気に入っておりました。

だったら何も文句はないだろう?
と思われるのはもっともなんですが・・・・

サボり中

ウチの子(TW-S7)すぐにサボるんです!
ごらんのようにすぐ寝るんです!!

TW-S7は卵形で安定性は皆無ですのでシリコンゴム製のインシュレーターの上に乗っけて使うのですが、
使ってる内に音の振動で徐々に上を向いてしまうんです。
自分はスピーカーの置く場所がなくてモニタの背面に置いているのですが、
そのおかげでなかなか手の届きにくい場所でして、頻繁に寝てしまう有様に、
だんだん手を回して起立させるのも面倒になり、いつしか寝たまんまほったらかしになった状態。

ノートPCの両脇に置いて常にスピーカーの位置直しが出来る状況で使うなら、
TW-S7は卵形のデザインも相まってオサレでキュートなパソコンライフを満喫出来るおすすめアイテムなのですが、
いかんせん位置直しにもわざわざモニタ越しに手を伸ばしてという、基本置きっ放しの利用環境では向いていませんでした。

そろそろまともなスピーカーに買い換えよう。
ここらへんでハイレゾ対応ってやついっちゃう?などと価格.comのPCスピーカーのランキングを開いてみたら、
JBLのPEBBLESというスピーカーがトップにきてまして、
ぱっと見、なんだこのワンピースに出てくる電伝虫みたいなデザインわぁ!?
と形状が気に入らなかったのと5000円台という値段からして、
どうせ一流メーカーの冠だけの安スピーカーにちがいない。
人気なのも単純に安いという理由で買われているのだろうと判断し、スルーを決め込んでおりました。

ここはいっちょFOSTEXのMP0.3か、いやまたかなり型式は古くなるけど、
前々から欲しかったBOSEのM2に手を出すか、
いやいや3万以上ならこの際ハイレゾ対応ってやつのほうが・・・

などと考えておりましたら、JBLのPEBBLESの製品特徴の紹介欄の
USB DACを内蔵したバスパワードスピーカー
という記述が目に入りまして、
え?このスピーカーもACアダプタとかの外部電源要らないタイプ?
と分かった瞬間、俄然興味がわいてきた次第。

よくよく価格.comを見てみると、レビューも口コミもそんなに悪くはない。
高音質のスピーカーも欲しいけれども、USBケーブル一本でつながってそこそこの音が出るやつの方が、
今の自分にとっては魅力的に感じられます。

形はアレだけど、値段も安いし試して駄目なら今度こそいいやつを買おうという気持ちでPEBBLESを買ってみることにしました。



卵形もでんでん虫形もスピーカーらしくないっちゃ~らしくないわけで。


テーマ:pcオーディオ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/05/22(日) 17:02:58|
  2. 入出力機器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

リクエストにお応えして・・・

希少なビジターの方がRealforce108UD-A XE01B0のUSBのケーブルを取り外してしまったとのことで、
私の持ってるやつの接続部を見せて欲しいというご要望がありました。

open

Realforce108UD-A XE01B0はディップスイッチでキーの機能を変更出来る仕様のためか、
ガワ自体はネジ止めでなく、ツメではめられているため分解自体は非常にたやすいです。

USBケーブルはフェライトコアに挟まれた信号線と別途黒くて太いアース線から成り立っております。

基板

基板側のUSBコネクタ部分の拡大はこんな感じ。

USBコネクタ

ピンアサインをわかりやすく色と番号で示しておきましたので、ご参照下さい。

以上、こんなもんでいかがでしたか?


テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/02/22(月) 18:22:05|
  2. 入出力機器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

250分の1

Author:250分の1
知ったかぶって書いてます。

物欲のつぶやき

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

こんなの参加してみました。
ポチっていただけると嬉しいです。

ブログランキング
順位は低いです。