物欲の小径

己が衝動に任せて買ったあんなものこんなもののプチレビュー

VR・・・分かっちゃいたけど凹むわぁ

SteamVR

Windows10にアップグレードする少し前のこと。

SteamからVRシステムのViveが予約開始され、コントローラー付属ながらも979ドルという値段にこれは無いわぁと思いつつ、
パフォーマンステストのソフトがダウンロード出来たので、ダメ元で試してみた結果・・・

思い切り跳ねられてやんの!

確かにGeForce GTX660Tiは推奨のビデオカードじゃ無いけども、
そこそこ良い値段はするやつだったはず。

同じ使用不可でも限りなく可能に近い所まで行くだろうと思ってたのに、
めっちゃ左端にメーターの矢印きてるやん!

とまぁこれでOculus RiftもSteamVRもやろうとすれば本体10万に加えてビデオカードも最低4万のコースは確定ということで、
PCでのVRは諦めざるを得なくなったわけです。

で、そんな中ソニーのPlayStation VRの値段が発表されまして、
10月発売の値段が税抜きで44980円です。

プレステ4でVR環境を構築するとなると、
ヘッドマウントディスプレイが税込みで48578円。
プレステ4の500Gが36000円。
モーションコントローラーが両手2台分で3500円×2。
ヘッドマウントディスプレイとモーションコントローラーの動きをとらえるカメラが7700円。
合計99278円。

あと、純正のサラウンド対応コードレスヘッドホンが2万円相当で売ってますが、
これはとりあえず置いておくとして、
ゲーム機本体とモーションコントローラー等周辺機器合わせても、
PCよりまだ安くVR環境が手に入るわけですが、それでも結構掛かるなぁ・・・

こうなったらまずプレステ4を買うか?
などと思えどもやりたいゲームなど何にも思い浮かばない。
バーチャルリアリティの世界というものを体感してみたいのであって、
ゲームがしたいわけでは無いのです。

とりあえずは発売されて、ソニーさんがゲーム以外のVRコンテンツを用意してくれるか否か、
様子を見てからでも良さそうに思えてきました。

もしかしたら10月までにはOculus Riftもソニーに対抗して安くなっていたり、
推奨のビデオカードも次世代のものが出て、GTX970も安くなっているかも知れませんし・・・

そんなこと考えていたら、プレステ4がGPUを強化した4.5なるバージョンが出るとかいう噂が出ております。
プレステVR発売まであと半年近く、様子見に徹したいと思います。


テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/03/20(日) 17:02:29|
  2. 卓上型ゲーム機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

250分の1

Author:250分の1
知ったかぶって書いてます。

物欲のつぶやき

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

こんなの参加してみました。
ポチっていただけると嬉しいです。

ブログランキング
順位は低いです。