物欲の小径

己が衝動に任せて買ったあんなものこんなもののプチレビュー

パナソニックICレコーダー RR-XP007

2014年一発目はICレコーダーの話です。
とはいえ買ったのは昨年末です。

とある会議に代理で出席する事となり、
どんな内容だったかあとで説明しなければならなかったのですが、
そもそも嫌々出席させられているので、内容を聞くどころか寝てしまうに違いないという確信があり、
だったらICレコーダーで録音しておけばいいんじゃない?と言う思いつきで、
目立たないようなレコーダーを購入しようと思った次第であります。

で、価格.comで物色してみると、目に入ったのがパナソニックのRR-XP007。
小型なスティック型のICレコーダーでステレオ録音対応で操作も簡単そうです。
ただ11/13に出たばかりで値段がこなれてなくて12/18購入時の価格が8933円。
(現在は7600円まで落ちておりますが)
非常に高価な気もしますが、当時の自分はこの製品を見てこれしかない!
という思い込みが先行して値段のことがあまり気にならなくなってました・・・

外箱

で、届いたものはちっちゃな箱。

中身一式

中身は本体、説明書とケーブルと単三電池。

本体

本体は少し太めのペンのような、長めの口紅のような大きさ。

電池装着

電源が内蔵の充電バッテリーでなく、単三電池一本というのがありがたいです。
アルカリ電池使用でPCM録音だと28時間、128kbpsのMP3で40時間録音出来ます。
エネループとかの充電池だとだいぶ稼働時間が短くなります。

右側面

本体の右側面にある電源スイッチを入れると

スイッチオン

立ち上がります。
初回時に日時設定とかすれば使用可能となります。

初期設定だとディスプレイが点灯したり、操作の度にしゃべったりしますが、
設定で有無を選択出来ます。

左側面

左側面にメニューキーと再生時の音量ボタン。

メニュー

メニューキーと早送り、巻き戻しキーの組み合わせで、
PCM音質のライブ録音からMP3の128kpbsの会議録音までシーンに合わせた録音が可能です。
シーンに合わせてノイズキャンセルとかステレオ強調、無音時のスキップなどの有無が割り当てられています。
あくまで簡易な設定ですのでカスタムできます。
自分は単に会議を録りたいだけですのでシーンを会議にするだけで充分です。

録音スイッチ

あとはてっぺんにあるスライドスイッチを入れたら録音開始で、
元に戻したら終了となり、本体内蔵の4Gメモリに保存されます。
メモリは4G固定でmicroSDなどの外部ストレージは使用不可ですが、
PCMで6時間、128kpbsのMP3で66時間30分も録音出来る容量ですので、
録ったらPCに保存するようにすれば十分な容量だと思います。





で、実際の使用なんですが・・・・・・・

録音に失敗してしまいました!

胸ポケットに入れてスイッチオンにして、録音したつもりだったのですが、
電源自体を入れるのを忘れていたため、録音出来ておりませんでした!!

なんか、無駄に時間と金をかけてしまったことに吐き気がするほど自分が嫌になってます・・・


   

ほら、色もこんなにあって素敵なのさ!ウフフフフ・・・・(泣)



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/01/29(水) 17:29:34|
  2. 家電
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイキン 加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70N-W 設置編

フィルタも付けたので部屋に持ち込んで設置。
大きいので置き場所に困ります。

操作パネル

操作パネルを見るといろいろ出来るのですが、
自分はとりあえず部屋を舞うホコリさえ取れたらいいので、
自動運転だけです。

風の出てくる向きを調整するルーパーは手動で調整します。
時期的に風が冷たいので上向きに上げときます。

動かしてみると、案の定イオン化のユニットとかは光もしません。
カタログのような放電は一切ありません。
音とかもしません。

ただファンの音が聞こえるだけで、巨大なサーキュレーターって感じです。

表示ランプ

においに敏感なようで、しょっちゅう反応します。

真ん中の数字が湿度で、両脇のランプがホコリとニオイのセンサーランプとなっていて、
何もない時は緑ですが、反応があるとその強弱で赤とか黄色に変わります。

寝ていておならをすかそうものなら、即座に反応してニオイのセンサーランプが赤になると同時に、
ファンが勢いよく回り出すのはいいのですが、
結構長時間黄色の状態で回り続けるため、え、そんなに臭かった?と少しへこみます。

部屋でじっとしている時にもいきなりニオイセンサーが反応して高回転になることがあるので、
なに?俺?何か臭う?などと、
まるで娘から(娘などいませんが)お父さん臭い!と言われてるみたいで、かなりへこみます。

空気清浄機が来てから、機械相手にへこまされたりしておどおどしております。

肝心のホコリに関しては、センサーが反応した試しが無く、
ホコリで高回転になったことがありません。
あまりの無反応さに壊れているのではないかと考え、
試しに蚊取りスプレーを部屋にワンプッシュしたところ、
やっとこさホコリセンサーが反応して勢いよく回り始めたので、故障ではないようです。

西日の差す中でホコリがきらめくという状態が見られないことから、
効いているのかな?と思うものの、単に自分が空気清浄機に対してかなり気を遣って静かに生活しているので、
ホコリが舞わないだけかも知れません。
この、気を遣わせるというのが一番の狙いかも知れません。
カタログに記載してもいいと思います。

部屋にホコリが舞うのが見られないとは言うものの、
際だって目立たないと言うだけで、普通にそこかしこには舞っているようで、
掃除したばかりのパソコンのトップ面はすでにホコリだらけな状態ですので、
期待するほどの効果はないように思えます。

実際に宙に舞うホコリに焦点が合いましたので、
しばらく様子を見ていると、徐々に空気清浄機の方に引き寄せられていくので、
おぉ~って思っていると、上面から出て来る風に飛ばされ明後日の方向に飛んでいきました。

・・・って駄目じゃん!



この威圧感から来る気を遣わせ機能で、
あなたのお部屋もホコリが目立たなくなります!


テーマ:電化製品 - ジャンル:ライフ

  1. 2013/11/02(土) 06:27:30|
  2. 家電
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイキン 加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70N-W 準備編

とにかくでかい

ダイキンの空気清浄機、MCK70N-Wすでに届いております。
しかし箱がかなり大きなもので、出すのに躊躇してしまい、
しばらくこのままの状態で放置しておりました。

設置する前に部屋を掃除しておきたいなぁと思ったのですが、
掃除中舞い上がったホコリを取り除くための空気清浄機だろうということに気が付き、
先に設置することにします。

冷蔵庫?

奥行きはともかく、正面からの大きさが一人暮らし用の冷蔵庫かよ!
ってくらいの大きさでして、起動させる前から早くも後悔の念がこみ上げてきました。
家電量販店で見た時のイメージと部屋の中に置いた実際の状態が異なってます。
家電量販店は空間が広いから小さく思えたのでしょうね、おそらく。

カバーを開けて

設置の前に集塵フィルターのビニールを剥がせとか書いてあるので、カバーを開けてみます。
フィルター前に黒い格子状のプレフィルターというのがあるので、これを外して集塵フィルターを取り出します。

フィルター

集塵フィルターは、まるで枠の中にリプトンの昔のタイプのティーパックが縦にみっちり詰まってるかのようで、
何のことはないただのつづら折りの紙じゃん!と思うのですが、
こんなものがウィルスとか除去できるのでしょうか?

さらに集塵フィルターにの奥に黒くて目の荒い段ボールのスライスされたものが入っていて、
捨ててもいいのかな?と思ったら、これが脱臭フィルターらしいです。
どう見ても段ボールスライスのこれは見た目に反して消耗品ではないらしいです。
こんな陳腐な作りで脱臭効果がず~っと続くなんて、ウソみたいです。

集塵フィルターの10年という交換周期でもちょっとうさんくさいのに・・・

などと言いつつ、実際は消耗品の交換頻度が長いから選んだくせに、
我ながらぬけぬけとえらそうにと思っておりますですよ。

フィルター外した本体

こうして外した本隊を眺めていると、作りは非常にシンプルに見えます。
手前に水を含んだ加湿フィルターがくるくる回って、
奥のファンで風を吸い込んだらフィルターの水分が蒸散されるというわけですね?

水タンク

これが給水タンク。
本隊ケース側面と一体化してます。
給水タンクは台所のシンクにて手軽に給水できるよう、30cmの高さになっているそうです。
まだ加湿機能は必要無いので、しばらくはその便利さを実感することはないと思います。

ストリーマユニット

これが自慢のストリーマーユニットです。

ヒゲ

中はどうって事はない金属のヒゲみたいのがちょちょっと生えてるだけのよう。
もうちょっと紫外線殺菌器みたいな光るモノを想像していただけに、ちょっとガッカリ。

プラズマイオン化部

で、さらにフィルターの両側にあった青い電撃補虫器みたいな棒がプラズマイオン化部のユニット。

中の線

中には一本のニクロム線みたいなのが通っているだけで、
これもバババッと光るようなしろものではないようです。

とにかく薄い

ユニットの件はこのくらいにして、フィルターを外したところに用意したのがこれ。

別売品の「バイオ抗体フィルター」というやつです。
何でも早稲田大学と厚生労働省国立感染症研究所の共同研究で実証されたというしろもので、
これがあるとフィルターに捕獲したウィルスをスピーディーに除去出来ると謳い文句が書かれてあります。

なんで別売かは分かりませんが、こんなモノがAmazonでも1723円します。
しかもこれだけ1年しか効果が無いそうです。
もしかしたらインクでもうけるプリンターメーカーみたいに、
ダイキンはこれでもうけているのかも知れません。

他にも別売品で空気中にビタミンを放出するユニットがあるのですが、
空気中にビタミンが放出されたところで肌にいいとか言われても、
さすがにそれだけは胡散臭さ全開というか、まじで信じられないので要りません。

で、バイオ抗体フィルターですが、届いたものを見てびっくりです。
ペラッペラで大きめの厚紙の封筒です。

バイオ抗体フィルター

中なんてこんなんです。
すけすけの紙のシートです。
買っておいて文句言うならはじめからやめとけよと仰るのは分かります。
でも、ビタミンの方とは異なり、
こっちに関しては、よ~しじゃぁ付けてみるかと思ってしまうのです。
ややこしいやつですみません。

装着

で、集塵フィルターと脱臭フィルターを外した一番奥にバイオ抗体フィルターをセット。
あとはこの上に各フィルターをセットするだけ・・・
あれ?今気が付いたのですが、バイオ抗体フィルターの上に集塵フィルターをセットするってことは、
ダイキンの空気清浄機ってウィルスとか素通りってことですか?

やっぱり自分騙されてる?
それとも勘違いしてました?

長引いたので次回に続きます。

 

どちらも気の持ちようかと。


テーマ:電化製品 - ジャンル:ライフ

  1. 2013/11/01(金) 17:16:59|
  2. 家電
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空気清浄機を買おう! 機種選定編

唐突ですが、自分の部屋はホコリっぽい。

今までの記事の掲載写真を見ていただいてる方にはお分かりの通り、
PC、カメラ、小物に至るまで結構な割合でホコリが付着したまま掲載されております。
一応、ハケやブロアーで払うものの、それでもちょっとした隙に付着してしまいます。

液晶保護フィルムもかなりな確率で混入します。
そのたんびにキ~~~ってむかつきつつセロテープで取り除くのが常です。

ある日、昼寝をしていて目が覚めたら、
西日が差す部屋中、キラキラとホコリが舞っているのが見えて、まぁきれい!
じゃなくて、こんなホコリまみれじゃいかんだろう!!

堆積するホコリはともかく、宙に舞うホコリは少しでも低減できないかと、
空気清浄機の導入を考える次第であります。

目的は宙に舞うホコリの低減。
(まめに換気と掃除すればいいじゃんとは言わないで。)
ウイルスやらカビやら分解するとか言うプラズマなんちゃらは、
はっきり言って信じておりませんのでどうでもいいです。
(友人とかは効く!と言っておりますが・・・)

だって、映画館とか、大きい病院の受付とか、広い場所にぽつねんと一台、
(ファンヒーターよりは大型ですが)プラズマクラスターのシャープ空気清浄機が置かれたりしてますが、
そんなの一台でこれだけの空間の除菌とか無理だろぉ?といつも思っております。

加湿機能もどうでもいいです。
手入れとかめんどくさそうですし、どちらかと言えば加湿より除湿したいくらいですから。

とは言え、価格.comで人気の商品はどれもプラズマなんちゃらで加湿機能付きですし、
出来ないよりは出来るものを例え使わなくとも買っておきたい性質ですので、
素直に加湿機能付きの空気清浄機を買おうと思います。

価格.comで人気なのはやはりシャープ。
あとはダイキンとナショナルがぼちぼち。
coneco.netでは示し合わせたかのようにランキング上位は全てシャープ。

シャープと言えばプラズマクラスター。
前述の通り、映画館や病院でもよく見かけます。
かくいう私も車載用のプラズマクラスター発生器を友人に勧められて、
購入に踏み切ろうとしたことがあります。
が、あまりにも皆がプラズマクラスター、プラズマクラスターと言うのでちょっと眉唾物に見えてきたのと、
その当時、買おうとしてた車載用のやつがあまりの人気で入手出来なかったので、
へそを曲げてしまい、ちょっとシャープには偏見が生じ始めております。

さらにシャープの加湿機の部分はタンクの水の除菌にAgフィルターが使われているというのを知り、
一気に購入意欲がそがれてしまいました。
私自信が信じていないものの中で、筆頭に来るものが銀イオン除菌というやつです。
プラズマクラスターと銀イオン除菌のダブルの眉唾物機能にシャープは除外となりました。

プラズマクラスター発生器とAgフィルターとやらは交換式というのも気にくわないですし、
シャープというメーカー自体、業界の嫌われ者で協力会社に対する横柄な態度がたたって、
経営破綻しかけても国内ではどこも手をさしのべようともしないとかいう話も聞きますし、
次危なくなったらきっとシャープも消えてしまうんじゃなかろうか、
消耗品も手に入らなくなるんじゃなかろうかという勝手な思い込みもあります。

パナソニックは効果弱ぁ~な感じがしますので置いといて、残るはダイキンかなと。
ダイキンは浮遊物質の分解とか、加湿の水の除菌にストリーマーとかいうユニットで、
電気的にやってくれてるところがまだましな気がします。
カタログとか見るとなんだか放電っぽい画が載っていて、いかにも効きそうな感じです。
(って騙されるやつがここにいるわけです。)

一度、現物を見に家電量販店巡りに行ってきました。
店をうろうろ物色していると、販売員さんに捕まりました。

お勧めはと聞くと、シャープかダイキン。
パナソニックのナノイーは発生に湿度と温度の条件があるとのこと。
(逆にナノイーも拡散範囲の広さとかで有利な点はあるそうです。)

現物を見る限りシャープの方が薄いですが、
加湿機能付きの空気清浄機はどれも似たり寄ったりの大きさです。

家に帰ってさらに検討。
どうもプラズマ何ちゃらというやつは、メーカーによって効果が異なるようで、
パナソニックのナノイーはウイルスには弱く、シャープは花粉に弱い。
ダイキンはそもそもプラズマイオンは後発なので効果もそれほど期待できず。
などと書かれた記事を見るにつけ、要はどれを選んでも満足出来ないと勝手に結論づけ、
それならやっぱりダイキンにしよう、
それも大きさが同じなら一番性能の高そうなやつにしとけばいいんじゃね?

というわけで、MCK70N-Wをチョイスしてポチった次第。
同じ70でも、ACKとかTCKとかありましたが、
家電量販店向けだとか、ホームセンター向けだとかあるようで、
どれがどれだかよく分からないままに、効果の有無はともかくアクティブプラズマイオンというのが付いてて、
値段が安いと言うことでMCK70になりました。

では次回、実機の紹介です。




6畳の部屋には大きすぎるかも・・・


テーマ:電化製品 - ジャンル:ライフ

  1. 2013/10/30(水) 21:50:19|
  2. 家電
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

250分の1

Author:250分の1
知ったかぶって書いてます。

物欲のつぶやき

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

こんなの参加してみました。
ポチっていただけると嬉しいです。

ブログランキング
順位は低いです。