物欲の小径

己が衝動に任せて買ったあんなものこんなもののプチレビュー

iTunes Match狂想曲 その3 MacBook編

WindowsマシンでiTunes Matchのアップロード作業がいくらやっても上手くいかないので、
こうなったらMacbookにてやらせようと思い立ったのですが、
そのままライブラリのデータをMacbookにコピーするにも、Macbookの容量は256Gしかありませんので、
本体に取り込むわけにはいきません。

HDD接続

それで久しぶりに引っ張り出してきたのが、MARSHAL クローンHDDスタンド MAL-4535SBKU3。
これにライブラリのデータをコピーしたHDDをぶっさして、MacbookのUSB3.0ポートに接続して、
MacbookのiTunesのライブラリを外部ドライブのものに指定すれば・・・・

はい、ダメでした!!
もう、このMARSHALのクローンHDDスタンドがクソすぎて、
途中、何度も勝手に接続が切れてまともに認識しやしねぇ!

確かに、パッケージには一っ言もMac対応とは書いてないけども、
同じUSBなんだからちっとは対応してもいいんじゃね~の?
などと、勝手に憤ってますが、なんにせよもうMARSHAL製品だけは買わないでおこうと思ったりします。

それならばとUSBフラッシュメモリにちょっとずつ小分けにしてライブラリデータをコピーして、
ちょっとずつアップしていこう・・・
あぁ、めんどうくっせぇ!!
ちまちました作業は性に合いません!

ここは一発、PCの組み替えか?
などと思いつつ、近場のPCショップに行ってみる自分。

〈続く〉

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/07/09(水) 20:25:50|
  2. アプリケーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

iTunes Match狂想曲 その2 エラー編

導入後、すんなりクラウド上にアップされて、晴れて完了!
などとすんなり行くわけがないのが毎度毎度のお約束。

同期

iTunesを立ちあげてiTunes Matchをオンにすると、まず自分の持ってるライブラリ情報がスキャンされます。

マッチング

そして自分のライブラリとiTunes Storeが持つデータのマッチングが行われ、

アップロード

Storeにないデータがクラウド上にアップされます。

最初はスイスイ行くので、4~5日もあれば楽勝かと思いきや、
だんだん転送速度が落ちてゆき、一日5、60曲のペースまで落ちてしまいました。

なんか、こないだ100日かけてHDDのデータをサルベージしてた状況が思い出されます。
それでもあの頃を思えばまだマシだろうと思っていたのですが・・・

エラー

とうとうエラーが出て止まってしまいました。
こうなってしまうと何度起動させても無理で、ステップ2のマッチング作業が終了と同時に止まるか、
良くてもステップ3のアップロード開始と共にエラーで強制終了。

あれこれ検索して、いくつもの解決方法も試してみました。

その1 「システムのユーザーからAppDataのRoamingフォルダのさらにApple Computer内のiTunesフォルダを削除。」
一度はこれで上手くいきました。
ただ、安心して続きは翌日と思って電源を落としたら、翌日からはまたしてもエラーの嵐。
その後、親フォルダのApple Computerフォルダごと削除したりもしましたが、ダメ!

その2 「Bonjourの再インストール」
なんだかよく分かりませんが、アップルのフォーラムに書いてあったので試してみるもダメ!

その3 「iTunesの再インストール」
単純にアンインストール後、再インストールしたり、
いくつかのアンインストールソフトを使ってアンインストール後再インストールしたり、
アンインストール後、レジストリも消去したりしましたが、
上手くいった事もありましたが、数百曲アップロードしたところで止まってしまい、
以後、エラーが出て結局ダメでした。

その後、PCを稼働してる最中、気が付いたらiTuneを起動させ、
ステップ1、ステップ2、エラーを繰り返す中で、何十回かに一度は成功するので、
その時、電源を落とさずに様子を見たりしましたが、最高800曲のアップロードが成功して以降、
全く成功しなくなりました。

たぶん、これは今の自分のPCのOSをクリーンインストールするしかないなぁと思うようになってきましたが、
パーツを組み替えるならまだしも、ただ調子が悪いからクリーンインストールも面倒臭いなぁと思うわけで、
いっその事、新しくマシンを新調するかなと極端な思考に走ったりもします。

マシンの新調はやめておくとして、
Appleのソフトのトラブルなんだから、Appleのマシンに責任取ってもらおうと、
Macbookにて続きをやらせようと思い立ったのですが、それも簡単にはいきませんでした。

以下次回に続く

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/07/09(水) 19:58:07|
  2. アプリケーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

iTunes Match狂想曲 その1 導入編

この話は6月頭から今も続いているドタバタ模様です。
E-M1の話もまだ終わっておりませんが、こちらも平行して書かせていただきたいと思います。
相変わらずの自分の無知による暴走を「こいつバカでぇ~!」とお笑いいただければ幸いです。

では、本題です。

突然ですが、我がiTunesライブラリに入ってる曲が、
18663曲!
多いか少ないかはよく分かりませんが、所有するアルバムとか片っ端からぶち込んだ結果です。

iTunesのWindows版が始まってから取り込んできたので、
当時のデフォルトだったビットレート128kbpsで取り込んだのが大半でして、
さすがにこれは酷いんじゃなかろうか、かといってもう一度CDを引っ張り出して取り込みなおすのも非常に手間暇かかるわけで・・・

そんな時にもたらされた福音がiTunes Matchでした。
年間3990円でクラウド上に自分のライブラリを保管できるというのは万一のバックアップに非常に安心ですし、
自分の持ってる楽曲がiTunesStoreのものとマッチすれば、256kbpsのビットレートに置き換えてくれるというので、
わざわざCDを引っ張り出して録り直さなくてもすむのがありがたい!

とまぁそんなわけでサービス開始早々契約をしたかったのですが、
一月の間なかなか手が出せませんでした。

これ、結構躊躇しません?

支払先情報画面

何が?と思われるでしょうが、iTunesを起動させて初めてiTunesMatchをクリックすると、
支払先情報という画面が出てきて、クレジットカードの情報を入力する必要が出てきます。

自分は契約に当たってクレジットの引き落としをしたくなかったというのが躊躇していた最大の理由。
個人的な理由ですが、ちょっとクレジットカード会社に騙されて、今の支払いがすべてリボ払いにされてしまったので、
ちょっとしばらく、クレジットカードは使いたくなかったんです。
(他にもカードは持ってますが、使ってるカードを一社に絞っておりましたので使いたくはなかったんです。)

コード入力画面

すでに契約したユーザーさんからの情報だと、ギフトカードでの支払いも出来るという話でしたので、
支払先情報画面にある「コードを使うには、こちらをクリックしてください。」と言うところから、
コード入力画面に入るので、買って来たギフトカードのコードを入力したのですが、
入力し終わっても次に進むことが出来ず、結局元の支払先情報画面に戻ってしまい、
どうしてもクレジット情報を入力せざるを得ない感じですので、
これだと強制的にクレジット払いにさせられてしまうのではないかと、なかなか先に進むことが出来ませんでした。

結局、埒があかないので思い切ってクレジット情報を入力して次に進んだところ、
所有してたギフトカードの残高から優先的に支払われるようで、クレジット請求は0でした。

こういうことは先に言って欲しいと思うのは自分だけでしょうか?

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/07/06(日) 19:03:07|
  2. アプリケーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

250分の1

Author:250分の1
知ったかぶって書いてます。

物欲のつぶやき

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

こんなの参加してみました。
ポチっていただけると嬉しいです。

ブログランキング
順位は低いです。