物欲の小径

己が衝動に任せて買ったあんなものこんなもののプチレビュー

iPod SSD化計画 最終章 チャイナ品質に泣かされつつ、半テラPod完成!

iPodの前面部分が組み上がり、すでに復元と楽曲データは転送済みですので、
あとは裏蓋部分を組み付けて閉じたら完成するだけとなったのですが、
なかなかどうしてすんなりとはいかないのがこのブログのお約束です。

ヘッドホンジャックとロック部分

まずはこのヘッドホンとロックスイッチのケーブルをバックパネルに取り付けます。

プラ板流用

ヘッドホン端子部は組んだときにフィルム基板が充電池取り付けの際邪魔になるので、
基板の一部を90度に折り曲げて、透明なプラ板で固定されております。

購入したパーツにはもちろんそんな部品まで付いておりませんでしたので、
元々あったやつからプラ板だけ外して両面テープで固定。

ゴムの上げ底

ネジ止めされてたヘッドホンジャックを外すと、基板の下を支えているゴムの上げ底が出てきたので、
これも新しいパーツに移植します。

下歪み

そしてドックコネクタのカバー、これは購入しておりませんので、
元の部品を流用すべくネジを外して付け替えたところ、
写真の通りコネクタの下部分が歪んでしまってちゃんと取り付けできませんでした。

上歪み

バックパネルはAliExplessで注文したパチものが2つと、
日本のパーツショップに注文したのに在庫は抱えておらず、
ショップ側がオーストラリアに発注を掛け、
さらにシンガポールから発送されたこれまたパチもんのやつが1つの合計3つあります。

どれがどこからのものかはもう分からなくなりましたが、
もう1つのものにコネクタを取り付けてみると、今度は大きく上部が歪みます。

最後の1つに取り付けてみると、若干下部に歪みが出るものの、
それでもマシなので他の部品を組み付けようとすると、
今度はヘッドホンジャックを取り付ける部分が水平になってないといけないのに、
下を向いてネジが取り付けられません。

3つ仕入れて3つとも駄目!
恐るべしチャイナクオリティ!!


昔、iPodが出たての頃、ステンレス製のバックパネルの鏡面加工が出来るのは、
日本の小さな町工場だけだと聞いていたから、てっきり日本製だと思ってたのですが、
世代を重ねるにつれ、中国とかでも加工できるようになったのでしょうか、今じゃ中華製ばかり。
その中華クオリティに最後の最後に泣かされる羽目になろうとは・・・

養生

それでも最後にコネクタを留めたやつがまだマシでしたので、
イヤホンジャックをネジ止めする部分が下向いてるとこを慎重に曲げ起こし、
何とかネジ止め出来るようになったので、そのままロックスイッチもネジ止めしてから、
充電池を付属の両面テープで貼り付ける前に、再剥離する時にケーブルがくっついて断線しないよう、
適当なテープで養生しました。

電池接着

そして電池を貼り付けたらバックパネル部分の完成です。

シールドタイト

最後の仕上げはこのなんと言ったらいいんでしょう?
スポンジに金属メッシュのみたいなのが巻かれたやつ。

おそらく金属メッシュなのでただのクッションではなく導電性を兼ねたものだと思うのですが、
何という名称で何処で売られているのかもよく分かりません。

いろんなキーワードで調べたところ、ガスケットのJSTタイプというやつがまさにドンピシャで、
シールドやグランド目的で使用しているようです。
導電性のある両面テープが貼られてあるのもそれっぽいです。

ただ、何処にも売ってるとこが見つからなくて、
他にないかと思って調べると、似たようなものがミスミという販売会社で、
シールドタイト C-300-B-EMCという名称で売られているのを発見。

ただ、そこまでして手に入れてもなぁと思ったので、
元のiPodから引っぺがして張り直しました。

ヘッドホン接続

あとは前後のパーツを合わせる前に、ヘッドホンジャックのケーブルをメインボードのスロットに差し込んでロックし、

電源接続

電池のケーブルを底面のスロットに差し込んだら、配線は完了。

最終確認

最終的にちゃんと起動するかだけを確認した後、

できあがり

バチンバチンと前後のパネルをかみ合わせたら半テラPodが完成!

第3回目の記事に書いたのですが、iFlash-SATAが届いた時に同梱物の中に、
放熱シートが入っていたのですが、自分の組んだものはそれほど発熱もなかったですし、
貼ればバックパネルのケーブルに干渉してしまうので貼りませんでした。

仕上げにバックパネルの保護ビニールを剥がし、
いつものようにホイールと液晶窓には保護フィルムで保護しました。
(ホイールの外周あたりが汚れているのは保護フィルムが古い奴だったのか汚れが付いていたからです。)

保護

最後の最後にお得意のAliExpressで買っておいたクリアの保護ケースに収めます。
送料無料の1.94ドルという格安なお値段でした。


普通のブログなら1本、多くても2~3本の記事ですむはずのiPodのSSD化ネタ。
自分の場合、いろいろやらかしまくった結果、番外編あわせて10本という、
長すぎて誰も読まね~!という内容になってしまいました。

これにて完結となります。
ご精読ありがとうございました~!

などと言いつつ、コネクタが合わない時にまたしてもAliExpressに10個セットでネジとともに注文したのが、
今頃どんぶらこっこと日本に向かって来ているはずで・・・・


テーマ:Apple - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/02/20(土) 22:11:55|
  2. iPod改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

iPod SSD化計画 その8 iPodフレームとフロントパネルの接続

フロントパネルとフレーム

前回の話はなかったことにして、普通に組んでいきたいと思います。普通に。

メインボードとホイール、液晶を組んだフレームにフロントパネルをかぶせていきます。

液晶の窓と保護フィルムを剥がす

フロントパネルの液晶窓は外周をクッション製のあるテープで留められていて、
組付けの際に切れ目に沿って窓の部分のみ剥がすようになっております。

液晶パネルも保護シートで覆われています。
えいやっとそれぞれ剥がしてホコリが付かないうちにフレームにフロントパネルを合わせます。

フロント部分完成

そして左右4カ所にあるねじ穴をネジ止めすればフロント部が完成。

iFlash-SATA接続

そしてようやくの出番となった本命のiFlash-SATAを接続します。
ドライブ用のスロットはロック式になっているので、スロット上部のカバーを引き起こしておいて、
ケーブルをセットして、

スロットロック

引き起こしたカバーを倒してロックしたら接続完了。

電池接続

最後まで組む前に動作確認だけしておこうと思いますので、とりあえず電池だけ接続。

動作確認

すると復元のメッセージが出て、ここまでは上手くいったことが確認できました。

PC接続

この状態のままPCに接続。

復元

iTunesが立ち上がり、復元を促してくるので復元開始。

成功

1回目の復元は失敗と出るので、焦らずもう一度復元を欠けたら無事に・・・・・
って成功してるやんか~い!

認識

聞いてたのとは違って、何のトラブルもなく一発で復元成功し、
容量も476.52Gと表示され、大容量のiPod Classicとして認識されました。

そしてこのまま2万曲近くある楽曲の転送を開始します。

転送中、かなりの発熱を覚悟していたのですが、
まぁ、ちょっとだけ熱いかな?程度で触れなくなるほどの温度上昇はありませんでした。
iFlash-SATAの改良があったのか、それともトランセンドのSSDとの相性がよかったのか、
iFlash-SATAのコントローラーチップもトランセンドのフラッシュメモリも他所で言われるほどの発熱はなく、
何事もなく転送終了しました。

あとはバックパネルを装着し、完成させるだけなのですが、
そうは問屋が卸してくれないのが自分のブログのいつものパターンです。

〈含みを持たせつつ、次回に続く〉


テーマ:Apple - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/02/20(土) 09:42:10|
  2. iPod改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

iPod SSD化計画 番外編 iPod改造工作に失敗!

プロクソンミニルーター

iPodの話から逸れてしまうのですが、ミニルーター買いました。

ちょいと今後のためにiPodを加工しようと思い、
今まで持ってた安ルーターを引っ張り出して、電源入れたらすでにお亡くなりになってしまってました。

滅多に使いませんがあれば便利なミニルーター。
前々からもう少しパワーのあるちゃんとしたやつが欲しかったので、以前から目を付けていたルーターを購入。

プロクソンのMM50ツールセット。
Amazon価格で6934円でした。

ルーターで削る

iPodの外装はフロントパネルのくぼみにリアパネルの爪ががっちり食い込むことで留められていて、
これが左右4カ所、上1カ所、下2カ所の計11カ所で留められているので非常に開けにくくなっております。

替えの充電池が怪しい中国製と言うこともあって、
この先また交換とか必要になった場合、また苦労して開けるのだけは避けたいと考え、
だったら爪が引っかかるフロントパネルのくぼみの縁を削ってやればいいのではないかと思い立ち、
ミニルーターの出番となったわけです。

爪が引っかからないようにした

下段の加工前のフロントパネルと比べ、加工後の上段のパネルの状態が分かっていただけるかと思います。

で、結局爪が引っかからない状態だとゆるすぎてカパカパすぐ開いてしまうどころか、
まともに閉まらなくなってしまい、隙間が常に生じてしまう状態になるので、
やはり爪は必要なのかと諦めて普通の状態のパーツで組むことにしました。

はい、これでミニルータが無駄になってしまいました。
どうせミニルーターはちゃんとしたやつを買おうと思っていたので、決して無駄というわけではなく、
きっかけとして買った事に対して今回役に立たなかっただけで、いつか、また使うのは間違いないので、
決して無駄なんかじゃないやい!



いつか活用できる日を期待して・・・

テーマ:Apple - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/02/20(土) 09:32:54|
  2. iPod改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

iPod SSD化計画 その7 iPodのフレームを組む

フレーム

やっとこさフレームが届きました。
しかも5枚
どんだけパーツ所有したら気が済むねん!?と言わんばかりに各種保守パーツを複数手に入れ、
まるでiPodリペアセンターみたいな様相を呈しております。

たった一個のパーツを取り寄せるより複数セットの取り寄せのほうが断然お得だったりします。
しかも部品とは言え怪しい中華製品。
フロントパーツ取り寄せの回に書いたとおり、品質のばらつきが多いので、
一つだけ頼んでそれが不良品だった場合目も当てられません。

5枚セットで送料無料の12.33ドル。

メイン基板

結局最初に手に入れたiPod Classicも流用できるパーツがメイン基板とコネクタポートとネジくらいになってしまい、
ほとんど新規パーツで一から組み上げることになってしまってしまいました。
もう自作iPodと言ってもおかしくはないレベル。

ホイール接続

では組んでいきます。
まずは基板にホイールをつなぎます。
ホイールのケーブルを基板スロットに差し込み、
ケーブルの先端部に貼られた両面テープで固定します。

フレーム装着

次に基板をフレームにネジ止めして固定します。

液晶接続

次は液晶パネルの接続。
ここのケーブルはロック式ではなく力ずくでスロットに差し込む形式なのですが、
フレームが邪魔だったりケーブル自体が薄くて折れやすくなっているため、
ケーブルを破損させてしまう方も見受けられます。

ここは以前、ケーブルを外すときに紹介したタミヤのタミヤのNo.80 クラフトピンセットを用います。
ピン先が幅広で掴む面積が大きいため、ケーブルの根元全体を保持しつつ差し込むことが出来ます。


3/18訂正
ご来訪いただいた方からご指摘があり、
液晶の接続コネクタにもロックが存在し、わざわざピンセットでつまんでねじ込まなくていいことが判明!
HDD等のコネクタのように差し込み口手前が跳ね上がるのでは無く、
コネクタの奥側の黒いところを跳ね上げるようになっているとのこと。

ただもう自分のiPodは組んでしまった後で、確認のためにしんどい開腹作業は御免被りたいと思いますので、
このブログを参考にとお考えの人はご注意下さいませ。

バックシールド装着

しくじったのがバックシールドを先にフレームに取り付けず、パネルのケーブルをつないでから取り付けたため、
パネルをフレームに固定する出っ張りが引っかかって上手く組み込むことが出来ず、
少々液晶パネルが歪んでしまいました。

液晶確認

液晶が歪んだため、慌ててこの状態のままドックコネクタをつないで確認してみたところ、
今のところ上手く行ってるみたいで、液晶もきちんと表示されたので一安心しました。

いつものごとく長くなるので今回はここまで。
他所のブログだともっと簡潔にすんでるはずなのに、自分の場合は無駄な事ばかりしてて長引いてしまいます。
そんな不格好なブログですが、生暖かく見守っていただければ幸いでございます。

〈続く〉



本来はペーパークラフト用ですが、結構重宝しております。
-3/18訂正-
こんなの使わなくてもいけたのね~


テーマ:Apple - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/02/18(木) 19:16:52|
  2. iPod改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

iPod SSD化計画 その6 今度こそmSATAを・・・そしてまた

TS512GMSA370

前回間違えたm.2接続のSSDは速攻でオークションに出して、再び買い直す羽目になりました。
結局差額やらで普通に買うより8千円高く付いた計算。

マイクロンチップ

届いた現品を見ると、M.2版ではフラッシュメモリはSANDISKの刻印があったのですが、
mSATAではマイクロン製のようです。
キャッシュメモリがサムスン製のDDR3 4Gとなっています。
製品シールの下のコントローラーチップはトランセンド製とおぼしき刻印がちらりと見えてます。

挿入

恐る恐るi Flash-SATAのスロットに挿入すると、今度はソケットと端子が合致しました。

固定

このまま倒して固定させるのですが、パチンと上手くはまりません。
挿入時には斜めから差さないと端子の奥まで入らないのは言うまでも無いのですが、
SSDを固定する爪のバネが邪魔をして倒せないため、
固定の際には爪をペン先か何かで引き絞ってSSDの基板の後ろに出しながら倒さないとはまりません。

力任せに押し倒すと固定の爪が壊れるかもしれません。

フロントパネルのネジ

SSDの注文間違いでドタバタしてるうちに液晶他全てのパーツが揃ってしまいましたので、
早速バラしに掛かります。

まずはフレームとフロントパネルを留めている側面のネジを4つ外していきます。

フレームとフロントパネル

フロントパネルが外れました。

液晶のケーブル

この液晶のケーブルはHDDのものとは異なり、ストッパー式でなくそのままスロットに差し込まれています。
引き抜くのは簡単ですが、差し込むときにケーブルが折れたりすることが多いそうです。


3/18訂正
すみません、液晶のスロットにもロック機構がありました。
コネクタの奥側の黒い部分を跳ね上げるといいらしいです。
自分が見たいくつかのサイトでは全て、ここのスロットは直接差し込むようになってるから抜き差しは難しいって言ってたから・・・

はい、いかに自分が右から左に情報を流しているだけかがうかがい知れますね。ホント

No.80 クラフトピンセット

自分はペーパークラフトの製作用にタミヤのNo.80 クラフトピンセットというやつを持ってましたので、
これを使いたいと思います。


3/18訂正
だからこんなもんいらね~って事です。

つまみやすい

このピンセットは先が幅広くて長いため、広く均一につかむことが出来るので、
ペーパークラフトの折り目を付けたり、接着剤を塗ったのりしろの固定に大変役に立ちます。

このピンセットを使えばケーブル全体を均一につかめるため、
抜き差しの際にケーブルを痛めてしまうこともありません。


3/18訂正
あぁ、偉そうにつらつらと恥ずかしい!!
消してしまいたい!等と言いつつあえて残しておきます。

分離

分離しました。

形状比較

付いてた液晶はチップの保護のためか赤いセロハンみたいなのが貼られていたので、
新しい液晶に移し替えるため剥がしたのですが、どうもケーブル上のチップのパターンが違います。
一応、液晶は国内にショップを構えてるところから、i Pod Classic160G対応を確認して買ってますので、
大丈夫だとは思うのですが、またやらかしの気配がして少し不安。

ホイール

そして同時にホイール部分の分解。

ホイールのケーブル

ホイールのケーブルは両面テープで固定されているので慎重に剥がしてスロットから引っこ抜きます。

フレーム折れた

そしてフレームからメインボードを取り外します。
別に取り外さなくても換装は出来ますが、今回ちょっとフレームも加工したくて、
そのためにメインボードがあるとショートしたりするとまずいので全部バラしておくことにします。

メインボードはフレームと何か粘着性のあるもので全体的に貼り付けられているみたいで、
ゆっくり剥がしていきます。

バキッ
う~わ!
・・・はやる気持ちでホイールのセンターボタンのスイッチ脇にあるネジの存在を失念したまま剥がそうとしたので、
フレームのネジ止めしてあった部分がボッキリと折れてしまいました~!!

しかもフレームに歪みが出てしまってるし!

そんなわけで今度はフレームを中国から取り寄せ中。
結局、入手したi Podは使えるものがメインボードのみとなった次第。

なんだかんだでやらかしまくって、またしても相当な額をつぎ込んでいるi Pod SSD化計画。
これでメインボードもやられてた日にゃぁ・・・

〈続く〉

 

とほほほほ・・・・

ホント、ピンセット買わなくていいですから。

テーマ:Apple - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/02/03(水) 19:44:01|
  2. iPod改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

250分の1

Author:250分の1
知ったかぶって書いてます。

物欲のつぶやき

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

こんなの参加してみました。
ポチっていただけると嬉しいです。

ブログランキング
順位は低いです。