物欲の小径

己が衝動に任せて買ったあんなものこんなもののプチレビュー

MSI GTX 1060 GAMING X 6G 購入 その4 各種ベンチマークの結果

MSI GTX 1060 GAMING X 6G に搭載されているファンが、
高耐久性を誇るダブルボールベアリングではなく、コストを抑えるためにスリーブベアリングだったという、
メーカーの発表があり、若干ケチが付いてしまいましたが、
GPUはGTX1060なのは変わりませんし、ベアリングの違いが性能に差が出るとは考えにくいので、
このまま気にせず使用する事を前提にレビュー続けていきたいと思います。

ベアリング云々よりGTX970のVRAMに不具合をかかえたまま、
その不具合を仕様として現在までリリースを続けているNVIDIAの方が、
よっぽど問題だと思うのは自分だけなんでしょうか?

TimeSpy GTX1060

気を取り直してベンチマークの結果を載せたいと思います。
この日のためにSteamのセールの時に3D MARKの製品版を購入しておりました。

まずは最新版の3D MARKに実装されたTimeSpyの計測結果。
TimeSpyはDirectX 12対応の新しいグラフィックステストだそうです。

結果は写真をご覧の通り4250と出ました。
いちいち写真を掲載するとものすごい長さの記事になってしまうので割愛しますが、
N660GTX-Ti Twin Frozr IV PE OC(名称長いので、以後GTX1060やGTX660Tiと表記させていただきます)では、
ものすごくカクついたコマ送り状態で、結果も1754でした。

他所のサイトでGTX980の計測結果が4070でしたので、GTX1060は噂通りの上々な結果ではないでしょうか?

FireStrike GTX1060

DirectX 11対応のグラフィックステストのFireStrikeは11096でした。

これもGTX660Tiでは5650という結果で、GTX1060はほぼ倍くらいの差があります。
GTX980は11328というスコアとのことですので、GTX1060はかなり肉薄しております。

FireStrikeEX GTX1060

さらに2560×1440ドットのWQHDの解像度に対応したFireStrikeExtremeだと5897
(自分のモニタは2560×1440ドットではないのですが、WQHDでレンダリングした後、
 出力先のモニタにスケーリングされて出力されるので大丈夫だそうです。)

GTX660Tiだと2723と半分以下。
GTX980は5740とのことで、GTX1060が辛勝といったところ。

FireStrike Ultra GTX1060

4K対応のFireStrikeUltraでは3115
ちょ~っと苦しいかな?と思いきや、GTX980も3000というスコアなのでこれでも十分高性能なスコアなんでしょうね。

ちなみにGTX660Tiは計測不能でした。

SkyDiver GTX1060

同じDirectX 11対応のテストでもFireStrikeよりは軽めの負荷のSkyDriveは28555
これはGTX660Tiでも19054というスコア。

あとは端折ってしまいますが、
DirectX 10対応のCloudGateはGTX1060が27524でGTX660Tiは21424。
DirectX 9対応のIceStormはGTX1060が163783でGTX660Tiは158448。
などなど、ここら辺になるとあまり差異が見られなくなってきます。

ホントにねぇ、GTX660Tiも出た時は圧倒的な高性能とか言われてもてはやされていたんですよ。
なんでこうグラボの世界は目に見えて廃れるのが早いかなぁと思いますよ。
きっと来年の今頃あたりにはGTX1060も・・・

FF GTX1060

別のベンチマークを試したいと思います。
ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルドベンチマークで、
DirectX 11対応の解像度を1920×1080ドットで、全てを最高設定にした上での計測。
GTX1060は13216という結果で、GTX980の12421というスコアと比較すると、
やはりGTX1060は980相当の性能というのもメーカーの過言ではないのかなぁと思います。

ちなみにGTX660Tiでは6284で、「非常に」とは行かないまでも「とても快適」と出ました。

高負荷時にふおぉ~んと爆音がしていたGTX660Tiに対し、かなり静かなGTX1060。
Twin FrozrもIVからⅥになったのと消費電力も190Wから120Wとなったおかげでしょうか、
ちょくちょくやってるパズルゲームのThe Talos Principleも静かにゲームが出来るようになりました。

SteamVR GTX1060

そして何より今回グラボを交換して胸が晴れたのがこれ。
VRレディ
いやったぁ~っ!!

さぁ~て、あとはPlayStationVRを待つかぁ。
って、おい!



つい先日まで1万円暴騰したのにまた下がって、相変わらず価格安定しないやつ。



手に入りにくいことをいいことに、早速76500円で出品されてます。
ふざけんなぁ!


テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/08/15(月) 19:51:01|
  2. PCIカード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MSI GTX 1060 GAMING X 6G 購入 その3 MSI社ビデオカード新旧比較

2012にGTX660Tiのビデオカードを買ってから4年の間に、
GeForceも600番台から700、900、1000番台と毎年律儀に更新されております。

今回4世代ぶりに購入したGTX1060も前回買ったものと同じMSI社製で、
同じTwin Frozrという冷却システムを持つゲーミングビデオカードという位置づけの製品。
(MSIってマザーにしてもやたらめったらゲーミングって呼称を付けるのが好きなメーカーですよね?
 ゲーミングと言っとけばなんかちょっと高性能な感じがするから付けとけって言う安易な考えでなければいいのですが・・・)
新旧製品をとりあえず並べて見比べてみます。

GTX660Tiと比較

上がGTX 1060 GAMING X 6Gで、下がN660GTX-Ti Twin Frozr IV PE OC。

重ねての比較

重ねてみると大きさが一目瞭然。

裏比較

裏なんかも当時はまだ基板剥き出しだったものが、分厚いプレートで覆われております。

そのプレートのおかげで重量もかなり増しており、N660GTX-Ti Twin Frozr IV PE OCで715gだったものが、
GTX 1060 GAMING X 6Gではなんと1017gと1kgオーバーしております!

厚み比較

厚みも鉄っちんでフラットな造りのファンカバーから発光ギミックが搭載されたデザイン性の高いプラ製のカバーになったのと、
ファンそのものの大型化で厚みも分厚くなっております。

装着

眺めてばかりじゃ意味が無いので、PCに装着する事にします。
1㎏オーバーのカードをスロットとブラケットだけで支えるのは若干不安ですが、
先に作った8ピンコネクタのスリーブケーブルを差し、
電源を入れるとサイドにあるMSIのロゴとツインファンの右側周辺の赤いクリアパーツで出来たラインが明るく光ります。

しかし、光っているから通電してるのが確認出来るわけで、
負荷が掛からない状態だとファンがちっとも回らないので死んだように静かです。

ロゴだけが色が変わる

ドライバやメーカー製ソフト一式をインストール。

MSI Gaming APPというソフトにてオーバークロックやLEDの色が変更出来るというので、
せめてLEDだけは青色に変更しようと思ったのですが、
変更出来る箇所は上面のMSIのロゴのみで、ファン周りは赤いまんまで変更不可。

元々の光る部分が赤いクリア素材なので、そこが青く光ったりなんてするはず無いとは薄々気がついていましたが、
ちょっと期待してしまってた部分もあったので残念です。

どっちにしてもサイドパネルを閉じたら色も光りも見えないのでどうでもいい話ですが・・・



急に値上がりし始めました。
安定供給にはまだ遠いかと思われます。


テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/08/12(金) 22:15:22|
  2. PCIカード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

MSI GTX 1060 GAMING X 6G 購入 その2 やっと中身のレビューですの巻

本体

ようやく中身について触れたいと思います。

アッパークラスとは言えミドルレンジグラボのくせにクソ重いです。
ぱっと見、
仮面ライダーの変身ベルトかよ!
ってな感じです。
回る!光る!ダブルタイフーン!!
仮面ライダーGTX!
これでStand by readyなどとしゃべり出したらもうそっち系のガジェットなんですが、
あくまでもこれはグラフィックカード。

今思いついたのですが、どこかのメーカーさん、バンダイと組んで変身ベルトデザインのビデオカード出してくれませんか?
そしたら自分はバカだな~と笑うだけですが・・・

コネクタにカバー

ちょいとパッケージの重厚さに当てられて、テンションがおかしくなってしまいました。
申し訳ございません。m(_ _)m

フロントに赤いパーツを使ってたり、コネクタの保護パーツも赤だったり、
今のMSIは赤がイメージカラーなんでしょうか?

N660GTX-Ti Twin Frozr IV PE OCの頃は青だったし、マザーのASRock Z97 Extreme6も青なので、
スリーブケーブルも青にして統一感があったのに、ちょっと残念な気がします。

上

上から見たとこです。
ご存じの通り、MSI社のカードに限らずGTX1060搭載のグラボにはSLIコネクタがありません。

自分は2枚差しなんかする気も無く、
SLI化するのでしたらワンランク上の欲しいと思うので、無くてもぜんぜん構いません。

裏

裏面は真っ黒な金属製プレートで覆われております。
これのおかげで重量がかさ増しされてて、マザーのスロットに装着して重みでおかしな事にならないかが心配です。
最近のマザーはPCIスロットのコネクタが金属で補強されたのが出だしたのも、
このグラボを見るとむべなるかなと言う感じです。

バックプレートはノイズ対策かなと考えたりするのですが、
メーカーのサイト曰く、
強力なグラフィックスカードにはその性能を発揮するための強力な構造が必要です。
MSI GAMING Xグラフィックスカードには、強靭な硬質の金属製背面プレートが似合います。
マット加工の黒い塗装仕上げはTWIN FROZR VIのデザインを際立たせています。

としか書かれておらず、どうも格好だけのような気がしてなりません。

側面アップ

側面から見ると何層もの分厚い金属で基板が挟み込まれているのがよく分かります。

コネクタ部

コネクタ部はDVI-DとHDMI端子が各1つ、ディスプレイポートが3つの構成。
自分のモニタは今は亡き三菱のRDT241WEXで、ディスプレイポートはおろかHDMI端子もないので、
DVI-D端子での接続になります。
そろそろモニタも買い換える時期になってきているのかも知れません。

DVI-D端子

そのDVI-D端子も金属カバーでがっちり守られています。
他の端子は基板直付けの剥き出しなのに・・・

ファン

ファンはTWIN FROZR ⅥになってN660GTX-Ti Twin Frozr IV PE OCの頃と比べてだいぶ大型のものになっております。

羽根の形状

このように通常の羽根とひん曲がった羽根が交互に配置されたトルクスファン2.0というやつが採用され、
風圧が22%向上しているらしいです。

ファンと言えば、N660GTX-Ti Twin Frozr IV PE OCは、
起動時にファンが逆回転してホコリを吹き飛ばすのが売りのひとつだったような気がしますが、
今回の製品には搭載されているのでしょうか?
メーカーサイトには何も記述がないので逆回転はしないと言うことでしょうか?

以上、本体をぐるっと見てみた換装はこれにて終了いたします。
あとはN660GTX-Ti Twin Frozr IV PE OCとの比較と装着についての記事や、
各種ベンチマークの結果の記事が続きます。

久方ぶりのまともなパーツネタということで、引っ張ろうとする魂胆が見え見えですが、
なにとぞおつきあい願います。



とりあえず貼るやつがこれしか無いという・・・


テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/08/08(月) 18:46:08|
  2. PCIカード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MSI GTX 1060 GAMING X 6G 購入 その1 箱のレビューで終わるの巻

7月19日にGTX1060搭載のグラフィックカードが発売され、自分もすぐに手に入れようと思っておりましたが、
なかなか安定供給に至らず、売られていてもプレミア価格で人の足下を見たぼったくり価格だったりして、
なかなか手に入れることが出来ませんでした。

つい先週、Amazonで1ヶ月待ちだった商品が即納で売られていたのをすかさずポチり、
無事購入の流れとなりました。

いやぁ~、待ってる間GTX1070のグラボに傾きかけていたのですが、
世代交代の激しいグラボ、ここでハイエンドに手を出してしまったら、次買う時もハイエンドでないとという、
悪循環になってしまいかねないので、おとなしくアッパーミドルに押さえておくことにしましたよ。

外箱

Amazonより37850円にて購入。

冷静に考えたらこの値段って前回買ったN660GTX-Ti Twin Frozr IV PE OCは26723円なので、
世代は違えど同じ60番台のGeForceアッパーミドルなのに1万円もお高くなってる。

しかし、N660GTX-Ti Twin Frozr IV PE OCっていつ買ったのやら・・・うおぉ、2012年の11月!!
もう4年もグラボ更新してなかったさ!

外箱表面

まず箱の質感が良すぎ!
地はサラサラな手触りで写真やロゴなどの部分がツルッツルなビニールを貼ったかのような加工が施されております。
日本語で書かれていないとこを見ると、世界共通のパッケージなのだと思いますが、
それでもパッケージ代もバカにならないと思いますので、もう少し簡素なものにしていただいて、
お値段の方を勉強していただけたらと思うのですが・・・

中箱

さらに箱を開けたら更に中箱が出てきましたよ!

だからさぁ、なんでこぉ無駄に豪華なパッケージにするかなぁ?
PCパーツなのよ?
ミドルレンジのグラボなのよ?
中箱なんて玉子のトレーに使うような紙質と同じやつで充分じゃん?
それどころか静電気防止フィルムに入った状態のやつがそのまま入ってても充分じゃん?

中箱オープン

はい、中箱開けたらGTX1060様が発泡素材に包まれて鎮座ましましてござ~い!
もぉお前ら日本のお中元か?って位な過剰パッケージ!

中箱の蓋の中

それでもって中箱の蓋がケースになってて、
ドライバソフトや説明書などが入ってございます~。

説明書

もう箱でメーカーの気力が尽きたようです。
説明書はぺらぺらの一枚紙にずら~~っと各国言語で簡単に書き連ねただけのものが入ってるだけ。

ステッカー

内容物のチープさをますます増幅させるかのようなステッカーが一枚。
こんなの何処に貼れと?

パッケージ開ける段階でツッコミどころ満載なため、
ツッコミ疲れがするのでいったん話は切り上げます。

続きます。



まだ値段がこなれていないので、Amazonでも充分安いです。


テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/08/07(日) 18:10:11|
  2. PCIカード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GeForce GTX1060が欲しい!

グラフィックカードってやつはなんでこうも陳腐化するスピードが速いんでしょうか?

購入時点ではそれなりの性能が見込めてたはずのビデオカードを選んだのに、
ベンチマークもそれなりの数値が出てニマニマとほくそ笑んでいたのに、
すぐに新しい効果だの、新しいバージョンのDirectXだのが出て、
それに対応したベンチマークソフトで計ったら、なんじゃこれ?っていう低い数値が出て、
そんな落胆する自分を尻目に毎年毎年新たなグラフィックカードが発売され、
たった4年で当時そこそこの性能だったはずのGTX660Tiも、
ベンチマークのランキングからも消し飛んでしまってるという悲しい現実。

今じゃVRベンチでさえお呼びでないと鼻で笑われるかのようにひっかかりもしない低性能。
ギギギくやしいのうくやしいのう

GTX980など買えるわけもなく、
かといってGTX970はメモリにバグがあって、結局NVIDIAはバグを根本的に修正する事もなく、
単に公称の搭載メモリを4Gから3Gと言い換えただけの代物で、
そんなケチの付いたものなぞ買う気も起こらんわ!
ってな感じで、どうせVRも本格普及するまでに新しいグラフィックチップに切り替わるに違いないので、
それまで傍観することにしました。

そして6月。
NVIDIAから新たにGTX1080と1070が発表され、各メーカーから発売されたのですが、
それぞれ10万と6万という価格帯はさすがに手が出ません。
せめてGTX1070が5万円を切る価格だったら買っていたのに。

などと考えていたら、もしかしたら旧ハイエンドとなってしまったGTX980なら、
値段も下がってお買い得になってるんじゃなかろうか!と気付いて検索したところ、
案の定5万を切って4万6千とか9千の値段まで落ちていて、
別に一つ前のやつでもハイエンドと呼ばれる機種を買うのも悪くない。
よ~し、買っちゃうか!

などと思って何処で買おうか迷っているうち、
いや、それでもGTX1070と5、6千円の差か、
メモリもGTX1070だと倍の8Gあるし、やっぱり買うならこっちかなぁ・・・
と考えてしまい、どうにも踏ん切りが付かなくなってしまいました。

そんな中、7月に入ってGTX1060が発表され、
低価格かつ、低消費電力なのに、
GTX980並みの性能を誇る
と書いてあった日にゃ、あなた、
待つっきゃないでしょう!

てなわけで、7月19日。
発売され次第、手に入るならば手に入れたいと思っております!


しかし、この間にRadeon RX 480も出てるんですが、
ちょっと性能もVR的にギリっていうか、なんか微妙な位置づけで、
あんまり欲しいなぁとは思いませんでした。

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/07/17(日) 21:38:24|
  2. PCIカード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

250分の1

Author:250分の1
知ったかぶって書いてます。

物欲のつぶやき

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

こんなの参加してみました。
ポチっていただけると嬉しいです。

ブログランキング
順位は低いです。