物欲の小径

己が衝動に任せて買ったあんなものこんなもののプチレビュー

コンデジ熱再び!

現在愛用しているコンデジはキヤノンPower Shot S110です。
普段使いのカメラとして、ポッケやカバンに入れて持ち歩いたりして大活躍しております。

このブログの写真もS110で撮っております。

そのS110ももう2年の間、使用しているのですが、最初はケースを買って付けていたものの、
ハンドリングの良さを求めてゴム製グリップを貼り付けてからは、裸のまま持ち歩きすることが多く、
今では外装も結構擦れとかでくたびれた感あふれる状態で、
ボタンも触る頻度が高い所は文字がかすれてきております。
(こういう使用頻度が高い部分の文字は印刷では無く、溝彫りで塗料を流し込んでくれてたらありがたいのですが、
 コスト面でそういうわけにもいかなかったんでしょうね?)

で、いつものようにそろそろ買い換えか?などと思ってくるわけでして・・・
候補としては同じキヤノンのPower Shot G7XかソニーのDSC-RX100シリーズになってきます。
G7Xからは1インチサイズセンサーになり、画質面ではRX100に見劣りする部分が無くなったわけで、
画質のRX100か操作性のPowerShotかで悩む必要が無くなりました(個人的にですよ、あくまで)。

そうなると、相も変わらず近接撮影に弱く、液晶もタッチパネル式では無いRX100は今回早々に候補から外れる事になりました。
もうね、このブログ見て分かるとおりブツ撮りが多い自分としては近接撮影は大事なんです。
しかもピント位置を液晶でタッチして決定できる便利さに慣れてしまうと、
ボタン操作でフォーカスフレームを移動させるなんて考えられなくなってしまっております。

同じキヤノンのG1Xとかならもっと高画質でいいんじゃね?と思われますが、
自分的に気軽に持ち歩けるサイズを考えたら、G7Xが限界だと思うのです。

そういうわけで今回はカメラや家電の量販店にデモ機を触りに行くこと無く、
機種が難なく決まったかと思いきや、意外な伏兵が現れました。

PowerShot G5X G9X
とは言え、EVF内蔵でより一眼デジカメに近いスタイルになったG5Xは、
持ち歩きの良さからは大きく離れてしまってますので、自分的には無しです。
RX100Ⅲの時も思ったのですが、コンデジにEVFは自分はいらないです。
自分はコンデジにはパッと取り出してチャッチャと撮るといった軽快さを求めてます。
絵作りに取り組みたいときは一眼がありますので、EVF付きのコンデジには興味がありません。

むしろ検討したいのがG9Xの方です。
G7Xと比べてよりコンパクトになっていて、可搬性を考えたらこちらの方が魅力的です。
G7Xと比べて液晶モニタは固定式のようですが、別にS110でも固定で不自由しませんでしたので問題はありませんし、
本体上部に露出補正ダイヤルが無くなってますが、これはレンズ周りにあるコントロールダイヤルに設定すれば、
S110と同じように使えますので違和感もありません。
むしろ本体上部に露出補正ダイヤルを備えたG7Xだと、逆にコントロールダイヤルを何に使おうかと悩んでおりましたので、
好都合かも知れません。

G9Xの実機を触ってみたいなぁと思っていたところ、
よくよく調べてみたらG9Xの背面はコンパクト化の犠牲のためか、
4つのボタンしか無く、ダイヤルも十字キーも無くなっております。
特に、自分にとって露出補正の次によく使うマクロの切り替えのボタンが無いというのが致命的で、
せっかくコンパクトになっても使い勝手が犠牲になってしまうのはなぁというわけで、
やはり買うならG7Xと思うのでした。
(ズーム域とかレンズの明るさは、コンデジにおいてあまり気にしません。)

などと先週の時点では考えていたのですが・・・

  

しかし、なんで一気に3、5、7、9と4機種に?


テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2015/10/20(火) 17:44:09|
  2. コンパクトデジカメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PowerShot S110用ケースを探す

G9ケース

PowerShot G9をメインのコンデジとして使っていた時、
キヤノンのショッピングサイト限定のソフトケースを購入し、
外に持ち出す時はたいがいこれに入れて出ておりました。

これを付けると三脚穴にネジ止めして固定するため、
バッテリーやSDカードへのアクセス性は劣るようになりますが、
本体への傷はしっかりガードされ、カバンや車に無造作に放り込んでいたにもかかわらず、
綺麗な状態のまま現在親父に受け継がれて行きました。

S110も同じようなケースが欲しいと思って探すのですが、
同様のケースは存在はしていたのですが、限定生産のため今は入手出来なくなっておりました。

代わりにPSC-2950というソフトケースが売られていますが、
ぱっと見た感じ、付けたままだと背面の液晶を見ることが出来ないため、
付けたままの撮影は出来そうもありません。

この際純正でなくてもと探したところ、やっぱりありました。
中国製のものですが・・・

S100ケース

ヤフオクで「S110 ケース」とか(これだとヒット数が少ないので)「S100 ケース」とかで検索すれば出てきます。
値段も1000円切る価格から5000円のぼったくり価格まで。
デザインも大体は同じなのですが、よく見ると細かな違いがあります。
あるはずもない「メーカー海外向け純正品」を謳い、「Canon」とか「PowerShot」とか刻印があるやつ、
ケース脇にストラップ取り付け用の金具があるやつ(金具位置もバラバラです)、金具がないやつ等々。

自分が選んだのは、これ見よがしに純正っぽい刻印が入って無いもの、
値段が手頃で、日本でいったん仕入れた後、ボタンなどの留め具のゆるみを点検、カシメ直したというやつを選びました。

お値段1780円、即決です。

二つ並べたところ

「純正」ケースに入ったG9と並べたところ。
やはり最初に出たメーカー限定のものが欲しかったですが、安く手に入ったので文句は言いますまい。

下部分だけでもいけます

下のカバーだけでもメーカーのソフトケースPSC-S1みたいに使えます。
三脚ネジで留めるタイプですので、充電池やSDカードのアクセスは悪くなりますが、
幸い自分はPCとの無線接続に成功しましたので、このまんまでも大丈夫です。
(無線接続は恐ろしく電池を消耗するので、結局は電池を頻繁に出し入れしなければならず、本末転倒という話もなきにしもあらずですが・・・)

大きい隙間

ちょいとケースと本体の隙間が大きいのはご愛敬ということで。

大きく開く

あと純正のG9ケースは上部カバーを付けたまま、大きくくるりと下に回せますので、
装着したまま撮影可能ですが、

開かない

自分が買ったケースは大きく開くことが出来ませんので、
撮影時には上部カバーを取っ払うことになります。
幸い、ボタンが緩いので、力をかけずに外せますが・・・

とりあえず、これで出先でラフに扱う事があってもそうそう傷が付くことは無いでしょう。


 


代替充電池で有名なロワジャパンからも出てますね。
ただ、レンズにあたる部分に四角い刻印があるのが気に入りません。
ストラップ金具も無いですが、値段だけはそこそこ安いです。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2013/04/14(日) 08:50:19|
  2. コンパクトデジカメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Powerhot S110 レビューその2 (PCとの接続にも成功したよ!編)

では続きです。

自分が買ったのはご存じの通り黒です。
S95の時のシルバーと同じ色合いならシルバーにしたかったのですが、
S110のものはちょっと違ってる感じでしたので無難に黒にします。
白は傷が付きやすそうで、気軽に持ち歩けなくなりそうでしたので却下。
しかし、黒のざらざらした表面は繊維のようなホコリを引っかけやすく、結構目立ちます。
もう少しざらつきのツブが大きくてホコリが引っかからなければいいのにと思います。

シャッター周り

シャッター周りです。
モードダイヤルの周りはダイヤカットの金属製ですが、文字のある天板はシールです。
出来れば彫り込んで塗料を流し込んだ文字だったらなぁと思いますが、
コスト的に仕方ないのかも知れません。
ちょっとダイヤルの位置が高すぎてシャッターボタンに指をかける時邪魔になります。
ダイヤル自体はしっかりしたクリック感がありますので、不用意に回ることはないのですが、
普段、シャッターは指を立てずボディに沿うそうにしながらシャッターボタンに指を置き、
指の腹でじんわりボタンを押し込むといった一眼でぶれない撮り方に慣れているため、
シャッターの半押しの感覚が最初つかみ難かったです。
電源ボタンも誤作動防止のためか小さくフラットな形状ですが、押しにくいです。

ストロボ

気をつけたいのがストロボの開閉が電動だと言うことです。
メニューにてフラッシュの発光を選択する時、発光にあわせようものなら、
とたんにせり上がってきます。
この時下手に指がかかってたりすると完全にせり上がらず、エラーが出て電源の再投入を求めてきますので、
ストロボ選択の際には指が当たらないようくれぐれも注意して下さい。
全自動ですので指で押し込んではいけません。

背面ボタン

背面の操作部分です。
ボタンもホイールもしっかりしてて操作感はいいです。
指のかかるグリップ部はプラスチックですのでそれなりに滑ります。

このグリップ部の目の粗い表面加工を本体に施してくれたらホコリの引っかかりも少なくてすんだと思うのですが、いかがなものでしょう?

コントロールリング

S110の売りの一つ、コントロールリングです。
これのおかげで操作性が何倍も上がっております!
私は露出補正をこのコントロールリングに当てておりますが、
おかげで今までどんなデジカメも露出補正ボタンを押して、
プラスマイナスをボタンで操作するといった最短でも2ステップ掛かっていたのが、
リングをカチカチまわすだけの1ステップで変更出来るのが非常に便利です!

たしかに前機種と比べてダイヤカットの溝加工は指に当たると少々痛いかもとは思います。
さらにもう少しクリック感を弱めてくれた方が個人的にはいいなぁと思います。
(RX100みたいななめらかなのも違うと感じてはおりますが。)
しかし、この操作性の向上に比べたら些細なもんです。
コントロールリング万歳です。

タッチパネル

あと、液晶がタッチパネルセンサーになった所がいいです。
スリム型のコンデジにありがちな背面が全部タッチパネル液晶で、
操作の全てをタッチ操作でしなければならないやつは絶対駄目なんですが、
補助的に使うものに関してはありです。
コンデジのAFって思ったとこに合従させるのが結構難しくて、
ど真ん中に固定しておいてフォーカスしたい部分に向けて合従させてから思った構図にカメラを振るとか、
あるいは思ったところに合掌するまで何度もシャッターボタンの半押しを繰り返すのが主だったのですが、
S110だと、タッチしてフォーカス位置を選択するように設定すると、
(タッチしただけでシャッターが切れるようにも出来ますが自分はそれは使いません。)
カメラを振ったり何度もシャッターボタンを押すことなく一発で決められるので、
前述のコントロールリングに割り当てた露出補正と相まって、即写性がかなり向上し、
今まで以上に気軽な撮影が行えます。
あらためて軽快な撮影というものはボディのコンパクトさではなく、機能があってこそだと思い知らされます。

レンズ部分

レンズも暗いとか言われる割にはしっかりしてると思います。
絞りも最小がf8までなので、どうせ絞り羽根など使っていないと思いきや、
ちゃんとレンズの内部で絞り羽根が動いているのが確認できます。

ブレもシフトブレ補正もしてくれるようですので、テレ側の暗さもカバーできると期待してます。

横水準器

水準器は水平方向の傾きしか検知しませんが、

縦水準器

縦位置にするとちゃんと縦方向の水平の傾きも検知してくれます。

カメラの機能自体は満足しております。
作例とかは出すほどの腕はありませんし、出すほど優れた画質でもなく、
まぁ、今後このブログに載せる写真はS110を使って撮ったものだとお考えいただけたらと思います。


で、あれだけつながらなかったPCとのWi-Fi接続ですが、
この記事を書いている途中、試してみたらあっさり認識することが出来ました。

接続先の選択

アクセスポイントとしてバッファローの無線LAN機器までは認識するのですが、
そこから先の接続先の選択で接続PCの検索の段階でどうしてもPCが「?」としか出なくて、
これを選択していくら待っても「接続に失敗しました」と出るので、
てっきり認識しないものとばかり考えていたのですが、

ントロールパネル

カメラ側で前述の接続先のPCとおぼしき「?」を選択してカメラが接続開始を試みている間、
PC側のコントロールパネルの「デバイスとプリンタ」(Windows7での場合です)を開いて、
デバイスの追加をクリックすると、PowerShot S110が出てきますので、
これを選択すると勝手にドライバがインストールされ、
以後は写真のようにアイコンと共にPowerShot S110が認識されるようになりました。
(ちなみに写真はすでに認識済みのものですのでアイコンが出ております。)

こんなん説明書に載ってね~し!
こっちは無線LAN機器が悪いのか、コンピューターの設定が悪いのか、
はたまたノートン先生がブロックしているのか散々試して悩んで苦労したというのに、
コントロールパネルいじっただけでいけるなんて思いもしませんでした。
説明書にはPCの設定でコントロールパネルからネットワークと共有センターの詳細設定をいじるとか、
小難しいこと書いておきながら、デバイスの追加とかに関しては載っていないというのはどういうことでしょう?

あっさりと認識

あとはキヤノンのソフトウェア上からカメラ内の画像をPCに取り込むことができるようになります。

以後接続すれば認識されます

などと、てっきりキヤノンのソフトウェア上でからしかデータの転送が出来ないものだと思っていたら、
これがあなた、カメラ側で接続を試みると、「コンピューター」上にデバイスとして出るじゃあ~りませんか!
(しかしながら接続にはちょっとイラッとくる程度に時間が掛かります。しかも待たせた挙げ句、たまに接続失敗しますし!)

カメラ内の画像にアクセス

つながってしまえばこの通り、メモリカードみたいに直接S110内の画像にアクセス出来て、
ドラッグドロップで画像をやりとりできるようになりましたよ!

Wi-Fiなんてなくてもいいやと思っておりましたが、
使えるようになるとこれほど便利とは思いませんでした!
直でデータのやりとりが出来ると分かれば、キヤノンのソフト要りません。
余計なソフト入れておきたくないのでアンインストールします。

最後にiPadやWebの接続はごく普通に何も問題はありませんでした。
まだプリンタにはつながっておりません。
プリンタ側からは接続確認は出来るのですが、カメラからプリンタを認識出来てません。
この辺は追々進めていくとしましょう。

RX100やCOOLPIX Aなど、大きいセンサーサイズのコンデジが出てきて、
ちょっと影の薄くなった感じがしますが、操作系などの使いやすさ、
対応する撮影シーンの幅広さでは群を抜いていると思います。
まぁ、その優等生っぷりに面白味がないと言うのが本音ですが、
日常用のカメラとして使い勝手の良いものをお探しでしたら、
下手なスリム型や機能を絞りまくってかえって使いにくいカメラを買うより、
断然お勧めできるカメラだと思います。



今なら5000円キャッシュバックもありますしね!
すでに終了しておりますのであしからず。




テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/31(日) 21:50:13|
  2. コンパクトデジカメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Powerhot S110 レビューその1

PowerShot S110かサイバーショットのRX100かと買う前はあれほど騒いでいたくせに、
S110買ったとたんぱったりと更新が途絶えてしまい、誠に申し訳ありません。

これもS110のWi-FiがPCとつながらないが故でございます。
あれから何度もチャレンジしているのですが、
バッファローの無線LAN機まではアクセスポイントとして認識するのですが、
肝心なPCはカメラ側からなぜか「?」としてしか表示されません。
結果としてPCとの接続は出来ずに現在まで至っております故に、
セットアップが完全でない状態でレビュー書くのも気が引けておりました。

もう、この際Wi-Fi機能については諦めて、カメラとしてのS110のレビューをさせていただこうと思います。

中身

まずはいつものように外観から入っていきます。
パッと開けたらこんな感じ。
パナのXS1の時もそうなんですが、最近のコンデジは購入時に液晶にビニールは貼られていないのでしょうか?

出してホコリが付く前に、保護好き人間お約束の液晶保護フィルムを貼り付けたいと思います。
このたびのメーカーはエツミのやつです。
単にキタムラではこれしか置いて無かったと言うだけで、特にこだわりとかございません。

ハクバの保護フィルム

貼ってみて思ったのですが、エツミは貼りやすさを重視しているのか、
縦横それぞれ2㎜ほど小さくて、丁度1㎜くらい液晶のパネルが保護されません。
エツミだけがそうなのか、他社のものもそうなのかは分かりませんが、
もう少し大きくカットして欲しい所です。

それといつも思うのですが、メーカーは液晶が何インチとか言う表記だけでなく、
液晶を覆うパネル部分の実寸法もどこかに表記してくれないかなぁと。
新商品やマイナー機で専用の保護フィルムが見つからない時、
実寸法が分かれば近いものを見つけてきたり出来るのにといつも思います。
ちなみにS110はノギスで測ったら縦51mm、横69.5mmでした。

さて、液晶保護はとりあえず出来ましたので、本題に移ります。

三機種比較

自分の所有するキヤノンのコンデジPowerShot G9、S110とIXY3です。
IXY3とまではいかないものの、G9よりは遙かにコンパクトです。

充電池

まずは充電しないといけないのですが、
やはり充電器が付いていてくれるとうれしいです。
本体USBにつないでの充電は本体のコネクタカバーがへたりそうですし、
予備の電池など充電させる際も便利です。

白芝

記録メディアは白芝(海外向け東芝製)の16Gが余ってたのでこれを使います。
クラス10の16Gです。

白芝ベンチ

USB3.0接続のカードリーダーのベンチはこんな感じ。

スロット

自分は電池とカードの出し入れはスロットで十分です。
S110ともなってくるとスロットのフタもしっかりしてますし、
コネクタカバーよりははるかに耐久性がありそうです。

コネクタ

本体側面のコネクタカバーです。
HDMIコネクタとデータ転送用のUSBコネクタです。
こちらのUSBコネクタでは充電は出来ません。

長くなりましたので今回はこの辺で。
本体の操作に関しては次回。

<続く>



最近また下がってきました。



ハクバの方がよかったかも?



安心の東芝。
以前はSLCでしたが今はMLCチップです。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/31(日) 20:35:29|
  2. コンパクトデジカメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

結局PowerShot S110にしました

S110買いました
PowerShot S110買いました。
はい、そこ、なんだよ~とガッカリしない!

ソニーのサイバーショットRX100と比較検討すること一週間。
メーカーサイトを見比べては悩み、カタログ眺めては悩み、
メーカーサイトで説明書を入手して読んでは悩み、
店頭で現品を触っては悩みとこれほど購入に迷ったのはひさしぶりです。

今までのパターンなら迷った挙げ句に(買える範囲の)高価な方を選択するのですが、今度はそうもいきません。
前から語っているとおり、RX100は自分の撮影目的に合わないのです。
だったらS110でいいじゃないか、とっとと買えば?と思われる事でしょう。
しかしRX100とS110を比較したらかなりの人がRX100を選択すると思われ、
なんかS110だと負けたような気がしてならないのです。(既存ユーザー様ごめんなさい)
ソニーの製品はアフターサポートにかなりの不満を抱いている点を考慮してもなお、
RX100はなんだかコンデジの王者としてまぶしく目に映るのです。

私の撮影目的とか機材の扱いに照らし合わせての私的感想ですが、
RX100の欠点と言えば、
・近接撮影が苦手すぎる
 これがワイド端以外でもある程度の近接撮影が出来たら間違いなくRX100でした。
・充電器がない
 要らないという人、むしろこっちの方がいいという人、意見は様々ですが、
 自分は無いと困る方で、充電器のためにさらに5000円近い出費がかさみます。
・案外AFが弱い
 特にワイド端での近接時に迷いやすいように感じました。
 任意の場所にフォーカスさせるフレキシブルスポットAFの使い勝手もいまいち煩雑。
・重厚なくせに塗膜が弱い
 1インチセンサーにf1.8の明るいツァイスレンズ搭載のおかげかレンズの径や繰り出す量が大きく、
 部屋に置きっぱなしにして、さて買ってきた商品の写真を撮ろうという気軽さに欠けるような気がします。
 そのくせ塗膜が弱いみたいで、店頭に並んだ現品はレンズ周りのコントロールリングは結構塗装が剥げてます。
 対するS110はそういうのは見当たりませんでした。

などなど欠点はあるものの、どうにかその欠点を克服できないかと、
説明書を読んで店に行って試し、操作で疑問に思うことがあれば店に行き、
何度も店に行って触り倒して延べ4~5時間、
今じゃ自分の家の周辺のカメラ屋や家電量販店に置いてあるRX100は
自分仕様にカスタマイズ設定されているという何とも迷惑な事になってしまっておりますことを、
いまここでお詫び申し上げておきます。

反対にS110の欠点と言えば、
センサーサイズの小ささとレンズが少し暗い程度で、
操作性に関しては文句はありません。
タッチパネルを使ってのフォーカスポイントの指定は、今までの安コンデジのように繰り返しレリーズする必要がありませんし、
コントロールリングのカチカチというクリック感もいいです。
(おそらくRX100のリングは大きいセンサーで高精細であるが故に、
 マニュアルフォーカスを重きにおいて作られているからああいうなめらかな回転だと思うのです。
 S110はあくまでコンデジとして割り切ってそこまで精密なピント合わせより、
 操作性を第一に考えたからだと個人的には思っております。)

しかしなんでしょね?
RX100とか大きいサイズのセンサーが搭載されるまでは1/1.7インチも十分に大きいはずでしたし、
同じセンサーサイズのリコーGRなどと並んで高級コンデジとして評価されてもおかしくないと思うのですが、
上が出るとみんなそっちに行くんですかね?

とはいえ自分も同じ類の人間で、S110の方が自分には合っていると分かっていても、
それでもRX100に未練たらたらで踏ん切りが付かないで悶々としておりましたが、
週末あたりからS110の在庫がはけてしまったのか、
軒並み在庫切れもしくは値上がりしてしまっております。
買うならAmazonと思ってギフト券を買おうと思っていたら、
いきなり5000円近い値上がりでキャッシュバックも台無しです。
ちなみに欲しい色は黒です。
黒が一番高いです。

価格.comも怪しげなショップでは安くて在庫もあるのですが、
ちゃんと保証書とか納品書を発行してくれるのかがよく分からなくて不安なため買いたくありません。
ここに来て私の因果な性格である、
「あるときは踏ん切りが付かないクセに、無いと分かればとたんに欲しくなる」性格が出てしまい、
近場のキタムラで29800円で在庫有りだったものに飛びついてしまい、
結局S110ユーザーになった次第であります。
あ~、てめぇでもめんどくさいと思う性格。

RX100を買ったら貼り革巻いてみたかった~。

次回は気持ちもあらため、S110についてつらつらと書いていきたいと思います。



値段の変動が・・・

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/10(日) 09:11:39|
  2. コンパクトデジカメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

250分の1

Author:250分の1
知ったかぶって書いてます。

物欲のつぶやき

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

こんなの参加してみました。
ポチっていただけると嬉しいです。

ブログランキング
順位は低いです。