物欲の小径

己が衝動に任せて買ったあんなものこんなもののプチレビュー

SanMaxメモリ増設

メモリ、安いっすね。
4G2枚が4000円切ってますもんね。
さらに円高が進んで下げ止まることを知らない勢いですよね。

それこそ十数年前なんて、1「メガ」1万円、という時代があって、
自分がMac買った時16メガが6万とかに下がった頃合いに飛びついて、
「めっちゃ安なったわ~!!」などと大喜びしたものですよ。
思えばあの頃のパソコンの投資額って歴代のパソコンのなかでも最高額でした。
1GのHDDに7万もの金かけて、それでも安い安いと喜んだ上、
1Gなんてどんだけ容量でかいのか想像も付かないほどで、これだけあったら一生容量不足に困らないなどと・・・
あぁ、すみません、どうでもいい話でした。

ともかく、メモリが安いんです。
そしてSanMaxのメモリでさえ4G4枚のセットで17000円のものが11980円と大幅に値下がりしたので、
思わずポチってしまいました。

SanMaxメモリ


hinixチップのDDR3-1600です。
他のショップで売られている安いものは4Gが2枚セットで3700円とかなので、4枚だと7400円。
それに比べると高いのですが、今使ってるメモリがSanMaxのエルピーダ製チップの2G×4ですので、
できれば同じSanMax製品が欲しかった。
というか、それ以外の選択肢はないです。

UMAXとかCFDとかデュアルメモリのパッケージ品を使ったこともありますが、
相性とか出る時はしっかり出ます。
SanMaxは過去4度導入したことがありますが、まだ一度も不具合とか出たことがないので信頼してます。
ただ、値段が高いので、買える時と買えない時があって、
まぁ、今回は8Gでも全く不満はなかったものの、今後のことを考えたら、買える時に買っておけ!
と先行投資です。
(けどどうせ次の規格が出て買い換えるのでしょうが・・・)

hynixチップ


まごうことなくhynix。
最近はあまり調べてないので、どこのメーカーがいいのかよく分かりません。
今回はDDR3-1600で安い奴がhynixだったのでこれにしました。
今はMicronチップが人気があるようで、Micronだと値段が少々高くても売れるとか・・・

SanMaxはメモリーチップが選べるのがいいです。
やっぱり国産(でもないか)のエルピーダ製のチップがいいとか、
エルピーダはAMDとの相性が出る(昔ありました)から他社のものとか、
指定買いできるのが利点。
全品検査済みのものが出荷されるので安心感も高いです。
セット販売のものは一組ロットをまとめてテストされてます。
個人的にはメモリにヒートシンクなんか要らないと思います。
どこのチップかわからない製品にヒートシンクはめられた上、
外すと保証が受けられないというのも精神衛生上よくありません。

スルーホール


スルーホールがかなりあります。
5~6年ほど前はスルーホールの多い設計のモジュールは止めた方がいいとか言われてましたが、
今は大丈夫なのでしょうか?
まぁ国産モジュールですし、保証も5年としっかりしてますので大丈夫。

組み付け完了



取り付けも問題無く、当たり前のように起動。

CPU-Z

一応認識してるのだけ確認。
このメモリはMemtestとかは別にいいと思います。

ともかく、Windowsエクスペリエンスのメモリの値も7.9の最高値になりましたので、満足しております。
願わくばしばらくこのメモリを使い続けられますように。

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/07/30(土) 11:30:36|
  2. メモリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

250分の1

Author:250分の1
知ったかぶって書いてます。

物欲のつぶやき

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

こんなの参加してみました。
ポチっていただけると嬉しいです。

ブログランキング
順位は低いです。