物欲の小径

己が衝動に任せて買ったあんなものこんなもののプチレビュー

日本では売ってないPCパーツを海外から取り寄せてみる

日本は自作大国で、豊富なパーツと豊富な機器があふれかえっていて、
自分の好きなように自作を楽しんでいると思っていたのですが、
海外のPCパーツショップのサイトを覗いてみると、
日本なんて自由さにおいてはまだまだ足下に及ばない、お仕着せの限られたものであることを思い知らされます。

たとえば、「Performance-PCs.com」というPCパーツの通販サイト、
ここを覗くと自作パーツの豊富な種類に驚愕させられます。

スリーブ化キット


以前からやっている人がいるのは存じておりましたし、最近になってようやくリンクスさんのブログでも紹介されだしたケーブルをドレスアップするスリーブ化のキットも、ここでは当たり前のように売られております。
写真は緑ですが、いろんな色が取りそろえられております。

緑のコネクタ

ケーブルだけでなく、コネクタの色も合わせられるようにちゃんと用意されております。
日本だとファンのLEDを赤に統一させている方とかいらっしゃいますが、
海外の方だと、ケーブル一本、コネクタひとつまで真っ赤に統一させている写真を見かけます。
こういったパーツが容易に手に入る環境だからこそでしょうね。

紫のコネクタ

赤いSATAコネクタ

色もさることながら、各種コネクタが単品で手に入るのは大変うらやましいです。
電源のコネクタの中でSATA用の電源コネクタは結構壊れやすく、
昔キューブタイプのベアボーンを組んでいて、ケーブルを狭い隙間に押し込めようとして、
SATAの電源コネクタを割ってしまった経験を持つ身にとって、
あのときこういうパーツが手軽に買えたらと思わずにはいられません。

この他、自分は興味はないですが、光り物好きな人ならたまらない、
中空になっていて、先端にLEDが仕込まれていて光るネジやら、
PCケースのサイドパネルに穴を開けて好きなサイズのアクリル板をはめ込めるよう、
各種サイズと形が取りそろえられたパネルとゴムパッキンとか、
日本では見たこともない自作パーツがあって見ていて飽きないです。

そういうわけで私もいろいろ眺めておりましたところ、
琴線に触れるパーツを目にしました。

20センチ丸形フィルタ

トップフィルタ

以前、コルセアCC650Dのケースの記事において、海外ではあると書いた事もある、専用のフィルターです!
20センチのラウンドフィルターは違いますが、トップ用のスクエアフィルターは専用品、
CC650Dのために作られたフィルターです!!
DEMCiflexというところの製品らしく、フィルターの枠がマグネットになってて、スチールのケースにペタッと取り付けられるようになっております。

さすが世界で売られている製品はちがいます。
サードパーティーでこのようなパーツのパーツが売られているなんて、
これがWindyやらAbeeだと決して不可能な事です。
なんか初めてコルセアケースで良かったなどと思ってしまいました。

あと、コルセアやアンテックなどの日本代理販売のリンクスでも、保守部品として、
ケースのパーツを扱い始めましたが、海外だとケースの足とか裏配線の穴を覆うグロメットゴムなども販売しています。
ケースのパーツが欲しいという方、一度覗いてみて下さい。

そういうわけで、手に入ると知った以上、ポチらないわけにはいきません。
海外でも搬送してくれると言うことなので早速注文いたしました。
20センチの丸形フィルタ-が17.95ドル、トップ用フィルタ-が19.95ドル、
あわせて37.90ドル、CD一枚以下の値段!買いです。

注文はまずサイトで登録をします。

Salutationのところは Mr.にチェック、

First NameとLast Nameに名前と姓を記入、
E-Mail Addressを入力し、
Passwordに5文字以上の好きなパスワードを入力、
Password Confirmationにもう一回同じパスワードを入力。

Company DetailsとCompany Nameは要らない。

Your Addressの項目
Street Addressに111-1111,地名,町名(○○-cho)と記入、
Address Line 2は○○市○○区とかいう住所の場合○○-kuと記入、
City:ここに市区名を記入○○-shiというふうに
State/Provinceは県名を記入、Tokyoとか
Post Codeは普通に000-0000など自分の郵便番号を記入、
CountryはここではプルダウンになっていたのでJapanを選択。

Telephone Numberは自分の電話番号の頭の0を除きます。
それに+81を加えます。
06-0000-0000なら+81-6-0000-0000という具合。

詳しくは海外通販のやり方を紹介しているサイトでいくらでも記入する方法が説明されてますので、
調べてみて下さい。

登録が済んだら実際にログインして買い物をします。
商品を選んで、カートを確認してチェックアウト。
住所は登録した住所が出てきます。
Combine with Previous Orderの項目で、他に欲しい商品があったら商品コード入れてね!
とありますので、買い漏らしたものがあればコードを入れてアップデートのボタンを押して下さい。
配送を選ぶ項目は、何も考えず、一番安い6~10営業日かかるPriority Mail Internationalを選択。
決して0.00ドルのStore PickupのWalk Inを選ばないように!店舗引き取りなので取りに行かなければなりませんから!

次に進むとクーポンとかのコード入力欄がありますが持ってないのでパス。
Shipping Insuranceという項目で保険を付けるか聞いてきますので、1.6ドルとか安い価格なのでチェックしときます。
(万一のことがあったら、語学を含めてそれなりの交渉力が必要ですが・・・)
そして支払いは海外だとクレジットが使えないので、PayPalを選択します。

PayPalは先に登録しておいて下さい。
日本語サイトがありますので「PayPal」で検索してもらったら容易に見つかります。
ここで個人情報とクレジット情報を登録しておけば、いろんなところで海外通販ができるようになります。

で、注文完了。
結局37.90ドルの商品に送料33.90ドルと保健代1.52ドルの合計73.32ドルかかりました。
送料がなければ安いのですが、しかたがないです。
PayPalから5789円の受領書のメールが来ました。
後はゆっくり待つことにします。
また届きましたらレビューします。

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/11/27(日) 08:23:04|
  2. その他自作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

250分の1

Author:250分の1
知ったかぶって書いてます。

物欲のつぶやき

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

こんなの参加してみました。
ポチっていただけると嬉しいです。

ブログランキング
順位は低いです。