物欲の小径

己が衝動に任せて買ったあんなものこんなもののプチレビュー

Tokina Reflex 300mm F6.3 MF 購入

物陰に潜んで獲物が現れるのを待ち構えるスナイパーのごとく、
この何週間もとあるショッピングサイトで「それ」が出品されるのを待ち構えておりました。

そのサイトとはケンコー・トキナーのアウトレットショップのページ。
そのジャンク品売り場にてTokina Reflex 300mm F6.3 MFが売り出されるのを今か今かと待っていたわけです。

ケンコー・トキナーのアウトレットショップのジャンク品はジャンクというものの、
箱が潰れてたり小傷のあるもののほぼ新品のものがとんでもなく安値で売られていたりします。
以前ニコン用のAT-X107 DX Fisheye 10-17mm F3.5-F4.5という魚眼ズームレンズもここのジャンクで購入。
値段は33600円と市場の最安値よりまだ1万円以上安く、届いた商品は保証書には「ジャンク品」とハンコが押されているものの、
外箱、本体共々全く傷のない新品が送られてきて、以後撮影のお供として大活躍しております。

今回狙うReflex 300mm F6.3は値段はなんと17900円!(税別)
8/19現在でも価格.comの最安価格は31320円、同クチコミ掲示板の報告でも27000円が最安だというのに、
さらに1万くらい安い値段で売られております。
ただ、ものがジャンクというだけあって、そうそう売られているわけではなく、
また数も1個2個のごく少数なので、売りに出た瞬間を狙うべく、ずーっとサイトを張り込んでいたわけです。

10日の金曜、奇しくも休日となったその日、午前中うつらうつらとまどろんでおりましたところ、
ふと付けっぱなしのPCのモニタをぼんやり見上げておりましたら、件のReflex 300mm F6.3が売りに出ておりました。
「かかったぁ!」とばかりに即座にトラックボールを手にして、注文ボタンをクリック。
見事Reflex 300mm F6.3をゲットすることが出来ました。
ちなみに税込み送料無料で18795円ですが、以前から貯まってたポイントが1368円分あったので、
17427円となりました。
案の定この日は1個しか売られていなかったようで、自分の注文で売り切れてしまいました。

もしかしたら14日の金星蝕に間に合うかもと思ったのですが、ショップも翌日から盆休みに入るためそれは叶いませんでした。
(どのみち雨で金星蝕は見られませんでしたが・・・)

外箱

で、お盆明け、さっそく届きました。
箱は白と薄い水色のさわやかなパッケージ。
Tokinaといえば金というか黄土色のパッケージをイメージしていたのですが、変わったようです。

中身

レンズはフードが逆に付いた状態で入ってました。
確かにフードは取り外しにくく、予備知識がないと苦労しそうです。
逆向きのフードはピントリングの無限遠の方向に回してやると取れます。

植毛処理

さて、このフード。
外観はプラスチック製ですが、内側は植毛処理がされていて非常に丁寧なつくりです。

フードの取り付け部

レンズに装着する部分は金属のリングがフードの枠の間にサンドされている状態で、
レンズ先端のフードを取り付ける爪をフードの枠の切り込みに合わせ、
ひねることで中の金属リングとともに回転しロックされるしくみです。
(分かりにくい表現ですみません。)

この方式だと非常にしっかりとフードを固定することが出来、
何かの弾みでは取れることがないと思われます。
このしっかりした装着機構が故に(自分を含めて)初めて触る人は外すのに苦労してしまいます。

塗装ハゲ

結果、レンズのフード装着部分はこのように塗装ハゲが生じてしまいますが、
致し方ないですね。

横から見たところ

レンズ本体は金属製と言うこともあって、非常にコンパクトにかかわらず重量感がかなりあります。

ピントリングも粘りがあってかなり重く、今時のAFレンズに慣れた方は戸惑うかも知れませんが、
昔のMFに慣れていた自分は思わずニヘラっとしてしまう懐かしい感触です。

最大に繰り出したところ

ピントリングを回すと筐体がせり出します。
前部分は回転するので、PLフィルターを付けて使用する場合は不便です。

内部

この角度だとレンズ構造がよくわかります。
底面は鏡が張られてて、反射した光がレンズ前面の黒い円の裏側が対の鏡になっているので、
さらに反射してカメラのセンサーに光が導かれるしくみです。

マウント側

マウント部から覗いたところです。
奥にポツンと鏡が浮いているのが分かるでしょうか?
こうやって反射を繰り返して焦点距離を稼ぐので、短い鏡筒の望遠レンズを作ることが出来ます。

傷

製品のマウント側、レンズを取り付けた場合下に当たる部分に小さな傷を発見。
落としたようなへこみはなく、角がこすれたかのような浅い傷です。
これが今回ジャンク品として流さざるを得なかった理由だと思われますが、
このくらいの傷で17900円になるのなら全く問題無く、むしろウェルカムと喜ぶべきくらいです。

保護フィルター

一応保護のためにフィルターを付けておきます。
選んだのは同じ会社だからという理由ではなく、安さからケンコーのMC PROTECTORの55mmをチョイス。
Amazonにて982円です。

フィルター装着

銀のボディだから銀色の枠のフィルターが良かったのではと思いましたが、
このレンズの先端は黒いので普通の黒枠でぴったりです。

OM-Dに装着

OM-Dに付けたところです。
非常にコンパクトですがレンズの直径は66mm(面白いことに長さも66mmなのでシルエットだけ見ると真四角です。)と、
自分の所有するマイクロフォーサーズレンズの中でもっとも太いレンズになります。
それでもOM-Dに取り付けたらそれほど太いイメージはなく、バランスは取れているかと思います。

焦点距離

ちゃんと焦点距離の表示が出ます。

長々となりましたので外観等のレビューはこれで終わりにいたします。
次はこのレンズのためのNDフィルターの話をしたいと思います。

 

通常ならAmazonが最安なんですが・・・

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/19(日) 16:40:43|
  2. レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

250分の1

Author:250分の1
知ったかぶって書いてます。

物欲のつぶやき

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

こんなの参加してみました。
ポチっていただけると嬉しいです。

ブログランキング
順位は低いです。