物欲の小径

己が衝動に任せて買ったあんなものこんなもののプチレビュー

トラックボールニコイチ計画実践編

はんだを使う前に、まず分解しなければいけません。
このロジクールのトラックボールM570がやっかいなことに特殊ネジを使用する上、
電池室のシールをも剥がさなければならないので、分解したら即保証が利かなくなります。

マウスやトラックボールって1年使ってる内に内部にどんどんホコリが溜まってくるので、
分解清掃は欠かせないはずなんですが、容易に分解出来ないようになってるのはどうしたものかと思います。

ネジ位置

ネジは一ヶ所が見えているだけで、あとの三ヶ所はゴム足を剥がした下にあります。
そして最後に電池室のシールの下にもう一つネジ穴がありますので、ここをカッターナイフでくりぬいてネジ穴を露出させる必要があります。

6番

ネジはトルクスネジの6番です。
幸いトルクスネジの差し替え式のドライバーセットを持っておりますので分解出来ますが、
普通にトルクスネジのドライバーを置いてる家庭も無いと思いますので、
分解する場合はドライバーの購入から必要になってきます。

精密ドライバーセット

ちなみに使っているドライバーセットはこれ。
E-Value 精密ドライバーセット EPS-650というやつです。

ハンドルがクソすぎて

グリップが極めてチープな作りで、しっかり保持することが出来ず、
回してるとグリップ内に先端が沈み込んだりします。
値段だけは安いので、とりあえずトルクスネジをまわせればというのであれば十分。

中の基板

でもって分解したのがこれ。
右上のこの小さい基板が戻る・進むボタンです。

切断

これを外して入れ替えるわけですが、昔から持ってたはんだごてでは3本の線を同時に熱して溶かすのが困難で、
なかなかはずれませんでしたので、配線を切って取り外しました。

ボタンの基板

外した基板がこれです。
このスルーホールのはんだがはんだごての調子が悪いのか、
吸い取り線を使っても吸い出すことが出来なかったため、はんだごてを買い替えました。
しかし、はんだごてを新調したところでやっぱり基板から線が抜けません。

はんだ吸い取り器

こうなったらヤケで徹底抗戦とばかりに、今度ははんだ吸い取り器を購入。
ついでにヒートクリップとやらも安かったので購入。
さらに千円以上かかる結果に。
もう、トラックボールはやめてトラックパッドにした方がいいのではないかと言う考えがグルグルしてますが、
今さら後には引けません。

あらためて基板の表からはんだを当てつつ、はんだ吸い取り器をスルーホールの裏からシュポっとバネのピストンで吸い上げると、
今までの苦労がなんだったんだというくらいきれいにはんだと配線を取り除くことが出来ました!

次に新品のトラックボールから壊れた進む・戻るボタンの基板を取り外すのですが、
さすがはんだ職人さんがおすすめするこて先だけあって、
角度次第で広い範囲を暖めることが出来るので、三ヶ所同時に暖めながら線を引き抜くことが出来ます。
取り外した基板を正常な基板に付け替え、今度は先のとがった方で細かいスルーホール一ヶ所づつはんだ付けをいし、見事ニコイチに成功しました。

ニコイチ

動作も快適、元通りに使えます!
作業の様子は写真撮る余裕がありませんでした。

なぜ?

確か、PC本体のどのポートに挿しても動作が不安定だったので、
延長ケーブルを利用してPCから離すことで動作していたはずなのに、
こんなPCの真下にあっても動いております。

もしかして直ったのかと思ってPCに直接つなぐと、やはり動作不安定に。
なぜ?

  

やはり工具は必要です。

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/11/26(月) 18:18:41|
  2. 入出力機器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

250分の1

Author:250分の1
知ったかぶって書いてます。

物欲のつぶやき

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

こんなの参加してみました。
ポチっていただけると嬉しいです。

ブログランキング
順位は低いです。