物欲の小径

己が衝動に任せて買ったあんなものこんなもののプチレビュー

プレクスター M5S再び

弟に組んだPCの調子が悪くなったというのでメンテナンスすることになり、
ついでにSSDを大容量なものに交換してくれと言うので、
SSDを購入する事に。

PCはLGA775のCore2なので、速さはそんなにこだわる必要が無く、
安くて無難なメーカーのものとなると、
やはりプレクスターのM5Sあたりが妥当かなと判断。

最近中身がマイクロン製からM5Pと同じ東芝製のものに切り替わったそうで、
ちょっと手にして見たかったのでいい機会です。

最安はパソコンショップアークさんで16000円を切る価格。(9/1現在)
ただ、ものは取り寄せで送料もかかるので16000円を超えます。
ツクモさんが送料無料で15981円で結局こちらの方が最安と思われますが、在庫切れの状態。

9/7にツクモさんに商品が入荷し、通販が再開されたので購入。
(その後、15799円で送料無料のとこが出てきておりますが、
 そんなこと言ってたらいつまで経っても買えなくなってしまいます。)

M5S再び

パッケージの正規販売代理店のシールに「ITC」の文字が。
ITCのメモリと言えば昔散々泣かされた記憶があるので、自分はあまり良いイメージがありません。
あくまで販売代理店が「ITC」であったと言うだけで、モノはプレクのSSDですので構わないのですが・・・

中身

中はこの通り。
旧来のマイクロンチップのものと区別は付くはずもありません。
どこかのサイトで、東芝製になって耐久性が6割も落ちるものとなって、
改悪だという話題も目にしたのですが、普通に使ってる分には問題無いと思いますし、
どうせ寿命が来る前に買い替えてしまうはずなので、気にしません。

裏面

裏面。
プレクスターとは言っても、LITE-ON製造です。
(実際はフィリップス社との合弁会社とからしいですが、細かい所は大目に見て下さい。)

封印シールを破って中を開けてみたくて仕方ないのですが、
弟のものとは言え、人のものなので衝動を抑えておきます。
期待した方、どうもすません。

ディスクインフォ

とりあえず自分のPCにつないでフォーマットかけました。
DiskInfoでこんな感じです。

ベンチ

ベンチ結果です。
旧M5Sのベンチを取るのを忘れておりました。
メーカー公称、読み取り520MB/S 書き込み390MB/Sとあるのですが、
なんかかけ離れている気がします。
たぶん私のつなぎ方とかが悪かったのでしょう。
(ケース付属の外付けコネクタとはいえ、SATA接続なんですが・・・)
どのみち弟のPCはLGA775のCore2だし、SATAも3ではないのでこのSSDの性能は生かせませんので、
別に構わないです。

R I/E SYSTEM

では換装にかかりたいと思います。
今は亡き星野のALTIUM ALCADIA X-4というケースです。
元々はベアボーンキューブで背面パネルが固定でしたので、
マザーを換装した際に背面パネルを削って改造しております。

なぜそうまでしてこのケースに弟が執着しているかというと、
「ホワイトパールマイカ」色のケースがこれしかなかったから。
車でも何でもホワイトパールマイカ(ホワイトでは駄目だそうで)好きな弟は、
このケースをこよなく愛しております。
ただ、いじる側として言わせて貰えば、このケース、
一度組んだら二度とばらす気になれないケースなんです。

理由がこれ、サイドパネルが二重になっていてばらすのに非常に手間がかかるからです!
当時このケース、R I/E SYSTEMとかなんとかで、遮音性と吸排気性の両立とかで、
パネルを二重化して、フロントからの吸気の流れをパネルの間を通って循環させて内部に導くとかいう、
今にして思えば、単なる思いつきでやっちゃった感溢れるトホホなギミックだったケースで、
おかげで中を開けるのにサイドパネルのネジ外して取っ払い、
さらに内面パネルのネジ(このネジがまた変な位置にあって回しにくいのなんの!)を外して取っ払い、
ようやく中身にアクセス出来るという代物。

めんどくさい

まっこと面倒臭い。
まぁ、そのR I/E SYSTEMとやらの超密閉ケースのおかげで、
あまりホコリの混入がなく、マザーやファンの清掃はしなくてすみました。

思うに、星野にしろアビーにしろ、国産ケースは素材とか色とかにこだわってばかりで、
もう少しワンタッチで開閉できるようなメンテナンス性を高めるとか、
ドライブの取り付けとかケーブルとかの取り回しを考えるとかしないんでしょうか?
もうデザインの斬新さだけでは勝てないと思うのですが・・・

しかし、カラバリ豊富なケースというのも限られてくる上、
ホワイトパールマイカ色のものは現在アビーでも出ておりませんので、
新しく組み替える時にもこのケースを使わなければならないかと思うとげんなりしてきます。

この頃は1テラ近い容量のものも出てきておりますし、
512Mのものが主流になってくるでしょう。
近々、自分のSSDも512Mのものに入れ替えてみたいなぁと思います。




昨年末は15000円切ってたのですがねぇ・・・



テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2013/09/21(土) 06:26:32|
  2. 内蔵ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

250分の1

Author:250分の1
知ったかぶって書いてます。

物欲のつぶやき

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

こんなの参加してみました。
ポチっていただけると嬉しいです。

ブログランキング
順位は低いです。