物欲の小径

己が衝動に任せて買ったあんなものこんなもののプチレビュー

まだまだ続くよ OLYMPUS OM-D E-M1レビュー その3

キャッシュバックが始まったので、ますますお求めやすくなったE-M1。
もう気持ち的にもあきらめが付いたので、レビューを再開したいと思います。

握ってみた

(汚ったない手ですみません。)
握ってみたところです。
元々が小型なミラーレス機ですので、中指から小指の3本全てがグリップ出来る感じではなく、
そんなに手が大きい方ではない自分の小指も少々余ってしまいます。
雑誌やカタログを見た限りではグリップ先端が先細りしているような印象がありましたが、
これはこれでしっかりグリップ出来ております。

前後にある2つのダイヤルは小さめで本体からの張り出しが少ないため、
操作感に不安があったのですが、ダイヤル側面に刻まれた溝がカサ型に刻まれていることから分かるとおり、
横から回すのでは無く、斜め上から回す感じになってますので、
これもまた特に違和感も無く普通に回せます。
E-M5のダイヤルにみられた上下へのガタ付きもありません。

これは個人差がものすごくあるので、一般的に決めつけるわけにもいかないのですが、
自分はシャッターボタンの押し心地は非常に堅く感じられました。
あと、これもまたものすごく個人的な感想ですが、
シャッター音がシュキィ、シュキィってな感じの音で、
あまり好きになれません。
まぁ、ミラーレス機だから仕方ないのかも知れませんが、それでもE-M5やパナのGX1と比べても、
情けない音のように感じてしまいます。

押し難い

ボタン類は悪評高かったE-M5のフニャフニャボタンとは全く異なり、
非常に普通な押し心地のボタンになっております。
あの押したかどうだか分からないようなもどかしさはなく、
ペコペコとはっきりしたタッチなのはようやく尻が据わったような安心感があります。

ただ、十字キーは非常に押し難く感じました。

ボタン形状

見ての通り、十字ボタンは真ん中のOKボタンを中心にまるで花弁のような形状でして、
おそらくOKボタンへの不用意なアクセスを避けた形になったが故の形状なのでしょうが、
この花弁のように内側にいくほど奥まった形状が、返ってボタンを押す位置を狭めていて、
十字キーは外周部分を意識して押さないと上手く押せないようになっております。
さらに、十字ボタン周辺のリング状の盛り上がりが押しにくさに拍車をかけていて、
外周部でないと操作しにくいのに、その外周が盛り上がったリングで引っかかって押し難く、
結果として、ファインダーを覗いての撮影時のブラインド操作に支障が出てしまうと言った具合です。

この部分に関しても、個人差があろうかとは思いますので、
操作しにくいのは自分だけかも知れませんが、もう少し何とかして欲しいところであります。



オリンパスのオンラインショップでは、
期間限定で好きなレンズと組み合わせてのキット販売開始してますね。
5000円程安くなる程度ですが・・・


テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/22(日) 16:46:04|
  2. 一眼レフ・ミラーレス機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

プロフィール

250分の1

Author:250分の1
知ったかぶって書いてます。

物欲のつぶやき

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

こんなの参加してみました。
ポチっていただけると嬉しいです。

ブログランキング
順位は低いです。