物欲の小径

己が衝動に任せて買ったあんなものこんなもののプチレビュー

Core i7 4790K殻割り 実践の巻

薄刃カッターを使っての殻割り。
何が危険かと言えば、力任せにねじ込んでカッターを押したり引いたり動かすから、
手加減を誤ったり、勢いがつきすぎて、ダイを傷つけたりコアやチップまで刃が当たってしまうんじゃなかろうかと。

だったら刃は動かさず、刃の背中をハンマーで少しずつ叩いて差し入れてやればいいのでは?
と、今まで2つのCPUを割ってみた経験から考えた方法です。

CPUの下処理である端子の養生とチップを傷つけないよう位置確認は前回の記事を参照して貰うとして、
新たに用意するのは薄刃カッターの刃とトンカチ。
今回、薄刃カッターを楔のようにダイとヒートスプレッダの間に打ち込んでいくので、
カッター本体は邪魔。
刃はオルファ 特専黒刃ロング02 BBLG50KというやつでAmazonで800円もしませんし、
薄いせいか50枚も入っていてお得です。

トンカチは本当はホビー用のミニハンマーを用意しておきたかったのですが、
力加減さえ出来たらいいので、100均のトンカチにしました。

支える

割っていくのはあえて難しいチップの並びが、コアより上にはみ出す上辺からにします。
難しいからと言って最後にしてしまうと、他の辺に刃が通ってしまったせいでヒートスプレッダの接着が弱まり、
力加減を間違えてしまい、軽い力でカッターが思わぬ深さまでめり込んでしまう可能性がありますし、
簡単なところを先にやって、変な慣れが生じて油断して失敗しないためでもあります。

まずカッターの刃をヒートスプレッダの角にあてがいます。
角は極々少しですが刃先が入りました。

密着

刃をあてがったらこのように、ダイと刃をぎゅっとつまんで一体化させるつもりで保持します。

刃を入れてみる

横から見たらこんな感じです。

(写真を見てお気付きかもしれませんが、
 冒頭で薄刃カッターの替え刃を紹介しておきながら、自分は本体に付いていたやつを取り出して使っております。
 替え、持ってるはずなんですけど、いざ必要とする時に見つからないので仕方なく古い刃で割ります。
 皆さんは出来るだけ新品で割られることをおすすめします。)

立てかける

そして作業代の上でコッコッコッと軽く少しずつトンカチでカッターの背を叩いていきます。
少しずつですが刃が入っていきます。
この場合も刃とダイの間には隙間が出来ないよう、指でしっかり挟み込んで離さないようにし、
決して刃が通ったからと言って指を離してトンカチだけで打ち込まないようにします。

油断して万一刃がぶれて斜めに打ち込んでしまって、ダイの基板をえぐってしまう事のない様、
少々指を打ち付けるかもしれませんが、トンカチも軽い力で小刻みに、まっすぐ上から叩いていきます。

だんだん中央に

角にある程度刃が入ったら、徐々につまむ位置を中央にずらしながら、
トンカチも徐々に中央に移動しながら叩いていき、
刃がヒートスプレッダと水平になるように角度を調整しつつ叩いていきます。

通りました

このように刃が水平となり、上部デッドラインあたりに達したら上辺の刃入れは止めます。

同じように他の面も

次に難しいと思われるダイ左側のチップの並びがあるサイドに刃を入れていきます。
やり方はすでに刃を通した上辺の左角に刃をあてがい、
先程と同じく指でダイと刃を挟み込んでピッタリ重ね合わせるように保持しながら、
トンカチでカッターの刃の背を細かく叩いていき、
刃がダイと水平になるよう調整しながら叩き、刃が水平になったらデッドラインに至る前に止めます。

刃は角っこにほんの少し入ったら、刃を水平になるように角度を調整していった方がいいです。
角っこに深く差し込んだ結果、刃を水平に持っていったら、
チップの並びに干渉するまで食い込んでいたということにならないよう注意して下さい。

割った

難しいチップ周りの2辺が終わったらあとは楽です。
コアダイの底辺の縦長のコアに刃が当たらないよう注意さえすれば、
あとは同じように刃をあてがいながら慎重に叩いていけば大丈夫。

無事に4辺に刃を通してもヒートスプレッダが剥がれないかもしれません。
そんな時は薄手のポイントカードで4辺をぐるりと差し込んで剥がしてやれば剥がれます。
大部分はカッターで切れておりますので、部分部分つながった箇所があるだけですので、
カードを差し入れるだけで剥がれていきます。
自分はカードが無かったので、錠剤のシートの端っこを利用して剥がしました。・

刃を直接ぐりぐりと動かして切らないこの方法だと、
ダイを傷つけることなくきれいに割ることが出来たようです。

あくまで自己責任ですので、絶対成功する保証は出来ませんが、
4790Kの殻割りを考えている方々の参考になれば幸いです。

では次回は残ったシール剤とグリスの除去とコア橫のチップの養生についてです。



もう本体要りません。



ハンマーは適当に安いもので可能かと。


テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/07/27(日) 19:58:41|
  2. マザー&CPU
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

250分の1

Author:250分の1
知ったかぶって書いてます。

物欲のつぶやき

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

こんなの参加してみました。
ポチっていただけると嬉しいです。

ブログランキング
順位は低いです。