物欲の小径

己が衝動に任せて買ったあんなものこんなもののプチレビュー

Hyper Clean EE-6310を作ろう!

ある日、何気にYouTubeにてカメラ系の動画を検索しておりますと、
レンズクリーナーの比較というのがあったので見ておりました。
有名どころではオリンパスが出しているハイパークリーンというやつがございます。

ハイパークリーンEE-3310というのは定番のクリーナーで、
HCL(堀内カラー)レンズクリーナーとしても広く使われております。

気になったのが同じハイパークリーンでもEE-6310というやつで、
EE-3310より揮発性が高いため拭き残りが少なく、プロ御用達のクリーナーとのこと。

EE-6310

ならば是非とも試してみたいものではありますが、これが業務用なのでなかなか一般には売られておらず、
ネットカフェフォトというサイトでのみ一般が手に入れられるのですが、
最小の100ml容量のものだと税込み1080円、一番大きい500ml容量だと税込み2700円というお値段。

別にこれじゃなければレンズが拭けないわけではないので、
おとなしく今まで通りに無水エタノールで拭いておけよ!でこの件に関してはこれでおしまいにしようかと思ったのですが、

成分表

成分構成が載っていたので見てみるとEE-6310の成分が、
イソヘキサン(75~85%)にエチルアルコール(15~25%)を加えたものであるとのこと。

もしかしてイソヘキサノンというやつを買ってきて、エチルアルコールと混ぜたら安いんじゃね?
って思って、そっち系で働いている奴に相談してみると、
アホ・ボケ・カスと言われる始末。
揮発性がものすごく高く、すんげ~燃えやすいそんな危険物、何処でもかしこでも売ってるわけがね~だろ!
ど~しても欲しけりゃ薬局に行って、試薬として取り寄せることなら出来るだろ~けど、
値段が馬鹿高くなるから、黙ってEE-6310が買えるとこで買った方が安上がりとちゃうか?とのこと。

そこまで言われるとこっちもハイそうですかと引き下がるのもなんだか悔しいので、
もしかしてとAmazonで検索すると、なんと!売っておりましたよ!!
1リッターで1080円!

車のメンテナンスケミカル関係を取り扱うガレージ・ゼロというところで取り扱っております。
直販だと税抜き800円と安いのですが、
送料を考えるとガレージ・ゼロがAmazonで出しているマーケットプレイス品は1080円でも送料無料なので、
ここで注文したいと思います。

イソヘキサン

そんなわけでイソヘキサンが届きました。
1リッター入りなのでこれだけあればどれだけのレンズ・フィルターが拭けるかと考えると、
クリーナー長者にでもなったかのような気がします。

ちなみに販売元のガレージ・ゼロさんのサイトではカメラレンズのクリーニングは不可とのことですが、
混ぜ物のないイソヘキサンならキヤノンのサービスセンターでもこれにエタノールを加えたもので、
クリーニングしているという話らしいので問題はありますまい!

あくまでも自己責任ですので、試して問題があったとしても当方は責任を負えませんのであしからず。

自家製6310

そんなわけで試しに無水エタノールを入れて使ってるハンドラップに混ぜてみました。
比率は非常にアバウトですが、目分量で20%くらいのエタノールに80%くらいのイソヘキサンです。
EE-6310の成分表でもイソヘキサン(75~85%)・エチルアルコール(15~25%)という結構いい加減な比率ですので、
余り神経質にきっちり計る必要がないと思いました。

いっそのことイソヘキサンだけでもいいのでは?と思ったのですが、
水溶性の汚れにはそれだけじゃ弱いんじゃないかと思いましたので無水アルコールも加えておきます。

拭いてみる

試しにレンズフィルターを拭いてみると、拭くそばから揮発していきますので拭き残りがほとんどありません。
無水エタノールだけの時とは段違いな仕上がりです。

いきなりレンズとかセンサー(マイクロフォーサーズだとセンサー前カバーガラスでしょうか?)
に使うというのはちょっと腰が引けるので、しばらくはフィルター清掃に使ってみて、
フィルターのコーティングに問題なければレンズにも使ってみたいと思います。

で、後日談。
やはりというかハンドラップに入れたままのイソヘキサン、
ものすごい勢いで蒸発してしまうので、部屋中が灯油のようなニオイで満ちあふれてしまいました。
沸点62度というのは伊達じゃないです。
下手な管理状態の部屋でたばこを吸おうものなら・・・(吸いませんが)

もっと機密性の高い容器に入れるべきだと痛感しました。
もし、これを読んで試してみようと思った方は、くれぐれも気をつけて下さい。

  

これで今日からイソヘキサン長者だ!
いや、ホントに販売元ではレンズクリーナー的な使い方は推奨してませんので。



テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/19(日) 14:23:00|
  2. アクセサリ・その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<E-M1MarkⅡのシャッターボタン | ホーム | ようやく改善!オリンパスレンズキャップLC-62F>>

コメント

イソヘキサン

>イソヘキサン エタノール
C社ではゴードーと小堺の製品を使ってます。
表向きはキョーワゾールC-600Mですが実際はゴードーの製品です。

参考までに。


  1. 2017/02/25(土) 01:25:40 |
  2. URL |
  3. たけぴょん #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> ここで書くべきか迷いましたが近々PCのケース交換しようと思ってる完全な初心者です
> 過去の記事に光るファンの事を書かれていたので大変面白く拝見させていただきました
> 周りにアドバイスしてくれる知人がいないものでここで聞かせてもらおうかなと思って書かせてもらってます
> あの光るファンを三個取り付けたいのですが配線はどうしたらいいのかなとか、電源から取れるのかなとかアドバイスをいただきたかったのです
> お暇なときに教えてくださると助かります。

コメントどうもありがとうございます。

ファンの件ですが、LED内蔵のやつも普通の光らないファンと同じようにファンコネクタに接続すれば大丈夫です。
自分でしたらPCケースに取り付けるならマザーボード上のCHA_FANと書かれたコネクタに、
CPUクーラーでしたらCPU_FANと書かれたコネクタに差します。
マザーに表記がなければ適当でも構わないかと思います。

たぶんENERMAX 14mmファン CLUSTER ADVANCE UCCLA14Pの記事をご覧になられての質問だと思うのですが、
このファンはPWM端子というファンの回転数を動的に制御する端子が付いた4ピンのものです。
ケースファンとして使う場合は通常コネクタは3ピンですので、
接続する際1ピン足らないと思われるかも知れませんが、コネクタの溝や爪に合わせて接続するとちゃんとつながりますので、
あまり3ピン4ピンは意識しなくても大丈夫です。
マザーボードのコネクタが足らない場合例えばですが、
http://amzn.to/2lHuszg
こういうのがございますので、これを利用してもいいかもしれません。

PC電源から電源を直接取る場合、
http://amzn.to/2lVSPfr
リンク先のような変換コネクタを使ってSATA電源ケーブルにつなげば接続出来ます。

また分からないことがあれば、自分の分かる範囲であればお答えいたしますので、
いつでもどうぞ。
  1. 2017/02/26(日) 05:23:04 |
  2. URL |
  3. 250分の1 #-
  4. [ 編集 ]

Re: イソヘキサン

> >イソヘキサン エタノール
> C社ではゴードーと小堺の製品を使ってます。
> 表向きはキョーワゾールC-600Mですが実際はゴードーの製品です。
>
> 参考までに。

ありがとうございます。

いや~、こういう情報、非常に助かります。
また何か情報があればよろしくお願いいたします。
  1. 2017/02/26(日) 05:31:09 |
  2. URL |
  3. 250分の1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://newfm2.blog.fc2.com/tb.php/542-ed7b2c0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

250分の1

Author:250分の1
知ったかぶって書いてます。

物欲のつぶやき

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

こんなの参加してみました。
ポチっていただけると嬉しいです。

ブログランキング
順位は低いです。